FC2ブログ

繰繰れ!コックリさん 原作7巻まで

最新7巻まで読みました。
以下ネタバレ

1巻

狗神さんはまだ5歳だった。
幼女趣味かと思いきやこひな様の方が年上だった。
それに対比してクローズアップされるコックリさんの実年齢。
コックリさんは今後老人ネタで全編通していじられることに……

有りのままの私……
クリーチャー物のホラームービーに出て来そうな狗神さんの本性……

2巻

最後のレギュラーである信楽が登場し狐狗狸(コックリ)さんが揃った。

信楽「働きたくても働けねェ無職はなァニートって言わねェのよ?」
コックリさん「お前働く気あるのか?」
信楽「は?あるわけねェだろ」


おじさんが養護施設に寄付していたり、
こひな様を助けて顔に傷を負う話もこの巻収録。
前者はやはりクズはクズだった的ブラックな落ちがついていたが。

宇宙人の山本くんは2巻が初登場。
こひな達にはフレンドリーでも、
一般人を攫って脳改造していると思しき描写が結構ある。
信楽にギャンブルで金をスられて破滅した人々といい、
この漫画、モブの一般人に対してはブラックなところがあるよな。

3巻

アニメ化された狗神のコーヒーの話には実は続きがあった。

狗神「コーヒーは、甘くしないと苦くて不味くはありませんか?」

あーうちも苦かったり辛かったりするものが駄目な口だからよくわかるわー。

じめ子さんが初登場したり、
コックリさんが女体化して危うく信楽に陥落しそうになる話も3巻収録。

でもこの巻というかこの漫画で一番好きなのが
3巻のこひな様がテスト勉強するのを渋る話なんだよな。
アニメ化されなくて残念だった。

コックリさん「不正して、自分の実力以上の点とって、心から喜べるのか?」
こひな「喜べないのです」
「そう テストの点なんてどうでも良いからなのです」


この切り返しは斬新だったww

信楽「いつから嬢ちゃんだと錯覚していた?」

この元ネタ藍染さまなんだっけ。

信楽「働きアリの二割は仕事をサボっているんだぜ?
そして、おじさんは……その、二割だ」
こひな「―――… 虫ケラめ」


こひな「やはり勉強しなくて大丈夫なのです。
欠片も やらなきゃいけないと思えぬからです(曇りなき眼)」


その後カップメンパーティーを褒美にされると満点を取るこひな様w

深夜の妖怪大運動会。
天狗さんはここで初登場だがショタ趣味が明らかになるのはまた後ほど。
セルフ福笑いをやったら化け物扱いされるこひな様。その後ばれたけど。

4巻

猫神のタマが初登場。
妖怪たちがショタ化する回とかコックリさんの毛が抜ける回とか
紅葉の回とかアニメ化された話が多く収録されている巻だった。
ショタ化回ではコックリさんが大人に戻った後で
警察の目をかわす為また女体化するエピローグが付いている。
新たな危機=信楽に見舞われるのだが。

5巻

1巻のリベンジとばかりに今度はこひな様の両のほっぺをつねるコックリさんが表紙。

狗神「「人の嫌がることは進んでやれ」と学校で聞きました故」
コックリさん「先生はそんなつもりで言ったんじゃないやい!」


言葉は同じでも意味が180度違うw

天狗の仮面の下は超絶美形だった。しかしこひな様は全く動じなかった。

天狗「ロリも……ええかもしれん」

ああ、この漫画ってこひな様のハーレムものだったか。

こひな「カセットフーフーは故障の原因になるのです」
「誰しもが通る道なのです」


え、そうだったのかw

6巻

さばげぶっ!モモカのようにこひな様がメタボ化する回。

コックリさん「畜生思ったより知能が高いぞこの肉塊」

「ホモくれ」
「こいつ腐ってやがる!」


ゾンビの腐女子が登場したけど今のところ再登場はしていない。
キューティクル探偵因幡にも似たようなキャラが出たことあるなぁ。

7巻

コックリさんの世界は学年も歳も変わらないのに季節だけが
ループするいわゆるサザエさん時空だった。

こひな「時の神クロノス……おそらくは貴奴めの仕業よ……」

だいたいクロノスのせい。
まぁ他にもカイロスとかサターンとかいるが。

信楽「配られたカードが役無しなら、ハッタリをきかせな」

久々にかっこいいおじさん。
この回、中田譲治の声付きのCMでやっていたなぁ。

天狗「この世の女子を性転換させ、世界を男で埋め尽くし、
衆道(ホモ)の国を作ろうとしただけじゃ」


これぞ無限衆道地獄!


面白かったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/4139-ddfb9c47