FC2ブログ

健全ロボ ダイミダラー 第12話「決戦!健全ロボ対ダイミダラー」

政府の量産型ダイミダラー部隊に包囲される美容室プリンス。

又吉「それでも法治国家か!」

ダイミダラーは移動だけなら三博士でも動かせる。

そり子「これさえなければね……」

ホントにな!w

超型と6型、ダブルダイミダラー、見参!
さらにライバルのお約束でリッツも参戦する。

ダブルエックスシステムの発動で無数のダイミダラー3型が合体!
ガイキングの超魔竜ドボルザークを思わせる合体だ。

健全ロボ ダイケンゼン

ヤクト・ミラージュのようなデザインとサイズ差だ。
髪の毛がそのまま翼みたいになっているのか。

ペンギン帝国はハイエロ粒子を吸収したことで
人類はエロくなくなり、世の中は浄化された。
しかし美容室プリンスが活動再開した途端、
いかがわしい商売やメディアが復活してしまった。

さりげにペンギン帝国の活動内容が明かされたな……

三博士が電波塔を破壊したことで、
ダイケンゼンはコントロールを受け付けなくなり、無差別攻撃を開始する。

司令官「このままでは東京が焦土と化してしまう!」

ダイミダラーが戦うと結局こうなるw

将馬はペンギンコマンドのヘンリーから
ハイエロ粒子を注入されて人間の姿に戻る。


又吉「所詮愛などエロの文学的表現にすぎん!」
「不健全な中高年めがーっ!」


最後の最後なので割とまともな?ことも言ってくれたw


ハイエロ粒子を持たないペンギン族は繁殖することができず、
個体数を増やすために他生物のハイエロ粒子が必要だった。
しかし人間のハイエロ粒子はペンギンを人間に変えるなど危険すぎるため、
帝王様はこの世界での繁殖を断念して故郷に帰ることにする。
人間のハイエロ粒子は宇宙レベルで見ても高いとか。
インキュベーターと違って退き際の見極めが良いですね。
リッツも家族としてちゃんと連れて行ったのが良かった。

普通に格好良いロボットやそのギミック、
市街戦の描写に逆転とパワーアップを繰り返す熱い展開と
こんなエロアニメには勿体ないぐらいロボットアニメしてたと思いますw
後半はリッツとペンギン帝国の絆がクローズアップされ
善悪逆転したかのような展開でしたが大いに盛り上がりました。


面白かったらクリックお願いします

にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/3946-d0c52b77

健全ロボ ダイミダラー「第12話 決戦!健全ロボ対ダイミダラー」/ブログのエントリ

健全ロボ ダイミダラー「第12話 決戦!健全ロボ対ダイミダラー」に関するブログのエントリページです。