FC2ブログ

獣電戦隊キョウリュウジャー ブレイブ47「だいはんげき!さいだいさいごのブレイブ」

デーボスを完全に葬るためには大地の闇を破壊しなければならない。
このままデーボスを倒しても他のモンスター同様復活してしまう。


鉄砕とラミレスが大地の闇に向かったので、
優子がキョウリュウシアンに、
鉄砕の子孫・真也がキョウリュウグレーとなる。
千葉繁声の初代バイオレットもプレズオンに乗り参戦する。

変身が封じられたので生身で戦うキョウリュウジャー。
初めてイアンがソウジを名前で呼んだ。

やはり途中でエンドルフを裏切ったドゴルド!

エンドルフを倒す為、ドゴルドは再び空蝉丸と一体となる。
ダブル雷電残光でとどめ。
最後は空蝉丸と一対一で決着をつける。

空蝉丸「腹立たしい!」

いやーここで再び空蝉丸+ドゴルドをやるとは燃える展開だ。
戦騎達は優遇されているなー。
エンドルフを乗っ取った時といい
他者に寄生する能力をここまで格好良く演出してもらえるキャラはそうはいない。


面白かったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント


>いやーここで再び空蝉丸+ドゴルドをやるとは燃える展開だ。

なんだかんだこの作品も綺麗に締めてくれそうですね。
このシーンホビー雑誌の1カットで見ちゃったんですけど
予告や提供のウッチー死亡フラグ強調のおかげで
シーンが映るまで忘れて新鮮な気持ちで見れて良かったですw
予告詐欺に引っかかっていい気分なのは久しぶりw

 「恐竜戦隊の追加戦士は殉職する」というジンクスはトリンで消化されたと思ったが、ウッチー生きてるよね?と不安になった………

 今回、シアンとグレーの2代目が出て、これでメイン6人以外は受け継がれた事に。しかも、先代も4人登場して豪華な上に、合計14人戦隊という歴代最多人数の戦隊に(マジレンジャーでも8人)

ドゴルドもいい終わり方だった……それなのに、公式HPで配合成分に『番長の学ラン』ってあって全部ぶっ飛んだwwwドゴさん番長だったんかいwww

鉄砕の幻術って頑丈だ。巨大化した敵の攻撃でやっと壊れるくらいだから。
今作は戦隊シリーズを通してもサービス精神が素晴らしかったと思う。過去の設定を終盤で整然と活かすんだもん。終るのが名残惜しい。
エンドルフのモチーフって、『オズの魔法使い』の羽の生えた猿だったんだな。
ドゴルドは臆病なライオンだったけど、今回ので臆病を克服したってことかな。普段アイガロンとかキャンデリラとかラッキューロとあまりつるんで無かったのは、臆病と関係無かったのかな。

前回のアイガロンが渡そうとした花はハマナスで、花言葉は「美しい悲しみ」だそうです。スタッフ芸が細かい!

Re: タイトルなし

> なんだかんだこの作品も綺麗に締めてくれそうですね。
> このシーンホビー雑誌の1カットで見ちゃったんですけど
> 予告や提供のウッチー死亡フラグ強調のおかげで
> シーンが映るまで忘れて新鮮な気持ちで見れて良かったですw
> 予告詐欺に引っかかっていい気分なのは久しぶりw

そういや大昔はホビー雑誌でネタバレされているのを前提として見ていたなぁ。
詐欺以前に展開がどうなるかまるで予想できなかったので単純に意外でした。

Re: タイトルなし

>  「恐竜戦隊の追加戦士は殉職する」というジンクスはトリンで消化されたと思ったが、ウッチー生きてるよね?と不安になった………

まぁ、次回予告を見れば……


>  今回、シアンとグレーの2代目が出て、これでメイン6人以外は受け継がれた事に。しかも、先代も4人登場して豪華な上に、合計14人戦隊という歴代最多人数の戦隊に(マジレンジャーでも8人)

メインはそもそも現役ですからなぁ。
人数で言えば最大なのか。


> ドゴルドもいい終わり方だった……それなのに、公式HPで配合成分に『番長の学ラン』ってあって全部ぶっ飛んだwwwドゴさん番長だったんかいwww

ふーむ、不良であっても孤高な感じなのであまり番長なイメージはなかったり……

Re: タイトルなし

> 鉄砕の幻術って頑丈だ。巨大化した敵の攻撃でやっと壊れるくらいだから。

幻術を直接攻撃で破壊する謎理論。
まぁキルボレロは特殊効果持ってそうだが。


> 今作は戦隊シリーズを通してもサービス精神が素晴らしかったと思う。過去の設定を終盤で整然と活かすんだもん。終るのが名残惜しい。

ドゴルドの設定の活用は秀逸でしたね。


> エンドルフのモチーフって、『オズの魔法使い』の羽の生えた猿だったんだな。
> ドゴルドは臆病なライオンだったけど、今回ので臆病を克服したってことかな。普段アイガロンとかキャンデリラとかラッキューロとあまりつるんで無かったのは、臆病と関係無かったのかな。

エンドルフもだったの?

>エンドルフもだったの?

公式の特記事項で、「怨みの戦騎は、怒りにハネ返されて、敗れサル」ってあるから、確実かと。
次回で案山子モチーフのラッキューロが知性を得る...かな?
ピクシブ百科事典では、獰猛の戦騎Dも『オズ』のキャラがモチーフ?ってあったなぁ。ドロシーの飼い犬トトじゃないかって。

Re: タイトルなし

> 公式の特記事項で、「怨みの戦騎は、怒りにハネ返されて、敗れサル」ってあるから、確実かと。
> 次回で案山子モチーフのラッキューロが知性を得る...かな?
> ピクシブ百科事典では、獰猛の戦騎Dも『オズ』のキャラがモチーフ?ってあったなぁ。ドロシーの飼い犬トトじゃないかって。

ラッキューロは何か見せ場がある……かなぁ?

しかしオズの魔法使いからでもマイナーなところからも取ってるなー。
オズ自体ほとんど知らないが。

>人数で言えば最大なのか
同一画面上に並んだ数は最多ですね。
設定だけなら各惑星にいるデカレンジャーや江戸時代から代替わりしてきたシンケンジャーとかいますしね。・・・ってキョウリュウレッド達にも先代がいた可能性があるのか。

カンブリ魔、ドゴルド退場で解放されるかと思ったら一緒に消滅したで御座るの巻

Re: タイトルなし

> 同一画面上に並んだ数は最多ですね。
> 設定だけなら各惑星にいるデカレンジャーや江戸時代から代替わりしてきたシンケンジャーとかいますしね。・・・ってキョウリュウレッド達にも先代がいた可能性があるのか。

デカレンジャーは多そうだなぁ。

Re: タイトルなし

> カンブリ魔、ドゴルド退場で解放されるかと思ったら一緒に消滅したで御座るの巻

まぁ別にカンブリ魔は心変わりしてないから
解放されてもキョウリュウジャーと戦ってやられるだけだったろうけどw

初期幹部とエンドルフを含めた追加幹部の違いって感情に真っ向から向き合ったか単なるノルマとして見ていたかの違いだと思う。
ドゴルドさん達は時間をかけて自分が司る感情を含めて様々な想いを知ったのに、生まれたばかりのエンドルフ達は収集対象としてしか見ていなかった。そもそもエンドルフの怨み自体デーボス様やカオス様から与えられたものであって自分のものでは無い、そんなだから怨みの戦騎でありながら他人からの怨みがどんな結果を招くか分からない。前回といい今回といいドゴルドさんの心の内を見抜けなかったのは彼の「怨み」の薄っぺらさを表していたように思えます。
そして同じ後釜でもアイスロンドやキルボレロは優子さん達とは受けた想いが違い過ぎる。そういったところはさすが悪の組織。

今回ドゴルドさんだけでなく造ったばかりのキルボレロを含めて捨て石と言ったり、キルボレロを「君」ではなく「お前」と言ったり大分精神的に追い詰められている感があるカオス様。残る因縁はトリンとこのヒトだけですがどうつくのか。誰よりも「デーボスの忠実な下僕」であり続けた彼の生涯の結末は。

今年の戦隊は、何度総力戦を繰り広げたでしょうかね^^;
まぁ、その分、デーボス軍が強敵である証でもあるのですが。

今回は、ドゴルドが全部持っていった感じですね。勿論いい意味で^^
クリスマス商戦を生き残り、年を越したかと思えば、まさかこんな結末が待っているとは、本当に予想外でした。
まさか、あのラディゲと同じ手段をとるとは・・・こういうのは本当にたぎりますね、エンドルフとの決着、前回のアイガロンの散り様といい、戦隊史に残る名勝負でした。

Re: タイトルなし

> 初期幹部とエンドルフを含めた追加幹部の違いって感情に真っ向から向き合ったか単なるノルマとして見ていたかの違いだと思う。
> ドゴルドさん達は時間をかけて自分が司る感情を含めて様々な想いを知ったのに、生まれたばかりのエンドルフ達は収集対象としてしか見ていなかった。そもそもエンドルフの怨み自体デーボス様やカオス様から与えられたものであって自分のものでは無い、そんなだから怨みの戦騎でありながら他人からの怨みがどんな結果を招くか分からない。前回といい今回といいドゴルドさんの心の内を見抜けなかったのは彼の「怨み」の薄っぺらさを表していたように思えます。
> そして同じ後釜でもアイスロンドやキルボレロは優子さん達とは受けた想いが違い過ぎる。そういったところはさすが悪の組織。

怨みを司る割には淡々としたキャラだなぁとは思ったがそれも意図的なものだったのかなぁ。


> 今回ドゴルドさんだけでなく造ったばかりのキルボレロを含めて捨て石と言ったり、キルボレロを「君」ではなく「お前」と言ったり大分精神的に追い詰められている感があるカオス様。残る因縁はトリンとこのヒトだけですがどうつくのか。誰よりも「デーボスの忠実な下僕」であり続けた彼の生涯の結末は。

何せ後一話だからなぁ。
巻き展開で片づけられそうな気もするw

Re: タイトルなし

> 今回は、ドゴルドが全部持っていった感じですね。勿論いい意味で^^
> クリスマス商戦を生き残り、年を越したかと思えば、まさかこんな結末が待っているとは、本当に予想外でした。
> まさか、あのラディゲと同じ手段をとるとは・・・こういうのは本当にたぎりますね、エンドルフとの決着、前回のアイガロンの散り様といい、戦隊史に残る名勝負でした。

敵の幹部クラスが格好良く退場するのは良い戦隊w


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/3791-d3d2f773

獣電戦隊キョウリュウジャー ブレイブ47「だいはんげき!さいだいさいごのブレイブ」

獣電戦隊キョウリュウジャーの第47話を見ました。 ブレイブ47 だいはんげき!さいだいさいごのブレイブ 地球滅亡まで残り5時間と迫る中、ダイゴ達の逆襲が始まった。 しかし、大地の闇で戦うトリン1人ではモンスターを封じるのがやっとという状態でこのままでは世界中にゾーリ魔達があふれ出してしまう。 そこでラミレスと鉄砕も大地の闇に向かうため、新しい戦士として優子と真也をシア...