FC2ブログ

仮面ライダー鎧武 第38話「プロフェッサーの帰還」

兄・貴虎を手に掛けた光実だが、
内心ではお前は俺の影に過ぎないという貴虎の幻影を見るほど動揺していた。

というわけで前回の次回予告で生きているように見えた
貴虎はただの幻影でした。

プロフェッサー凌馬が紘汰たちの前に戻って来た。
何で短パン……暑いからか。

凌馬は沢芽市の外からユグドラシルタワーに繋がる隠し通路の存在を示唆する。
凌馬と共闘すべきかどうかで意見が分かれる紘汰たち。

緑のオーバーロード、シンムグルン
モチーフは翻訳するまでも無く
最後の四聖獣である玄武と解るデザイン。

舞の前に現れた光実はペコをクズ呼ばわりして
シンムグルンを使って痛めつけ、舞を連れ去っていく。

光実は追って来た鎧武、バロンを同時に相手にしても互角以上に立ち回る。
貴虎の幻影もろとも鎧武たちを撃ち抜く。

改心するどころか暗黒面に振り切れた光実。
覚悟を決めたというかひたすら自分に都合の悪いことから
目を逸らし続けて、それを極めてしまった感じだなぁ。
まぁ「覚悟」と言うのも良いイメージがあるようで
実はよく分からない単語ではあるが。


面白かったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



コメント


>何で短パン……暑いからか。
 色んな人が突っ込んでましたw センスがアレなのか、一人ぶっ飛んでるのを象徴しているのか...

貴虎さんの幻影は、光実の今後の恐れの象徴でもあるんだろうな。特に「都合が悪くなったら舞も手にかけるんだろう?」は怖いと思った。本編でやってもおかしくない...
今週のオーバーロードいきなり現れたけど、少なくてもレデュエに舞のこと言ってなかったんだな。別の口実で連れて来たか。

>覚悟を決めたというかひたすら自分に都合の悪いことから
目を逸らし続けて、それを極めてしまった感じだなぁ。
 「覚悟」は、『大辞泉』第三版によると
①危険な状態や好ましくない結果を予想し,それに対応できるよう心構えをすること。
②〘仏〙 悟りを開くこと。
③知ること。
④覚えること。
⑤観念すること。あきらめること。
ってあった。文字通りに「覚悟」を解釈すると、光実は藍三郎さんの通り本当の意味で覚悟してないな。考えるのを諦めたという意味で⑤?

「覚悟」といえば、最近の作品には「覚悟」という言葉を悪行の免罪符に使ったダークヒーローもどきが多い気がする。覚悟さえしていれば半端な善人より立派で正しいみたいな。Fate/Zaroの衛宮切嗣がそんな印象だった。
プッチ神父は覚悟は絶望を吹き飛ばすから覚悟する者は幸福だと言っていたが、他者との相互理解を拒絶して独り善がりな形に振り切ってしまうと、暴走中のシステムや災害のようなただの害悪にしかならない。
悩みながらも全力で相手と向き合う遊馬やキュアハート、紘汰が好きです。

Re: タイトルなし

>  色んな人が突っ込んでましたw センスがアレなのか、一人ぶっ飛んでるのを象徴しているのか...

両方かなぁ……
さすがに作中人物は突っ込みませんでしたね。


> 貴虎さんの幻影は、光実の今後の恐れの象徴でもあるんだろうな。特に「都合が悪くなったら舞も手にかけるんだろう?」は怖いと思った。本編でやってもおかしくない...

優先順位が下の者からどんどん切り捨てていくと
最後には全部を捨てることになる……てなことになりそう。


> 今週のオーバーロードいきなり現れたけど、少なくてもレデュエに舞のこと言ってなかったんだな。別の口実で連れて来たか。

最早オーバーロードといえど従者クラスは一般怪人レベルなのかw


>  「覚悟」は、『大辞泉』第三版によると
> ①危険な状態や好ましくない結果を予想し,それに対応できるよう心構えをすること。
> ②〘仏〙 悟りを開くこと。
> ③知ること。
> ④覚えること。
> ⑤観念すること。あきらめること。
> ってあった。文字通りに「覚悟」を解釈すると、光実は藍三郎さんの通り本当の意味で覚悟してないな。考えるのを諦めたという意味で⑤?

同じ言葉でも色んな意味がありますな。
⑤は主に相手を害する際の「覚悟しろ」と言う時のニュアンスですね。

Re: タイトルなし

> 「覚悟」といえば、最近の作品には「覚悟」という言葉を悪行の免罪符に使ったダークヒーローもどきが多い気がする。覚悟さえしていれば半端な善人より立派で正しいみたいな。Fate/Zaroの衛宮切嗣がそんな印象だった。

同時に「善意だけではどうにもならない非情な現実」と言うのも表現している作品も多いですな。


> プッチ神父は覚悟は絶望を吹き飛ばすから覚悟する者は幸福だと言っていたが、他者との相互理解を拒絶して独り善がりな形に振り切ってしまうと、暴走中のシステムや災害のようなただの害悪にしかならない。
> 悩みながらも全力で相手と向き合う遊馬やキュアハート、紘汰が好きです。

まぁその辺を強調している敵役も多いですよねぇ。

上の方のコメント見て確かに遊馬と紘汰は似てるなと思いました
諦めず全力で信じる所も、それ故底抜けのお人好しと捉えかれる所も

Re: タイトルなし

> 上の方のコメント見て確かに遊馬と紘汰は似てるなと思いました
> 諦めず全力で信じる所も、それ故底抜けのお人好しと捉えかれる所も

主人公に据えやすいキャラ設定なのかな。その分他の悪役たちも引き立つしw

同じジョジョの例になりますがジョルノは
「『覚悟』とは暗闇の荒野に進むべき道を切り開く事」
と言っていました。ヒーローに求められる覚悟とはこういう意味なのでしょうね。しかし言うほど力を入れて視ているわけではありませんが破滅と絶望に一年かけて転がり続けている印象がある鎧武ってメイン視聴者の子供達は面白いのでしょうかね。深夜枠の気分で視ていればあまり問題ありませんが、日アサ枠で視るとどうしても引っかかってしまう。はっきりいってあのライダー達あまりお近づきになりたくないのですが。

Re: タイトルなし

> 同じジョジョの例になりますがジョルノは
> 「『覚悟』とは暗闇の荒野に進むべき道を切り開く事」
> と言っていました。ヒーローに求められる覚悟とはこういう意味なのでしょうね。しかし言うほど力を入れて視ているわけではありませんが破滅と絶望に一年かけて転がり続けている印象がある鎧武ってメイン視聴者の子供達は面白いのでしょうかね。深夜枠の気分で視ていればあまり問題ありませんが、日アサ枠で視るとどうしても引っかかってしまう。はっきりいってあのライダー達あまりお近づきになりたくないのですが。

それ言ったジョルノは若干15歳、
もっと年下でぶっ飛んだ行動した子もいるし
ジョジョは若くして覚悟決めているヤツが多すぎるw

そこそこ力を入れて観ている側からすればw
早い段階で世界規模の危機が発生しているというだけで
重苦しい雰囲気や絶望的な状況に陥るのは例年通りって感もある。
むしろ描写は割とマイルドかなーと。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/3985-b9056486

仮面ライダー鎧武 第38話「プロフェッサーの帰還」

仮面ライダー鎧武 第38話「プロフェッサーの帰還」