FC2ブログ

小説 仮面ライダーフォーゼ ~天・高・卒・業~

作者は脚本の中島かずき氏ではなくプロデューサーの塚田英明氏。

以下ネタバレ

ラストワンとか今となっては忘れていた設定も多く結構懐かしかったです。
リーゼントを解いた弦太朗役の福士蒼汰氏が
コメントを寄せていますがこの人もすっかり売れっ子になったなぁ……

小説ゆえに俳優の都合に関係なくキャラが出せるので、
多数のサブキャラ達が登場します。

ヴァルゴ・ゾディアーツに処刑されたと見せかけて
人工衛星M-BUSに保護されていた
スコーピオン園田、キャンサー鬼島、タウラス杉浦のその後についても描かれる。

特に序盤のボスキャラとして登場し、
先生の皮を被ってライダー部と関わるも、
結局倒された後は登場しなかった園田先生は
幾らかキャラが掘り下げられ、
今回の敵の正体に関わるキーパーソンとなっています。
我望の幹部勢に共通して不明だった
「何故我望の配下になったのか」ということについても説明されています。
弦太朗たちと和解する過程も描かれ、
不足していた部分が上手く補完された感じです。

鬼島はもちろんゾディアーツになれないが、
落語だけでなく多方面に才能豊かなことが明かされ、
陰ながら活躍するなど優遇されている。
原作では流星と因縁のあるキャラだったが、
落語と拳法、同じく技術を磨く者同士実は流星を認めており、
最終的には友情のシルシを交わす。

小説オリジナルのゾディアーツとして
竜骨座のカリーナ・ゾディアーツ
とも座のプッピス・ゾディアーツ
帆座のヴェラ・ゾディアーツが登場。
そしてTV版で登場した羅針盤座のピクシス・ゾディアーツ
合わせてアルゴ座を構成した四つの星座
四体のゾディアーツがラストワン後に合体し、
アルゴ座のアルゴ・ゾディアーツとなる。
配下のダスタードは海賊風となり海賊刀を扱う。

いずれも文章で分かるぐらい特徴的なデザインで
船がモチーフと言うこともあり絵になったら好きになれそうだった。

大ボスに当たる仮面ライダーイカロス
何故「仮面ライダー」なのかについても作中で理由が付けられています。
深紅と黒に折れた翼という、神話のイカロスの「墜死」をイメージしたデザイン。

何故か雑魚戦でパワーダイザーが出てこないなと思っていたが
キングが出すのを忘れていたんかいw

我望との決着に留まった本編と
弦太朗が教師になった未来を描いた劇場版を繋ぐ
フォーゼ本編の完結編として申し分ない内容でした。


面白かったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/3919-3865d307