最後のトリック/深水黎一郎

天帝シリーズの新刊読んでから
また推理小説読みたくなって色々調べていたら発見した。
「読者が犯人」になる推理小説。

以下ネタバレ

意外な犯人パターン最後の一項目と言われる
「読者が犯人」を実現した推理小説。

うーんこれは驚いた。
読者が犯人になる殺害方法、これを思いついたのが凄い。
トリックを成立させる補強として
推理小説としてはアンフェア気味な手を使ってはいるものの、
事前に伏線は張っているし、
その殺害方法がそうなってしまっても
おかしくはないと思える時点で勝ちでしょう。
これは誰でも大なり小なり共感できることだと思う。
読者が犯人と言うぐらいだからまず叙述トリックを疑うし、
物語の語り部もずっと「私」で本名が明かされないのも怪しかったが
それ自体に仕掛けは無くただのミスリードだったのかな。


面白かったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/4238-3eb1fe7d

FC2Ad