FC2ブログ

戦国BASARA4 プレイ記4

左近ドラマ→又兵衛ドラマ→勝家ドラマ→直虎ドラマ→三成ドラマ→
大谷創世→勝家アニメ→左近アニメ→又兵衛創世→長政ドラマ→
小太郎ドラマ→松永ドラマ→家康ドラマ→元親ドラマ→元就ドラマ→
秀吉ドラマ→慶次ドラマ→鹿之介ドラマ→鹿之介アニメ→
半兵衛ドラマ→勝家創世→政宗ドラマ→お市ドラマ→信長ドラマ→
元就創世→大谷創世(2回目)→松永創世→鶴姫ドラマ→
幸村ドラマ→孫市ドラマ→宗麟ドラマ→三成創世→
左近創世→金吾創世→天海創世→官兵衛創世→小十郎創世→
義光創世→佐助創世→島津創世→忠勝創世

以上の内容ネタバレ

左近と義光をレベル50にしました。
全てのキャラでエンディングを見ましたが
ドラマルートのみで創世ルート未攻略の武将はまだいるので
コンプリートには先は長そうです。

小早川秀秋 創世ルート

話が進むにつれて意外にも戦の才を開花させる金吾。
納豆トラップで敵軍を一網打尽にしたりする。

最終決戦前では信長っぽい寝言を言うw

「是非もまぐう!第六天麩羅まぐまぐう!」

エンディングでは征夷大将軍ならぬ征夷鍋将軍にw

最終戦の武田布陣で初めて時間までに武田信玄の下に辿り着けなかったんだが、
そうすると中央の広い空間あたりに雑魚が大量発生します。
これはこれで美味しいです。
幸村は辛党に見えてどちらかと言えば甘いもの好きらしい。

第二衣装は何故か古代人風の衣装で、
装備の一つ縄文土器とセットになっている意匠と思われる。

天海 ドラマルート

おおう、よもやドラマルートがあるとは。
3宴は明智光秀としての回想ストーリーだったので、
天海としてストーリーをプレイできるのは本作が初。

プレイヤーにとっては今更だが彼のルートでは
はっきり光秀=天海であると示される。
また、「光秀」としての殺意も「天海」としての慈しみも
いずれも真であると悟るなど、彼の倒錯した心理についてかなり深く突っ込んでいる。

ドラマルートでは小早川軍を出奔し、手土産として前田軍を滅ぼした後、
明智光秀として織田軍に帰参する。
慶次が人に手を差し伸べるように、光秀は人の手を斬り落とす。
彼の殺人癖は習性であり宿命。しかし歪んだ性を抱えていても、
優れた働きをすれば人間として認めて貰えると悟った光秀は
今度は裏切ることなく信長に仕えることを決める。

しかし謀反を起こすつもりだった光秀は、
濃姫と蘭丸を巻き込まないように幽閉していた。
織田軍に帰参したタイミングでそれが信長にばれ、裏切ったと見做され攻撃される。
結局信長を返り討ちにしてしまった光秀は、異なる世界での己に望みを託して自刃する。

光秀の方が信長に忠誠を尽くそうとしても、
結局は殺すか殺されるかの関係になってしまう。
まさにこの関係性こそ光秀の殺人癖同様、彼の宿命であるのかも。

第2衣装は烏天狗風で、覆面もくちばしをイメージして先がちょっと尖っています。

黒田官兵衛 創世ルート

官兵衛「あれこれ考えると必ずツキが逃げる!
だから何も考えない!無心で掘る!これぞ、究極の策!!」


まさに逆転の発想w

官兵衛「掘って掘って掘りまくって、
この星の地べたに穴倉大帝国を打ち立ててやる!
小生達黒田軍の戦いはこれからだ!」


未完

エンディングでは地上の統治を放棄して地下大帝国の建設に着手する。

又兵衛乱入時は……

「おいおい又兵衛、小生に会いたいからって強引すぎるぞ!」

でも又兵衛さまはスルー。

第二衣装は囚人服をイメージしたのか、白くてスマートな感じ。

片倉小十郎 創世ルート

創世ルートのみ。
合戦前会話では、主に政宗と出会った頃のことを回想する。
政宗の右目が見えなくなり、それ故に
不遇な扱いを受ける政宗を励ますところがピックアップされている。
「鳥居の~」っての台詞があるが片倉小十郎って神職の息子だったのか。

最上義光 創世ルート

義光の義の字は足利義輝から授かったらしい。
このエピソードって史実だったのか。

天海と相対すると、
最上「どこかで見たような……ハ、ハッ、ハケチッ!(くしゃみ)」
天海「死んで貰いましょう」


毛利戦では、
最上「君は紳士が似合うと思うのだよ、手利君」

モブ兵「狐って、褒め言葉だっけ?」

そうか、何か最上様が狐であることを
自慢げに言ってることに違和感があると思ったが
確かに狐ってどちらかと言えばネガティブなイメージで使う言葉よね。

最終戦は応仁の跡 吟芽だった。

天下統一したはいいが、明らかに空中に浮かびながら、
誰かの下にいないのは落ち着かないと言い出す。
やがて外国からの軍勢が日ノ本に押し寄せ、
義光は勇んでゴマすりに向かう。

第2衣装は烏帽子に狩衣という平安貴族スタイルでした。

猿飛佐助 創世ルート

武田軍の志願兵に佐助が武田軍のことを
聴かせながらストーリーが進んでいく。
まぁ、佐助は武田軍が大好きなんだなぁと言うのが良く分かる話。
エンディングではその志願兵は後に有力な武将になると言われている。

島津義弘 創世ルート

3では若者のために道を拓くとか言っていたが
本作では寿命を前に死ぬ前は誰もが正直になると
真の示現を見出すために鬼となる。
イベントで足利義輝には敵わないみたいな台詞言っていたが
その足利軍は途中で別勢力に倒されていました。
第二衣装は酒屋のおやじ風。

本田忠勝 創世ルート

直虎ステージやってみたがやっぱ直虎さんは忠勝が好きなのかね。
小太郎といい妻帯者を除けば無口な人ほどモテるのか。

家康「只者じゃない?いいや、忠勝は忠者だよ」

上手いことをw

第二衣装は武者頑駄無のような装飾の入った鎧武者風。
てかこれはあれか、武者ホンダムということなのかw


創世モードは基本的に自陣営以外との絡みが無いので
キャラによっては一般兵との会話しか無くてちょっと寂しいことに。
ファンディスクでは官兵衛・又兵衛コンビのルート等もやって欲しいですね。


面白かったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/3937-c1af9af1