FC2ブログ

戦国BASARA4 プレイ記1

島左近、後藤又兵衛、柴田勝家のドラマルートクリア。
以下ネタバレ



難易度普通でやっていますが、突破できる時はすんなりいけるけども、
死にかけることもあり、ステージごとに結構難易度が違う感がある。
3に比べて一合戦に時間がかかるようになっている気がするな。
一度取った陣地を奪い返されることも多くなったが、
実績を上げるには長い時間をかけて何度も陣地を取ることが必要。
順番はクリアした順。


双天来舞 島左近

左近はかつて戦で一人だけ生き残ったためか自暴自棄になり、三成に挑んで敗北。
その後秀吉のために生きる三成の生き方を見て彼の家臣となることを決意する。

発売前は左近と勝家に特に接点ないなぁと思っていたが、
BASARA設定では
左近はかつて織田軍でぶいぶい言わせていた時の勝家に憧れ、
今の自暴自棄になっている勝家と
かつての自分を重ねあわせ、再起させようとする。
一応敵対陣営なのにそんなことしていいのか……

最終戦では柴田勝家と共に足利義輝に挑む。
一回負けてしまった……
永禄の宮 英断は朱と黒のどちらかを選んで進む。
2回とも松永久秀とは遭遇せずじまいだった。


執心流浪 後藤又兵衛

「処刑だ処刑だ処刑だぁーっ!」
三木眞一郎さんのクレイジー演技がたまらん。
たまに中国の軍略に触れる知的な一面も。

ブーメラン型の奇刃を投げて離れた雑魚を蹴散らすのが楽しい。
逃げる小判兵を倒すのにも便利。
ボスに残念無念後悔先に断つの刑を決めたくなる。

史実でも黒田八虎の一人で元黒田軍と言う設定だが
久々に会った時は割とあっさりぶち殺そうとします。

閻魔帳1位は伊達政宗で、2位は上杉謙信。
ドラマルートは上杉、伊達戦となり、
話が進む度に凶気が加速し、最終的には
まだ自分が豊臣軍の一員であると思い込むようになる。

第二衣装は編み笠被った姿でまるでフォレスト・サワタリのようである。
しかし後藤又兵衛自身のステージがなかなか出て来ないんだが、
浪人衆だからステージが無いのかなぁ。本人の戦闘BGMが欲しいのだが。


破願一望 柴田勝家

ドラマルート4話目は必見。

柴田勝家はかつて怪王と名乗り信長に謀反を起こしたことがあった。
柴田勝家って妖怪好きと言う逸話があったのか……?

本来の勝家はだいぶアグレッシブなキャラになっている。
このキャラのために岡本信彦さんを起用したのか。
合戦前の会話ではでかい口を叩いていたのに合戦に入った途端にへたれる。

ドラマルートでは市や長政との絡みは無し。
第5戦で伊達政宗と戦い、自分にまだ生きる意志があると気付き、
信長を討つため本能寺に向かうことになる。
1回目はゲージが赤になりバサラゲージを溜めるために
逃げていたら雑兵に殺されてしまった。

2回目は隅に追い詰めたところで
空虚の幾何を押し続けていたら勝った。



面白かったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/3780-0a0c6687