遊戯王ARC-V 第1話「光の軌跡 ペンデュラム召喚」

お楽しみはこれからだ!


まさか桜の散る橋の上から始まるとは思いませんでした。

権現坂は超獣武者若鬼超獣武者ソード999をリリースし、
超獣武者ビッグ・ベンケイをアドバンス召喚。

主人公・榊遊矢は速攻魔法・カバーカーニバルで三体のカバを召喚。

「俺の熱血指導が!」

ベアーズブートキャンプ?w

質量を持ったソリッドビジョンの実現により生まれたアクションデュエル。
フィールド、モンスター、そしてデュエリストが一体となった
このデュエルは人々を熱狂の渦に巻き込んだ!


質量を持ったソリッドビジョンって何なんだ。
ナノマシンでも使っているのか。
しかし質量があるってことは闇のデュエルじゃなくても
リアルダメージを与えられるってことですかね。
早くもそんな黒い展開を想定してしまうのが遊戯王シリーズの業ですね。

物語の舞台となる舞網市のビルには
様々なデュエルモンスター絡みの広告が。

罠制圧 サイコデュエルスクール
エンディミオンデュエルスクール
デッキ破壊も立派な戦術のひとつ あなたも始めてみませんか?
儀式塾
SONIC WING DUEL SCHOOL
ディアン・ケトそっくりのベテラン講師が教える回復デュエル教室
最弱で最強を目指す! ワイトスクール
LVモンスターを操れ!モンスターと共にあなたもレベルアップ
女性に大人気!ローレベルデッキ


デッキ破壊広告に乗っているのはポッド系と
遊戯王のデッキ破壊モンスターの代表格ニードルワームですな。

アクションデュエルの現役チャンピオン、ストロング石島
いかにも最初の敵らしい小物臭い顔つきと思ったらチャンピオンだった。
LDSことレオデュエルスクールのイメージキャラクターを務めている。

遊矢の父、榊遊勝はかつてチャンピオンだったが
ストロング石島との対決に姿を現さず、
石島は不戦勝でチャンピオンになった。

ライディングデュエル同様専用のフィールド魔法を使う。
辺境の牙王城を発動。


石島「あいつを打ち負かさねば俺は最強王者になれんのだ」

石島さん結構まじめなデュエリストだった。
ピエロに化けて決闘場に姿を現す遊矢。

ニコ・スマイリー
「戦いの殿堂に集いしデュエリストたちが、
モンスターと共に地を蹴り、宙を舞い、フィールド内を駆け巡る!
これぞデュエルの最強進化系、アクションデュエル!」


先攻の最初のターンドローはできない。
新シリーズ突入に伴うルール改定でこうなったようで。

遊矢はEM(エンタメイト)-ディスカバー・ヒッポを召喚。
ディスカバリーとカバを掛けたネーミングだな。


蛮族の共演レベル5

手札からレベル5の戦士族モンスター2体を、効果を無視して特殊召喚する。


バーバリアン1号、バーバリアン2号をリリースし、
バーバリアン・キングをアドバンス召喚。

石島「密林の奥地から巨木をなぎ倒し、現れるがいい!
異界の王国に君臨する蛮族の王、バーバリアン・キング!」



回避

アクションマジック。
攻撃を無効化する?

ローリング・ヒッポ!

空から降ってきたアクションカードを取ったらすぐに使えるのか。


バーバリアン・キング

レベル8、攻撃力3000。
「バーバリアン」モンスターをリリースしてアドバンス召喚した場合、
1ターンにモンスターに対して2回攻撃できる


奇跡

アクションマジック。
モンスターの破壊は無効になり、戦闘ダメージは無効になる。


遊矢はこれまで道化を演じ、逃げた父親の息子だと笑われるより
先に自分から笑い飛ばしてきたが、今生まれ変わろうとしている。

EM-ディスカバー・ヒッポ

1体で2体分のアドバンス召喚の素材になる。

世にも珍しい二色の瞳を持つ竜、
オッドアイズ・ドラゴンをアドバンス召喚。

遊矢「お楽しみはこれからだ!」

父・遊勝の口癖でもある。


ワンダー・バルーン

永続魔法
手札に加えたカードを墓地に送ることでバルーンを一つ増やす。
このカードを墓地に送ることで、バルーンは破裂し、
一つにつき1000ポイント攻撃力をターンの終わりまで下げる。

森の中のアクションカードをコストに使う。

アクションカードは一枚しか手札に入れられない。
拾ってすぐに墓地に捨てるのはOKなのか。


オッドアイズ・ドラゴン

レベル5以上のモンスターを破壊した時、
元々の攻撃力の半分のダメージを与える。

決まればワンショット・キルが成立する。
一撃で倒すことをそう言うのか。

スパイラル・フレイム!

ストロング石島もアクションマジック・奇跡を発動していた。


バーバリアン・レイジ

永続罠。
戦闘ダメージを受けた時、「バーバリアン」モンスター一体の攻撃力を
2000ポイントアップする。
この効果の対象となったモンスターが破壊した
モンスターは墓地に行かず手札に戻る。

攻撃力も元に戻り5000に!
オッドアイズ・ドラゴンは破壊され、効果で手札に戻る。


バーバリアンの奇術

手札に戻ったモンスターの攻撃力の半分のライフを回復する。

揺れろペンデュラム!もっと大きく!

カードの後ろの色が変わった!
デュエル中にエラッタが発生したのか?w

スケール1の星詠みの魔術師と、
スケール8の時詠みの魔術師で、
ペンデュラムスケールをセッティング!


レベル2から7のモンスターを同時に召喚できる。

遊矢「揺れろ魂のペンデュラム!
天空に描け光のアーク!ペンデュラム召喚!」


おいおい、更に大量展開できるようになるのかよ。
OCGはやっていないが何とも心配になるシステムである。

一話でいきなりチャンピオンと対決……
これで負けたらむしろ石島さんがかわいそう。

オープニングとエンディングはえらいクリーンというか、
所謂悪人が映ってないですな……
前髪が遊戯に、表情はⅣに似ている人や眼鏡の人はライバルっぽいし。
このシリーズは長いスパンで楽しむアニメなので今後に期待しましょう。


面白かったらクリックお願いします

にほんブログ村 アニメブログへ

スポンサーサイト

コメント


カードは拾った5D's 、カードは書き換えたゼアル、そして今回がルールを書き換えたARC-Vでいつもの遊戯王だなと思えるご都合的な第1話でしたw

アクションカードの条件が緩すぎて酷いな、手札コストとか無いようなもんじゃないか。
チャンピオンが城の上に現れたのって高い所が好きだったわけじゃなくて、アクションカードが拾いにくい所に行くっていうハンデだったのか。

ペンデュラム召喚って方法の説明見た時から酷いと思ってたけど、実際やっぱり酷いわコレ。
ペンデュラムモンスターのセッティングに条件があるわけでもないし。
ペンデュラムモンスターは墓地には送られずにエクストラデッキに行って、別のペンデュラム召喚の時にレベルの条件内ならエクストラデッキからも召喚できるとか。
更にワンショットキルデッキが作り易くなるね。

Re: タイトルなし

> カードは拾った5D's 、カードは書き換えたゼアル、そして今回がルールを書き換えたARC-Vでいつもの遊戯王だなと思えるご都合的な第1話でしたw

最強デュエリストのデュエルは全て必然!
ルールさえもデュエリストが創造する!

やっぱペンデュラム召喚ってこの場で初めて発生したルールだったりするんですかねw

Re: タイトルなし

> アクションカードの条件が緩すぎて酷いな、手札コストとか無いようなもんじゃないか。
> チャンピオンが城の上に現れたのって高い所が好きだったわけじゃなくて、アクションカードが拾いにくい所に行くっていうハンデだったのか。

とにかく手札が重要なゲームなのにねぇ。


> ペンデュラム召喚って方法の説明見た時から酷いと思ってたけど、実際やっぱり酷いわコレ。
> ペンデュラムモンスターのセッティングに条件があるわけでもないし。
> ペンデュラムモンスターは墓地には送られずにエクストラデッキに行って、別のペンデュラム召喚の時にレベルの条件内ならエクストラデッキからも召喚できるとか。
> 更にワンショットキルデッキが作り易くなるね。

これまで大量展開やワンショットキルデッキが規制されて来たのに
ここに来てそれに逆行するようなシステム……狙いが分からんw

>>アクションデュエルの現役チャンピオン、ストロング石島。
>>いかにも最初の敵らしい小物臭い顔つきと思ったらチャンピオンだった。

このままやられて終わりか5D'sの牛尾さんみたく準レギュラーなるのか。
チャンピオンって立場で出すにはビジュアル的にちょい厳しいような。

Re: タイトルなし

> このままやられて終わりか5D'sの牛尾さんみたく準レギュラーなるのか。
> チャンピオンって立場で出すにはビジュアル的にちょい厳しいような。

かと言っていきなり遊矢がチャンピオンになるっていうのも……
いやそれをやりかねないぐらい主人公に甘いのが遊戯王シリーズなんだがw

別に公式なタイトルマッチって訳じゃないですし
これの勝敗でチャンプが切り替わる何てことは無いと思いますが

遊矢自身、最後にケチがついたとはいえ元チャンプの息子として上げ気味に実況されてましたし(正直もっと晒し者っぽく扱われると思ってた)別にチャンプ()みたいな扱いにはまだならんでしょう

むしろドローカードと手札とルールを書き換えてなお負けたら「主人公ェ…」ってなりますが(笑)

Re: タイトルなし

> 別に公式なタイトルマッチって訳じゃないですし
> これの勝敗でチャンプが切り替わる何てことは無いと思いますが
>
> 遊矢自身、最後にケチがついたとはいえ元チャンプの息子として上げ気味に実況されてましたし(正直もっと晒し者っぽく扱われると思ってた)別にチャンプ()みたいな扱いにはまだならんでしょう

そういうものかー。


> むしろドローカードと手札とルールを書き換えてなお負けたら「主人公ェ…」ってなりますが(笑)

ある意味伝説……
まぁ、公の場であんなことやったら普通反則負けか無効試合ですがね。
本当にそうなったらスタッフを喝采する。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/3857-7624adb2

遊☆戯☆王ARC‐V「第1話 光の軌跡、ペンデュラム召喚!」/ブログのエントリ

遊☆戯☆王ARC‐V「第1話 光の軌跡、ペンデュラム召喚!」に関するブログのエントリページです。

FC2Ad