FC2ブログ

ニンジャスレイヤー グラマラス・キラーズ 第1話 続き

Pixivで掲載されていた頃は途中までしか載っていなかったけど
今回グラマラス・キラーズ第1話がツイッターで全話配信されたので観ました。
まとめはこちら

以下書籍版6巻・ゲイシャ危機一髪!までのネタバレ含む。


画像が小さいのでふきだしの台詞に読みづらい文字が結構ある。
まぁ単行本が出たら買いますけどね。
ニコニコ動画なども基本的にはコメントを切って見る私も
ニンジャスレイヤー関連は実況付きで見ることもある。
ヘッズのニンジャスレイヤー愛が激しくて見ていて楽しいです。

前半まではドラゴン・センセイとかユカノとか出てきて
グラマラス・キラーズらしからぬ、
まるで普通のニンジャスレイヤーのような展開でしたが
後半から序章と同じくグッドルッキング乱舞に戻ります。

「貴様との戦いを想像するだけで体が熱くなった」
「しっかりとオレを見ろ!」


ダークニンジャ=サンの性格が原作とは大分違って
強者との戦いを心から楽しみ、フジキドに強く執着しているという
表紙のカラーイラストから想像できる、
ある意味本作のコンセプトに合致したキャラクターになっている。

まぁドラマCDで速水奨さんのボイスが付いたことでだいぶ改善されたけど
初登場時はただ強いだけであまり面白味のないニンジャって立ち位置だったからなぁ。

しかしこれでクライ・ハヴォック~~が漫画化されると
ビヨン→フジオ→フジキドの図式が成立してしまうな。
フジキドに執着するフジオに嫉妬の炎を燃やすビヨン。

原作だとフジキド敗北後にドラゴン・センセイが出て来るんだけど、
そこは先送りにして(まさかカットということはw)
最初誰だか本気でわからなかったグッドルッキングナラク登場。
フジキドにやたらべたべたと抱き着いてきます。

フジキドがマルノウチ・スゴイタカイビルでの惨劇を思い出すところで終わっているけど、
大分原作と流れが違うのでこの後どういう風に話を纏めるのか気になりますね。
なんかナラクが早く出て来たことで
ドラゴン・センセイが出てくるタイミングを逸してしまったようなw

次回は過去回想ですかね。
マルノウチ抗争ということで
グッドルッキングなザイバツ・ニンジャが出てきたりしないだろうか。
少女漫画版の安倍晴明みたいに耽美的なパーガトリー=サンとか。
ああ、モスキート=サンはグッドルッキングじゃなくていいです。



面白かったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/3627-b365b4ee