ケンガンアシュラ 102話

裏サンデーで連載中の格闘漫画・ケンガンアシュラの各話感想です。

英はじめの流儀は霊枢禽拿術
まぁ経絡を突くと言うさほど珍しくもない技であるが
坂東洋平相手には全く効いている様子無し。
ただ筋肉や耐久度が凄いだけならユリウスや関林の下位互換でしかないので
他に何かあるのだろうか。
まさか経絡の位置が常人とは逆ってことはないだろうけどw


面白かったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


>>英はじめの流儀は霊枢禽拿術!
>>まぁ経絡を突くと言うさほど珍しくもない技であるが
>>坂東洋平相手には全く効いている様子無し。


古くは北斗の拳から漫画等で何度も使われてますからね。

格闘漫画は斬新なアイデアよりも演出で魅せるしかないですね。

あとケンガンアシュラ初期の主人公の初バトル巨漢の方が強いが例外があるみたいなことしてましたね。

Re: タイトルなし

> 古くは北斗の拳から漫画等で何度も使われてますからね。
>
> 格闘漫画は斬新なアイデアよりも演出で魅せるしかないですね。

超能力と違ってどうしても生身の人間で出来る範囲という制約があるからな。
最も、だからこそ斬新なアイディアが出た時は驚きも大きいわけだが。


> あとケンガンアシュラ初期の主人公の初バトル巨漢の方が強いが例外があるみたいなことしてましたね。

むしろ漫画慣れした読者からすれば巨漢が普通に強い方が意外ですねw

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/4207-ab2bd4cb

FC2Ad