キルラキル 第6話「気分次第で責めないで」

反制服ゲリラって反政府ゲリラと掛けてたんかいw


天眼通とかやっぱテロップがあると分かりやすくていいですね。
三ツ星極制服の戦闘形態は殆どロボだな。
レンコン型のロケットランチャーみたいなところから竹刀を抜く機構がいいですね。

今回、戦維喪失がまるで技名みたいに叫ばれていたな。

四天王の一人、猿投山渦。
流子との緒戦では破片になった鮮血に目を塞がれて敗退するが、
目を縫うことで心眼通を会得する。
早くも四天王の一人を倒しちゃってどうなるのかと思ったが
よもや敵側が覚悟を決めてパワーアップする展開とはね。


面白かったらクリックお願いします

にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/3691-35b518df

キルラキル「第6話 気分次第で責めないで」/ブログのエントリ

キルラキル「第6話 気分次第で責めないで」に関するブログのエントリページです。

キルラキル 第6話「気分次第で責めないで」

本能寺学園四天王の猿投山渦が流子に挑戦してくる。 あらゆる動きを見切る天眼通に苦戦するが、鮮血の一部で目隠しして、辛くも勝利する流子。 しかし、猿投山は覚悟を改めて再び挑んでくるが…。 四天王側の方が敗北からのリベンジという展開! 猿投山は敵にしておくのが惜しいキャラですね。  

FC2Ad