2013年まとめ

とりあえず挨拶から先に……

閲覧者の皆さま、今年もこのブログに
足を運んで頂きどうもありがとうございました。
今年も後わずかですが良いお年を。


今年一番おもしろかった作品といえば、
ついにザッハド編が完結したされど罪人は竜と踊るですね。
パンハイマ、アンヘリオ、ロレンゾ、カジフチ、そして殺人王ザッハド。
あの圧倒的な狂気と暴力を備えた
個性豊かすぎるキャラクター達の織り成す、
破壊と殺戮、謀略と奸計、妄念と純愛のストーリーが溜まりません。
年末にもう一冊出たけどこちらは過去の再録なので
今後も一年一冊のペースは続くんだろうね。
それですらありがたいと思えるぐらいおもしろいですが。
年末の短編集もモルディーン十二翼将が
集結する話が入っていてめっちゃ滾りましたね。

本年度も新規開拓をかなり進めました。
アニメが始まる少し前から原作を読んだ
ささみさん@がんばらないが意外な掘り出し物でした。
顕在化するのは主に5巻以降だが、鎖々美とかがみと情雨の
三角関係めいた百合アトモスフィアがたまらんかったよ。
5巻以降は各巻ごとに感想書いています。

推理小説は三津谷信三の厭魅の如き憑くものから始まる
刀城言耶シリーズがおもしろかった。
いい具合に最新刊が出るところで一気読みできたのは運が良かった。

わりと前の作品ですが戦う司書シリーズもおもしろかった。
現在は六花の勇者が刊行中ですが、そちらも新刊が出る度に読んでいます。

物理書籍版を集めているニンジャスレイヤー
第2部のキョート編に入ってぐっと面白くなりました。
やはりヤモトにザクロ、ガンドー、シルバーキーといった仲間に、
ダークニンジャ、ジェノサイド、
フォレスト・サワタリ、デスドレインら複数話に登場するライバル、
強敵揃いの大幹部であるザイバツグランドマスターなど
レギュラー陣が増えたのが大きい。

キューティクル探偵因幡、我間乱、嘘喰い、ねじまきカギュー、
帝一の國、サムライソルジャー
とかは
前々から読んでいたけど今回改めて単行本を一気に買い集めました。
特に嘘喰いのバトルシップ編のトリックには驚かされたし、
新章のプロトポロス編も毎週楽しみにしています。
黒子のバスケはキセキとの直接対決や過去編がおもしろく
ベッドの近くの本棚にあることもあり何度か読み返していたw

ゲームでは去年からやっていた第2次スーパーロボット大戦OGを皮切りに
テイルズオブヴェスペリア、エクシリア、グレイセスF
PS3のテイルズシリーズを一気にプレイし、
セブンスドラゴン2020Ⅱ、Fate/EXTRA CCC、
サモンナイト5、真・北斗無双、魔装機神Ⅲ
をやり、
今はニンテンドー3DSも買ってスーパーロボット大戦UXをやっていますね。
年末年始はこれで凌ぎます。
しかしすっかりゲームの周回プレイができなくなっていますね……
同じストーリーをやるのが億劫ってのもあるけど、
やっぱり一周やってしまうとシステムそのものに飽きてしまうのが大きい。

それでも後半は娯楽のストックが尽き気味でしたが
友人の勧めでTRPGなんか始めてみました。
主にやってるのはダブルクロスとアルシャードセイヴァーですね。
リプレイも結構読みましたが緋蜂紅さんが天然かわいいですね。
後はクレオパトラ・ダンディとかナチ・マスカラスがおもしろかった。

星海社のHPで連載しているレッドドラゴン
虚淵玄さんの婁震戒のぶっ飛んだキャラと行動に惚れ惚れしました。
最近の虚淵さんはダークさが足りないと思っている方は是非……
と言っても今は後半部分はほとんど読めなくなってるけどw

新旧合わせてかくも多くのおもしろい作品を
収集できた今年はかなりの豊作だったと言えるでしょう。
来年は戦国BASARA4、相州戦神館學園八命陣、
そして第3次スーパーロボット大戦 時獄篇など
初っ端から傑作のラッシュが続いてむしろ早く時よ過ぎろ!てな心境である。


面白かったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/3746-18b97483

FC2Ad