FC2ブログ

テイルズ オブ ジ アビス 第5話「選ばれし英雄」

ディスト5

ディスト様祭りだー!
まず注意事項

今週は原作ネタバレに
関わる部分を白フォントで書いてます。


今回はかなりディープなところまで
突っ込んでるのでネタバレ抜きだとちょい難しい。
未プレイの方はうっかり反転しないよーに。


機械

これ、スパロボもプレイできないかな?w


ジェイド4

ジェイド5

「やはりそうか。ルーク、いつか貴方は
私を殺したいほど恨むかもしれません」



カイツール方面から、正体不明の譜業反応が!!


ディスト

「アーーハッハッハッハッハッ!!
野蛮な猿どもが、お揃いですね」


ディスト様参上!!

悪役は高いところから現れたがるものです。

管理人はお気に入りのキャラほど台詞やキャプを
多めに取っていく傾向がありますが、彼もその例に漏れません。


ディスト2

「お前ではありません!とくとお聞きなさい!」


ディスト3

「美しき我が名を・・・
我こそはオラクル六神将、薔薇の・・・」



ディスト4

「洟垂れディストじゃないですか」
「薔薇!ばーら!
薔薇のディスト様です!!」



アニス

「死神ディストでしょー?」
「違います!!」

しかし、アニスもオラクル内では
十分色物のカテゴリーに含まれるよね(ぉ

殺戮人形のアニスとかw


ジェイド

ディスト5

「フフフフ・・・そこの陰険ジェイドは、
この天才ディスト様のかつての友・・・」



ディスト7

「どこのジェイドですか?そんな物好きは」
「何ですって――――!!」
「ほらほら、怒るとまた鼻水が出ますよ」


あ~こんなやり取りあったなぁw
ゲーム内だとどんな名台詞があっても、
後で見直すのが凄く困難だからなぁ。

そういう意味で、今回のアニメ化には感謝してますよ。


ディスト6

「キーッ!出ませんよ!!」


ルーク

「あ~アホらし・・・」

ルークごときにアホ呼ばわりされた!!

しかし、我々はこの発言をよく覚えておこうではないか


ディスト8

ディスト9

「まぁいいでしょう。
さぁ、大人しくフォンディスクを出しなさい」



ジェイド2

「これですか?」


ディスト10

「隙あり!!
ハハハ!油断しましたね」



ジェイド3

「差し上げますよ
中身は全て、覚えましたから」


天才の頭脳はメモりーカードをも上回るということか。


ディスト11

ディスト12

「ムキー!!
この私を小ばかにして!!」



ディスト13

「この私のスーパーウルトラゴージャスな
技を喰らって、後悔しなさい!」



ディスト14

「出でよ!
カイザァァァァディストォォォォォ!!!」



カイザーディスト

存外まともなデザインのカイザーディスト


ディスト15

カイザーディスト2

カイザーディストには剣も魔法も効かない

実際ゲームでは数十分は戦い続けないといけませんがw


ディスト16

カイザーディストの活躍に鼻高々なディスト様


ジェイド6

「荒れ狂う流れよ、スプラッシュ!!」


カイザーディスト3

ディスト17

カイザーディストに防水加工は施されていないようです

この水量なら防水でどうにかできるレベル超えてますが


ヴァン

ここでヴァン師匠登場

「ディスト!お前までアッシュの命で動いているのか」



ディスト18

さて、この時ディスト様は無言ですが、
何を考えていたでしょうか?


Bはネタバレ

A:あんな若造の命なんかで私が動くとお思いか?
B:いつまでそんなクサい芝居を続けるつもりなんでしょうかね


ディスト19

詠唱なしでこの破壊力・・・
剣士として超一流ならば譜術士としても化け物
ヴァン師匠の力は計り知れない


ディスト20

「そ・・・そんな・・・」


カイザーディスト4

船上の魔方陣の中で
崩れていく巨大機械・・・といえば

トリニティ・ブラッドのケンプファーの
“バフォメットの刻印”が思い浮かんだ。
異種金属間の電位差とイオン流出を利用して電解腐食しているんですね


ディスト22

「うああああああああああ!!!!」


ジェイド7

「死んじゃったかな」
「いや、殺して死ぬような男ではありませんよ
ゴキブリ並みの生命力ですから」


これは褒めているんですよねw


ヴァン2

ヴァン4

ルークは世界でただ一人、単独で超振動を起こせる力を持つ
ずっと軟禁されていたのは、キムラスカで飼い殺しにするため
戦争になれば兵器として利用される
それを避けるには戦争を止めて、平和をもたらす英雄になるしかない


ヴァン3

「超振動の力が、お前を英雄にしてくれる」

ルークにはヴァン師匠が世界でただ一人の味方に映っていることでしょう。


ゴールド

ゴールドバーグとセシル少将

ゴールドバーグ、
何かゴッドシグマの風見博士を思い出させる髪形だな・・・

あるいはガン×ソード2話に出てきた屋良有作ボイスのおっさん
声は、ブラスレイターのヴィクターや
天体戦士サンレッドのナレーションで出てくる斧アツシ氏でした。

あ~サンレッドは今週も面白かったです。隠れたお勧め。


キムラスカ

アニス2



モース

大詠師モース

声は森功至さんでした。


イオン

アニス3

アニス真面目にお仕事してます


ジェイド8

「流石の七光りです」
「いちいち癇に障る奴だな!」
「いや~失礼。実際助かりました」


七光というのも時と場合によっては
無理を通す道具として利用できるものです。


アニス4

「普通のおうちですか~~」


家

↑普通のおうち

正しい意味で「普通って言うな!」ですね。

あれだけの豪邸を『普通』と言い切ってしまえる
上流階級への皮肉が込められていそうな一言


ナタリア

ナタリア再登場

ゲームではここで初登場・・・だっけ?


ナタリア2

肩を露出したドレス姿が実に眼福であります。


ガイ

ナタリア3

「一刻も早くおば様の下へ」

それなら長い前フリやってんじゃないよw


アクゼリュス

ナタリア4

インゴベルト

ファブレ

アクゼリュスと親善大使

親善大使来ましたw
共にアビスを象徴するキーワードですね

特に親善大使は
アビス=親善大使といっても過言ではないほどです。

ルークを親善大使に指名したのはマルクト側なのか・・・
この辺は全く記憶に残ってなかったよ。
そして、さらに遡れば原因はユリアの預言(スコア)にある。


ルーク2

「や~~だよ!
もう面倒くさいのはゴメンだ!!」


そう、この選択こそが実は最も正しい選択肢だったんだよねぇ・・・


現代に生きる我々から見れば、この一連の流れはちょっと異常に映るでしょう。
国家間の一大事を、預言に記されているというだけで
決めてしまうという、ある種の歪み
しかし、この世界においてはそれが当然のこととして受け入れられている。
ここはそんな“当たり前”が端的に描かれたシーンと言えるでしょう

今作の“敵”は、それを実に巧妙に利用してきます


ヴァン8

「英雄・・・先生の言ったとおりだ!!」

改めて見てみると、ルークやヴァンだけの問題ではなく、
周りの王族や貴族もあまりにも考えなしで
スコアに依存しているのが良く解りますね。
ヴァン師匠の計画には、彼らのそんな考え方も計算に入れているのでしょう
それもあの悲劇の遠因の一つと言えそうです。



ヴァン5

7年前、ルークを誘拐したのはヴァン師匠だった

それは、超振動の実験でひどい扱いを
受けていた幼いルークを助ける為だった。
そして再び、ルークをダアトに亡命させようとする


ヴァン6

「私にはお前が必要なのだ」


ヴァン7

「俺・・・必要だ何て言われたの初めてだ。
師匠だけは、いつも俺に本気で接してくれてたもんな。
俺、師匠についていくよ!」

「よし。では行こうか。お前の未来を掴み取る為に」
「はい!!」

前にも言ったがアビスでは
師匠と書いてせんせいと読むのでこれで正しい。

しかしこのやり取りはナタリアが聞いていた・・・という点で次回に続く。


以下原作ネタバレ

前半はディスト様祭りであり、
後半はヴァン師匠による
実に巧妙なマインドコントロールの過程が描かれた話でした。
最初からそういう視点で見ると、ヴァン師匠の行動は何とも興味深く映ります。

まず、カイザーディストを瞬殺する鮮烈な登場で、
改めてその存在感をアピール。
そして、超振動の発動で混乱しているルークに対し、
手を差し伸べてやる事で、自分への尊敬と信頼、依存を一層深める。

続けて、キムラスカがルークを兵器として
利用しようとしていたと言う衝撃の事実を明かす。
これによって、ルークはキムラスカも自分を利用する敵だと思い込む。
ヴァン師匠だけが自分を助けてくれる人なのだと確信するに至る。
とどめとばかりに、“英雄”という魅惑的なフレーズ。
この瞬間、ルークはヴァンの思い通りに行動する
理想的な傀儡に仕上がったのです。


さらには、スコアに依存する周囲の大人たちの思惑をも
完全に読みきった上で、ルークを親善大使にしてアクゼリュスに行かせる事に成功する。

真実を話してくれるのはヴァン師匠だけ。
人は本気で接してくれる人に弱い。親身になってくれる人に弱い。

ヴァン師匠は人のそういう心理を巧みに利用している。

だが、ヴァンの語る真実というのは
全てヴァンの口からしか話されていない。


ルークはそこに思い至っていない。
いや、思い至らぬように誘導されている。

真実の中に巧みに嘘を、いや、嘘でなくても
真実を恣意的に解釈する事によって、自分の思惑をルークに植えつけている。
それでも絶対の真実であるかのように盲信してしまうのは、
これまでの積み重ねがあればこそ。
人が人を信頼すると言うのはそういうこと。
理知的な判断よりも、感情的な信頼の方が優先される。
ましてやルークはまだ人生経験が圧倒的に足りない子供。
ヴァン師匠はそんな人の心理をよく理解している。



来週からルーク、はじめての親善大使編が始まります。


面白かったらクリックお願いします

にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト



コメント


No title

藍三郎さんお疲れ様です。

ついに来週から親善大使編ですねw
プレイヤーの中にはこの後たてつづけにおこるあの人のアレな言動が我慢ならずにリタイアする人も多いとか・・・
親善大使ゲーと呼ばれる由縁ですね。

親善大使編はアニメではもっと後かと思ったけど意外と早く来た気がします。
これだと後半が急展開にならずにすむみたいですね。

モースの声優さん変わりました?
なんかりりしい声になってるw

それにしてもディスト様は良キャラだなあw
一応ジェイドのライバル兼六神将の内の一人というポジションなのに扱いが不遇というところがいいww

にしても、こうしてみると○○は巧妙ですね。
人を心酔させるカリスマももってるし、
自分は声含め大好きなキャラですわ。

サンレッドいいですよね~。
一人暮らしのあるあるネタを見るたびに『あ~あるあるwww』と思わずうなずいてしまうw
あと髭男爵はもう声優になればいいんじゃないかと思いますw









ブッティさんコメントありがとうございます。

>ついに来週から親善大使編ですねw
プレイヤーの中にはこの後たてつづけにおこるあの人のアレな言動が我慢ならずにリタイアする人も多いとか・・・
親善大使ゲーと呼ばれる由縁ですね。

そこまで反響大きかったんですかw
管理人は結構うろ覚えなんで
どれほどのものか来週楽しみですねw


>親善大使編はアニメではもっと後かと思ったけど意外と早く来た気がします。
これだと後半が急展開にならずにすむみたいですね。

そうですね。原作は大体3部構成なんで、
残り2話ぐらいで1部完結だとちょうど良さそうです。
後半にこそ美味しい話が多いので。


>モースの声優さん変わりました?
なんかりりしい声になってるw

Wiki見た限りでは変わってるみたいです。


>それにしてもディスト様は良キャラだなあw
一応ジェイドのライバル兼六神将の内の一人というポジションなのに扱いが不遇というところがいいww

自分では戦わないし、当然戦闘でも喋らないし・・・
うむ、ここは真剣に嫌なところだなw


>にしても、こうしてみると○○は巧妙ですね。
人を心酔させるカリスマももってるし、
自分は声含め大好きなキャラですわ。

ホント、振り返ってみるとツッコミどころ満載ですねw


>サンレッドいいですよね~。
一人暮らしのあるあるネタを見るたびに『あ~あるあるwww』と思わずうなずいてしまうw
あと髭男爵はもう声優になればいいんじゃないかと思いますw

15分程度で気軽に見られるのが素晴らしい。
ヴァンプ将軍いい人過ぎるw

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/418-45d9a785

テイルズ オブ ジ アビス第5話「選ばれし英雄」の感想

選ばれた英雄って・・・ルークかよw こんな英雄は嫌だな

テイルズ オブ ジ アビス #05

テイルズ オブ ジ アビス(2005/12/15)PlayStation2商品詳細を見る テイルズ オブ ジ アビス 第5話 ついにきました!!親善大使ルーク様!!

テイルズオブジアビス 第5話「選ばれし英雄」

「いつかあなたは、私を殺したいほど恨むかもしれません」ルークの秘密を知ったジェイド。あのディスクには一体どんなルークの秘密が隠されていたんだろう?ものっそ気になる~(><)?ディスクの中身は、同位体の研究をしていると報告するジェイド。ローレライのフ...

「選ばれし英雄」 テイルズ オブ ジ アビス 第5話

テイルズ オブ ジ アビス 第5話「選ばれし英雄」 キムラスカ王国に帰還したルークは『鉱山都市を救う英雄になる』という預言を国王から明か...

「テイルズオブジアビス」第5話

#5「選ばれし英雄」キムラスカ王国に帰還したルークは『鉱山都市を救う英雄になる』という預言を国王から明かされる。英雄になれば不自由な公爵邸での軟禁生活から解放される。ルークは喜んでアクゼリュス行きの親善大使を拝命する・・・。「わかった。俺、やるよー!」...

テイルズオブジアビス第5話「選ばれし英雄」

船内、奪った音譜盤を解析するジェイド。ジェイド「やはりそうか。ルーク、いつかあなたは、私を殺したいほど恨むかもしれません」いきなりの伏線。ゲームをプレイしていると妄想できないのが残念orzガイ「ジェイド、例の音譜盤、中身は?」ジェイド「彼らは同位体の研究...

アニメ「テイルズ オブ ジ アビス」第5話の感想

アニメ「テイルズ オブ ジ アビス」第5話の感想です。 セシル様、結婚してくれ! by0時

テイルズオブジアビス 第5話「選ばれし英雄」 感想。

高級武器がそろってそうな街だなーとテイルズ脳で考えてみる。

(アニメ感想) テイルズ オブ ジ アビス 第5話 「選ばれし英雄」

テイルズ オブ ジ アビス 1 キムラスカ王国に帰還したルークは『鉱山都市を救う英雄になる』という預言を国王から明かされる。英雄になれば不自由な公爵邸での軟禁生活から解放される。ルークは喜んでアクゼリュス行きの親善大使を拝命する。

テイルズ オブ ジ アビス 第5話 「選ばれし英雄」 感想

テイルズ オブ ジ アビス 第5話 「選ばれし英雄」より感想です。 『ルーク、いつかあなたは私を殺したいほど恨むかもしれません』

テイルズ オブ ジ アビス 第5話 「選ばれし英雄」 感想

ヴァンが途轍もなく怪しい今回は特にルークと接して来ているシーンも多く、いきなりルークを誘拐したのは自分だと発言しちゃうし ルークはル...

アニメ「テイルズ オブ ジ アビス」 第5話 選ばれし英雄

分かった。俺、やるよ! 「テイルズ オブ ジ アビス」第5話のあらすじと感想です。 まさかの親善大使任命かよ……。 (あらすじ) フォ...

テイルズ オブ ジ アビス 第5話「選ばれし英雄」

ルーク「今回話し進みすぎだろ・・・内容多すぎて何書いていいか逆に分からなくなっちまった・・・」 ジェイド「そうですね・・・ではディ...

テイルズ オブ ジアビス 第5話「選ばれた英雄」

親善大使 なんか回を追うごとに感想が適当になってる気がする… テイルズ オブ ジ アビス 1(2009/02/20)鈴木千尋ゆかな商品詳細を見る

テイルズ オブ ジ アビス 第5話『選ばれし英雄』

『同位体は人為的に造らないと存在しません!』 いやぁ~ルークが不勉強なヤツで本当に良かったよ。 お陰でハテナ?な単語も説明してくれるから助かりますです(汗)

テイルズ オブ ジ アビス 第5話

第5話はルークが親善大使に任ぜられる話でした。 いよいよヴァンの怪しさが加速してきた気がします。 ルークをさらったのは自分だと打ち明けてから畳み掛けるような構成は、ホント何をたくらんでいるのやら。 いきなりジェイドがルークに殺したいほど憎まれるかもし...

テイルズ オブ ジ アビス 第5話 「選ばれし英雄」

海上で襲撃をかけてきた…鼻垂れディスト(^^; とてもお馬鹿さんだけに使う武器にはドリルついてる(ぇ) ヴァン先生の一撃に吹飛ばされ...