FC2ブログ

烈車戦隊トッキュウジャー THE MOVIE ギャラクシーラインSOS

以下ネタバレ

敵はシャドーライン宇宙方面を担当している
ナイル伯爵ハウンドシャドー

いつもの幹部陣は出演しているけど
出番は殆ど無いと言ういつもの扱いだった。

そういや、シャドーにとって宇宙はどういう扱いになるんだろうな。
確かに一面闇の空間だけど太陽光が一切遮られること無く
照射し続けられている世界とも言える。

イマジネーションの足りないギャラクシーラインを宇宙に飛ばすため、
空に虹を掛けて人々の注目を集め、
イマジネーションを引き出す作戦は目を見張るものがあった。

その後ギャラクシーラインが戻って来たのも、
他の烈車と連結すればパワーは確保できるからと説明されていた。

トッキュウ5号の変身したパンダが完全に着ぐるみだった。

腕に人形を付けるのは車掌の義務なの?伝統なの?
人形のパス子の声は名義変えているけどゴーカイイエローのルカの人でした。
近年ではズヴィズターの蓮華ちゃんの声もやっていたそうです。


面白かったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント


蓮華ちゃんルカだったの?

映画とはいえ幹部初撃破。ナイル伯爵とハウンドシャドー、これまでトッキュウジャーが戦った中で最強の敵でしたね。真っ向勝負ではまだ幹部に歯がたたないトッキュウジャーはやはり伯爵に圧倒されましたがギャラクシーラインの助力を受けてなんとか勝利(レインボーラッシュ、最後のパンダが一番強そうで吹いた)。パワーバランスが上手く考えられている。同格のシュバルツ将軍達の格が損なわれず、ゼットの強大さも間接的に描かれていると感じました。

最初はトッキュウジャーとはドライな関係だった車掌さんとチケットくんですがレディとのやりとりでライト達との絆が育まれているんだなあと思う。
映画終わった後、後ろの子供が言いました。
「何でこの後鎧武やるの?」
やめてあげて!

Re: 蓮華ちゃんルカだったの?

だったのですよw


> 映画とはいえ幹部初撃破。ナイル伯爵とハウンドシャドー、これまでトッキュウジャーが戦った中で最強の敵でしたね。真っ向勝負ではまだ幹部に歯がたたないトッキュウジャーはやはり伯爵に圧倒されましたがギャラクシーラインの助力を受けてなんとか勝利(レインボーラッシュ、最後のパンダが一番強そうで吹いた)。パワーバランスが上手く考えられている。同格のシュバルツ将軍達の格が損なわれず、ゼットの強大さも間接的に描かれていると感じました。

んーもう幹部クラスが強いってイメージは無いかなぁ……
シュバルツ将軍はトッキュウ6号に負けてるし。
皇帝は相変わらず強さの底が見えないが。


> 映画終わった後、後ろの子供が言いました。
> 「何でこの後鎧武やるの?」
> やめてあげて!

あちらはイマジネーションとか関係なく
全人類が否応なく超常的な現実に直面させられてますね。

他の方も仰っていましたが…本当に沢芽に落ちてこなくて良かったですね^^;
取り敢えず、本編のクリスマスシーズンには、サファリ列車はどう再登場するんでしょうか?
なんか、イマジネーションでどうにでもなる気もしないでもないですがw

今回一番の発見は、トッキュウジャーの変身の際の白線に、キチンと『攻撃判定』があったことですね。
今まではギャグだと思ってましたが、これは確かに、後ずさるわけだ。

ナイル伯爵たちは、意外と強豪でした。
ロボの合体解除を実行できた、劇場版幹部は意外と少ないので。

Re: タイトルなし

> 他の方も仰っていましたが…本当に沢芽に落ちてこなくて良かったですね^^;
> 取り敢えず、本編のクリスマスシーズンには、サファリ列車はどう再登場するんでしょうか?
> なんか、イマジネーションでどうにでもなる気もしないでもないですがw

全車両揃っていれば自由に地球と宇宙を行き来できるみたいなんで大丈夫でしょう。


> 今回一番の発見は、トッキュウジャーの変身の際の白線に、キチンと『攻撃判定』があったことですね。
> 今まではギャグだと思ってましたが、これは確かに、後ずさるわけだ。

そうそう、結構大事な描写でしたねw

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/3986-75236d05