真・北斗無双

マッチョと男性声優とバイオレンスを求めていたので
それに合致するゲームとして選んだ。
まぁ最大の切っ掛けは北斗西斗さまの感想記事を読んだからなんですがね。

以下ネタバレ


難易度やさしいでも結構難しかったなー。
守備隊長を含む敵ボスのガードが固く、
中々ダメージを与えられない上、こちらが喰らうダメージも結構でかい。
ガードなり回避なりでダメージを受けなくする手段は幾つかあるんですが、
逆に喰らってしまうと追い込まれてしまうのよね。
まぁ最終的にはクリアできたのでちょうどいい難易度と言えるのかもしれないけど。
やっぱ難しいと感じた最大の理由は……

ジャギが強い。
慣れてない序盤と言うこともあって伝説編で戦った時はもう何回も殺されたわw
何でジャギがこんなに強いんだよw

伝説編はユダの副官とかチョイ役はモブキャラで代用しているけど
かなり細かいところまで原作再現しているのでは。
まぁ私も原作は大昔にばーっと読んだだけであんまり覚えていないんですがね。
むしろ知らない分結構純粋にストーリーを愉しめた。

とりあえず思ったのは、ジュウケイひでぇな……
こいつがカイオウに八百長試合を強要したのが悲劇の発端じゃねぇか。
後シャチの献身ぶりがすごいわ。

原作最終章に当たるボルゲ編で、記憶を失ったケンシロウが
精神世界で自分自身と戦い、過去の強敵たちを回想しつつ
記憶を取り戻すと言うシーンが追加されていた。



伝説編クリア後はオリジナルストーリーである幻闘編をやっています。

オリジナルと言っても原作より前の時代を描いた、
原作を補完するようなエピソードが多いですね。
ゲームである以上、練習試合で大量虐殺したり、
バットでレイやユダに勝ったりするけどw

何かもうカイオウ、ラオウの強さが圧倒的。
この二人を使うだけで難易度が一つ下がったように思える。
他のキャラでやれば割とタフな守備隊長も呆気なく葬ることが出来る。
巨体だからと言って格別鈍重ということもなく、
巨体から繰り出す剛拳のエフェクトは迫力満点。
このゲームを始めた動機と最も合致するキャラ達です。

伝説編で散々苦しめられたジャギは自分で操作するとそんなに強いとは思えなかった。
ジャギでケンシロウ、トキ、ラオウの三人を連破せよと言う無茶なシナリオがあり、
伝説編の恨みを張らされるかのごとくケンシロウに何回もやられました。
その後のトキ、ラオウは意外にあっさり勝てたんだけどね……

ゲームであるが故なんだけどバットがかなり強いので
原作と違って大分足手まとい感が払拭されているw

声優については元のアニメをまともに見ていないということもあって
ほとんど気になりませんでした。
トキ/アミバの関智一さんは両者を上手く演じ分けていたし、
ジャギの高木渉さんはめちゃくちゃはまり役でしたわ。
ジュウザの声はプロフェッサーコブラや
ゲーム版ウルトラマンベリアルを演じた高塚正也さんだったんだけど
今回大分声が高くなってジュウザに合っていた。


何だかんだで簡単操作でドカーンとモヒカンどもを蹴散らすのは快感でした。
まだ幻闘編は途中ですがちまちま進めて行こうかと。



面白かったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


ジャギが強い。>
流石は某裏次元伯爵や帝王も引用した俺の名を言ってみろの使い手w
原作でも不意打ちとはいえケンシロウに傷はつけていますからね。

Re: タイトルなし

> 流石は某裏次元伯爵や帝王も引用した俺の名を言ってみろの使い手w
> 原作でも不意打ちとはいえケンシロウに傷はつけていますからね。

傷をつけたぐらいの事がステータスになっている時点で程度が知れるというものだがw
ゲームでは会話だと原作通りケンシロウが圧倒しているのに
プレイヤーはひいひい言っている状態でしたw

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/3617-c8f25441

FC2Ad