FC2ブログ

ドキドキ!プリキュア 第46話「エースとレジーナ!誕生の真実!」

亜久里とレジーナ、そしてキングジコチューの正体とは。


大塚芳忠声のトランプ王国国王は
病に倒れたアン王女の命を救うために
あらゆる知識の詰まったエターナルゴールデンクラウンを求め、
古代のプリキュアがEDCで封じていた闇を解放してしまった。

キングジコチュー=トランプ王国国王

レジーナがキングジコチューの娘というのは全くの真実だったわけだ。

ジコチューの幹部達は他に2人、全部で7人いるらしい。
彼らはトランプ王国とは関係ない、
ある意味キングジコチューより古参のメンバーだったのかな。

アン王女は父親への情で完全消滅できたはずの
キングジコチューにとどめを刺さなかった。
世界の命運より父を優先したことが原因となり
ジコチューになりかけたところで
アン王女は父への愛と世界への愛、プシュケーを二つに分割する。

分かたれた二つの魂はそれぞれ亜久里とレジーナになり、
残った体は卵となり、アイちゃんとなった。

しかしその気になればキングジコチューを倒せたとか、
心を二つに分割したり卵になって転生したりとか、
アン王女って規格外の天才だったんだなぁ……

愛とジコチューは表裏一体
これがテーマだったのかね。

レジーナが父の愛を知ったことで、
元のカラーリングに戻り洗脳ではなく自らの意志で
キングジコチューの側につくのは中々良い展開。
てかこれまでも洗脳では無く
キングジコチューのレジーナに向ける愛も本物だったのだろうね。


面白かったらクリックお願いします

にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト



コメント


>>分かたれた二つの魂はそれぞれ亜久里とレジーナになり、
>>残った体は卵となり、アイちゃんとなった。

何か分身、姉妹というよりアン王女の娘になるんじゃね?
神話とかの神様一人で子供産む事もあるし。
つまりレジーナはキングジコチューの孫娘

ダイレンジャーで言う所の『すっげぇ真実!』(笑

言っちゃいけないことは解ってるけどもさぁ…出来る限りの後の、封印処置は考えましょうよ、国王様^^; ソードを筆頭とする、現地のプリキュアの力借りるとか。
まぁ、王女の容態が一刻を争っていたようだから、焦っていたのも解るけど…クラウンそのままほっぽとくのもなぁ…親としてはまだしも、統治者としては失格といわざるを得ませんな。
ある人が言ってましたが、『希望』は、良い意味でも、悪い意味でも、人の原動力って表現されてましたが…今回は後者でした。
でも、過去を見る限り…殿下の病気って、絶対人為的なんですよねぇ、残り二幹部の策謀か、封印から漏れ出した闇の策略か…あれ、闇が漏れ出してる時点で、管理能力に問題があるような…?

全部で7人いるらしい。>ちゃんと七大罪揃ってるようですねw

ある意味キングジコチューより古参のメンバーだったのかな>『古の闇』の残党ではないですかね、ずっと待ってたようですし。

キングジコチューのレジーナに向ける愛も本物だったのだろうね。>薄情な首領なら、肉親でも、その場で抹殺か利用し倒しますもんね、GGVのグランディーヌが良い例でした。

長文失礼致しました。

Re: タイトルなし

> 何か分身、姉妹というよりアン王女の娘になるんじゃね?
> 神話とかの神様一人で子供産む事もあるし。
> つまりレジーナはキングジコチューの孫娘

アン王女は単身で神クラスのプリキュアということかw

Re: タイトルなし

> ダイレンジャーで言う所の『すっげぇ真実!』(笑

それは突っ込みどころ満載と言う意味で?w


> 言っちゃいけないことは解ってるけどもさぁ…出来る限りの後の、封印処置は考えましょうよ、国王様^^; ソードを筆頭とする、現地のプリキュアの力借りるとか。
> まぁ、王女の容態が一刻を争っていたようだから、焦っていたのも解るけど…クラウンそのままほっぽとくのもなぁ…親としてはまだしも、統治者としては失格といわざるを得ませんな。
> ある人が言ってましたが、『希望』は、良い意味でも、悪い意味でも、人の原動力って表現されてましたが…今回は後者でした。
> でも、過去を見る限り…殿下の病気って、絶対人為的なんですよねぇ、残り二幹部の策謀か、封印から漏れ出した闇の策略か…あれ、闇が漏れ出してる時点で、管理能力に問題があるような…?

その辺も含めてこの後追加説明があるかもしれないのでツッコミはそれからかな。
まぁ来週には細かいところは忘れてそうだが。

古代のプリキュアのオーバーテクノロジーでやってることだから
当時の人々には制御不能で再封印も難しかったのかも知らん。


> ある意味キングジコチューより古参のメンバーだったのかな>『古の闇』の残党ではないですかね、ずっと待ってたようですし。

何気にすごい連中だったんだなw

なんだかゴーバスターズと似たような状況になってきた気がします。
あの時ヒロム達はもう両親や研究所の人達を戻せないと知りメサイアごと滅ぼしました。言ってみればアン王女と違いその場で世界の平和を選んだ訳です。助ける方法もなく考える時間も無いが故の判断、さらにはメサイアに利用されるだけの存在となった人達の想いをくんだからこその行動とはいえ彼らは親の生存よりも世界の平和を選んだ。
キュアエースが選ぼうとしているのは恐らくヒロム達と同じ道。しかしマナ達はそれを否定します。ゴーバスターズの世界には奇跡など存在しませんでしたがプリキュアの世界は違う。本来ヒロム達が選びたかった道をマナ達がどのように歩んでくれるのか楽しみです。

Re: タイトルなし

> なんだかゴーバスターズと似たような状況になってきた気がします。
> あの時ヒロム達はもう両親や研究所の人達を戻せないと知りメサイアごと滅ぼしました。言ってみればアン王女と違いその場で世界の平和を選んだ訳です。助ける方法もなく考える時間も無いが故の判断、さらにはメサイアに利用されるだけの存在となった人達の想いをくんだからこその行動とはいえ彼らは親の生存よりも世界の平和を選んだ。
> キュアエースが選ぼうとしているのは恐らくヒロム達と同じ道。しかしマナ達はそれを否定します。ゴーバスターズの世界には奇跡など存在しませんでしたがプリキュアの世界は違う。本来ヒロム達が選びたかった道をマナ達がどのように歩んでくれるのか楽しみです。

ゴーバスは来週には映画があるとはいえ今となればすでに懐かしい。
戦隊は作品にもよるが結構容赦のないオチになることもある。
プリキュアはプリキュアで結構油断ならないけど……

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/3752-e8e8da02

ドキドキ!プリキュア 第46話「エースとレジーナ!誕生の真実!」

最終決戦前は話重くなりがちのプリキュアシリーズ、ドキプリも例外なく重かったですね。 前回予告でほぼ今回の内容は読めちゃったわけですが、トランプ王国自滅物語って感じだったなあ イソップ物語のような、なんとも言えないやりきれなさが漂いました。 そんな中で、幼い頃のレジーナと王女のシーンは一服の清涼剤。可愛かったあ(≧▽≦) 浄化後、国王はまんま戻るとして、レジーナ、あぐりん、アイちゃ...

ドキドキ!プリキュア 第46話「エースとレジーナ!誕生の真実!」

身内への愛と世間への愛と。 話としては良いことを言ってる筈なんだがな。

ドキドキ! プリキュア 第46話「エースとレジーナ!誕生の真実!」