アルドノア・ゼロ 第24話「いつか見た流星 -Inherit the Stars-」

こちらも最終回。

アセイラムの女王宣言でもうスレインの勝ち目は消えていたのか。
ほぼ1話残しての引きだったから
スレインにはもう一手あるのかなと思ったけど。
結局スレインが打倒しようとした
火星の古い権威を利用して抑え込む形になったな。

最後は誰の得にもならないスレイン陣営の自己満足の戦いと言う
地球側にとっては甚だ迷惑な展開だった。
降伏じゃ物足りないからとりあえず戦闘させとくかという大人の都合を感じたw
それとも戦場では国家の利害や大局など関係なく、
仲間の為に命を懸けてしまうものということなのだろうか。
バルークルスさんは途中で寝返りそうだったけど
本気でスレイン寄りになっていったのね。

本作最大の売りはスーパーロボットのような性能のアルドノア搭載機を
伊奈帆の知略に則り、地球側の量産機や練習機を使って
撃破するという戦闘の面白さですね。
第2期でもその路線は変わらず続いた。
ロケットパンチとか合体とか量子分身とか
ロボ戦では色々と楽しませてもらいました。
スパロボに参戦するのが楽しみだ。
プレイヤーとしては火星騎士側使いたいけど。
一方で本筋のストーリーやキャラクター達も戦闘のための
舞台装置以上には見れず、あまり関心は持てなかったな。


面白かったらクリックお願いします

にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト

コメント


最終回を含め、ロボット戦は本当に目を見張るほど綺麗でしたね
戦闘もこのアニメならではの凝った演出で見応えがありました
火星騎士のカタクラフトにはそれぞれ何かに特化した能力があるという設定も面白かったです

火星の連中が一丸となっていればあるいは地球の連合軍に勝てたかもしれませんが派閥が出来て内輪揉めの状態が結構続いたのが痛かったと思います
ゴタゴタの原因を作ったのがスレインというのも皮肉な話でしたね
自分がやったことで自ら苦しんで最後は生かされて生き恥を晒す・・・
自業自得という点では上手く話が纏まっていたと思いましたw

Re: タイトルなし

> 最終回を含め、ロボット戦は本当に目を見張るほど綺麗でしたね
> 戦闘もこのアニメならではの凝った演出で見応えがありました
> 火星騎士のカタクラフトにはそれぞれ何かに特化した能力があるという設定も面白かったです

火星カタクラフトは殆どワンオフ機で
CGにも関わらず機体のバリエーションが多いのも良かったです。
CGは凝った造型を表現できるけどモデリングの使い回しが多くなる傾向がある、
というイメージがあるものでw


> 火星の連中が一丸となっていればあるいは地球の連合軍に勝てたかもしれませんが派閥が出来て内輪揉めの状態が結構続いたのが痛かったと思います
> ゴタゴタの原因を作ったのがスレインというのも皮肉な話でしたね
> 自分がやったことで自ら苦しんで最後は生かされて生き恥を晒す・・・
> 自業自得という点では上手く話が纏まっていたと思いましたw

まぁ火星騎士が一枚岩では無く、またそうなりようもないと
言う事は一期の時点で示されていましたしね。
一期でロケットパンチのアルドノアを倒した後で伊奈帆がスレインを攻撃せず
自陣に引き込んでいればどうなったのか……まぁ今言っても詮無きことではありますが。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/4260-8536b849

FC2Ad