FC2ブログ

ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダーズ 第16話「恋人 その1」

エンヤ婆を捕らえたジョースター一行は
馬車でパキスタンのカラチに到着する。

ドネルケバブとは中東方面のハンバーガーである!
値段交渉、開始ィ!


ジョジョではどこの国が舞台でも
わかりやすくするように『円』で表記していることが多い。

エンヤ婆の顔から触手が!

恋人(ラバーズ)のスタンド使い、
鋼入りの(スティ―リー)ダン

エンヤ婆「DIO様はこの私を信頼してくれている……言えるか」

エンヤ婆、切り捨てられても
DIOのスタンドの秘密を喋ることなく死亡。

承太郎が鋼入りのダンを殴るとジョセフも吹っ飛んだ!
ダンのスタンド、恋人はジョセフの体内に潜り込んでいた。
本体であるダンがダメージを受けると恋人が脳内で暴れ、
同じ個所を数倍の痛みにして返す。
さらにエンヤ婆と同様、脳内で肉の芽を育てており、
いずれ内側から食い破られて死ぬ。

脳で暴れただけじゃダメージは返せないと思うが
それも含めての能力なのだろうか。

ダン「わたしのスタンド『恋人』は力が弱い。
髪の毛一本動かす力さえも無い史上最弱のスタンドさ。
だがね、人間を殺すのに力なぞいらないのだよ……わかるかね諸君!」


ジョセフ「若いころ心臓に毒薬を埋め込まれたことがあったが……」

ワムウとエシディシに埋め込まれた毒の指輪か。

『恋人』は力が弱い分、どんなスタンドまで遠隔まで操作が可能。

段々品が悪くなっていくダン。

隠者の紫でテレビを使って自分の脳内を念写!

花京院「スタンドはエネルギーのイメージ化した姿だ!小さくなれるはずなんだ!」

法皇の緑と銀の戦車を小さくしてジョセフの体内に進入させる!

理屈は合っているが体内でのバトルをやらせるために
急遽用意された設定である感が強い。
これが可能ならどんなスタンド使いも小さくして体内に侵入させて、
元に大きさに戻すことで簡単に相手を殺せてしまう。
結局この後、後の部に至るまでこの設定が使われることは無い。

ダン「橋になれと言っているんだこのポンチ野郎がぁーッ!」

承太郎、屈辱の人間橋!

恋人は脳幹と呼ばれる場所にいる。
小さい状態でいるには相当のスタンドパワーを喰う。

ダンの声は岸尾だいすけ氏でした。


面白かったらクリックお願いします

にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト



コメント


『さばげぶっ』みたいに
「見捨てましょう!ここは爺の屍を乗り越えて俺たちだけでも生き残るべきです!」
とかやったら即効で片付いたのかな?

Re: タイトルなし

> 『さばげぶっ』みたいに
> 「見捨てましょう!ここは爺の屍を乗り越えて俺たちだけでも生き残るべきです!」
> とかやったら即効で片付いたのかな?

まぁ倫理的な問題は置いといても
ジョセフがいなくなると後々詰みますがね。

<恋人(ラバーズ)のスタンド使い、
鋼入りの(スティ―リー)ダン。

改めて見るとすごいイケメンですねぇ、ジョジョの中でも1、2を争うくらいじゃないんだろうか、それだけにこの後の醜態が目立つわけですが

Re: タイトルなし

> 改めて見るとすごいイケメンですねぇ、ジョジョの中でも1、2を争うくらいじゃないんだろうか、それだけにこの後の醜態が目立つわけですが

ルックスもイケメンだ。
まぁ当時は絵柄が今ほど独特では無いというのもあるかも。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/3983-f0dcd0a1