ユリ熊嵐 第7話「私が忘れたあの娘」

針島さんのお相手はやはりクマだった。

そして案の定喰われる針島さん。
これで名前のある女生徒のサブキャラは全滅かー。

「澪愛のペンダントを持つクマ……それが私たちの仇よ!」
もはや誘導しているようにしか聞こえない!

孤児だった銀子はいじめっ子たちから
ヒトリカブトの銀子と呼ばれるようになる。

「弱肉強食、しゃけ肉サーモン!」

一人ぼっちのクマたちは
クマリア様に承認されてスキを与えられる……
レディ・クマスターとそそのかされて
人間との戦争に駆り出されていた。

クマ側も戦車とか軍艦を持っていたが、
人類側の空爆によってあっという間に壊滅。

紅羽の家に銀子の罪を告発するような手紙が……

クマリアってクマ+マリアって意味だったのか。

面白かったらクリックお願いします

にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/4212-1e0b0b37

ユリ熊嵐「EPISODE7 私が忘れたあの娘」

ユリ熊嵐「EPISODE7 私が忘れたあの娘」に関するアニログです。

FC2Ad