FC2ブログ

Fate/Apocrypha 2巻 黒の輪舞/赤の祭典

以下ネタバレ


読み終わるまで、帯で表紙の右下に隠れている
ジャック・ザ・リッパーに気付かなかったw
まさしくアサシン。

巻頭のカラーページで残るメインキャラ全員のイラストが公開されましたが、
フィオレがかなり私好みのデザインだった!
脚が不自由で車椅子を使っているが、
戦闘時は四本の機械腕を操るというのも良いじゃない。

何故かアストルフォにもスリーサイズが記載されているという……w


1巻では唯一真名が明かされなかった赤のライダーは
アキレウスで確定でした。


ヒロイン十二宮編で登場した時は
「アポクリファのヒロイン?アストルフォじゃないの?」と、
割と本気で思っていたぐらい1巻では影薄かったジャンヌ・ダルクさんも
2巻だとちゃんとヒロインらしい扱いをされています。

月霊髄液を使うエルメロイの“姫君”。
こちらの世界じゃケイネスは女性になっているのか、
それとも血族の別の誰かが当主になったのか。

モードレッド、伝説を聞いてみれば結構な危険人物だよな。
赤のセイバー組は何気に令呪を効果的に使っているのが印象的でした。
何か令呪って上手い具合に使われなかったり
結局消費しきる前にやられちゃったりするばかりって印象なのでw

巨大化するスパルタクス。
ずっと笑っている顔と合わせて益々進撃の巨人だな。

ここで1巻冒頭のモードレッドVSジークフリートに繋がるんだけど
ジークフリートはホムンクルスが竜告令呪(デッドカウント・シェイプシフター)
3回限定、数分限定で変身した姿でした。

フランケンシュタインの娘にスパルタクスとバーサーカーは赤黒ともに脱落。


令呪を使って吸血鬼と化したヴラド3世と融合するダーニック!
出てくるタイミングからして完全に噛ませになりそうだなぁと
思ったけど実際その通りになった。似たような展開を今年見たことあるし。

“この魂に憐れみを(キリエ・エレイソン)”

Fateの桜ルートでの言峰神父の見せ場である洗礼詠唱。
今では発剄や麻婆豆腐の方が必殺技扱いされている気もする。

シロウ・コトミネの正体とは
第三次聖杯戦争でルーラーのサーヴァントだった
天草四郎時貞だった。

うわー、これは見事に騙されたわ。
サーヴァントなら、セミラミスが一目置いていたことも、
一流の魔術師たちをあっさりと籠絡できたことも説明がつく。
聖堂教会と史実のキリスト教関係者のサーヴァントを
上手い形でからめて来たな。

弾圧された民を救おうとして反乱を起こしたが、
結果権力者を怒らせより激しい弾圧を生んでしまったって
まさに天草四郎の辿った歴史そのものだよな。


面白かったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント


フランちゃんが逝ってしまうとは。あっさりすぎてまだ何かあるんじゃないかと思ってしまう。
ヴラドさんはある意味予想通りと言うか、まあ、ランサーだしね……。カルナさんはランチャーだから大丈夫。
モードレッドが真っ当に最優のサーヴァント・セイバーとして圧倒的な強さを見せていたのが逆に違和感を覚えてしまった。令呪の効果的な使いかたといい、型月作品では正しいことが逆におかしく感じるという風潮。
ちなみにイラストで一番惚れたのはアタランテでした。

Re: タイトルなし

> フランちゃんが逝ってしまうとは。あっさりすぎてまだ何かあるんじゃないかと思ってしまう。

最終決戦で、ジークに宿った電気がフランケンの形を取って後押しするみたいなのがあるんですかね。


> ヴラドさんはある意味予想通りと言うか、まあ、ランサーだしね……。カルナさんはランチャーだから大丈夫。

うわぁ、ランサーのクラス自体が主従の決裂を招く呪いかよw
エリザベートのように逆にサーヴァント側から裏切るパターンもあるが、
どちらにしろ決裂することは変わらんか。


> モードレッドが真っ当に最優のサーヴァント・セイバーとして圧倒的な強さを見せていたのが逆に違和感を覚えてしまった。令呪の効果的な使いかたといい、型月作品では正しいことが逆におかしく感じるという風潮。

モードレッドなんて有名じゃないからそんなに強くないって印象あったけど
実際アーサー王伝説におけるラスボス的存在だから強くて当然ではあるなぁ。

やっぱ令呪は何か効果的に使われてないってイメージがありますねw
それだけ3回(根源到達が目的なら実質2回)限定の
切り札の使いどころの難しさを表しているとも取れるが。


> ちなみにイラストで一番惚れたのはアタランテでした。

デザインと緑と黄を基調としたカラーリングがいい感じでしたな。
これまでは過去等についてあまり触れられなかったので地味なイメージだったが、
それだけに今後の活躍が期待できるかな?

私は非常に鬱です・・・黒のバーサーカー陣営大好きだったので・・・こんなにもはやく、呆気なく終わるなんて予想してませんでした・・・カウレスのやりきれなさが・・・他は文句なしでした。シロウの正体は誰もが予想できなかったと思います。エルメロイの“姫君”は恐らく、ウェイバーが立て直したアーチボルト家の末席の少女じゃないでしょうか?ウェイバーにロード・エルメロイの名前を与えたのは彼女ですし、確かあの水銀はウェイバーが改良してましたし・・・

Re: タイトルなし

> 私は非常に鬱です・・・黒のバーサーカー陣営大好きだったので・・・こんなにもはやく、呆気なく終わるなんて予想してませんでした・・・カウレスのやりきれなさが・・・他は文句なしでした。シロウの正体は誰もが予想できなかったと思います。エルメロイの“姫君”は恐らく、ウェイバーが立て直したアーチボルト家の末席の少女じゃないでしょうか?ウェイバーにロード・エルメロイの名前を与えたのは彼女ですし、確かあの水銀はウェイバーが改良してましたし・・・

第一巻の巻頭ページで紹介されるぐらいだから
結構重要なポジションなのかなーとも思ったんですけどねぇ。
一方でゴルドさんが散々ゴーレムの核にされると言われたのに
結局まだ死んでないのも意外ではあるw

エクストラである意味公式で並行世界が認められただけに全く疑わなかったなぁ。
こちらの世界では言峰の養子になったってのもいかにもありそうだったしw

さすがにそんな後日談的なネタまでは対応しきれねぇw

この作者は虚淵氏以上に楽しく書いているのが本当に伝わってきますねw

シロウの正体はすげぇ得心しちゃいましたよ。
てっきりマーボーの方が父親かと思ってましたがマーボ父リセイ神父が父親だったのも驚き。

でもそれ以上にどちらの言峰が父であれあの衛宮士朗…他者の信念なんか知った事かの「脳筋馬鹿の塊」が平行世界であれ直接どんな薫陶・教育を受けてもこんなスマートな知恵者になるかなぁ?と。

絶対に何重をも策を巡らすような頭の持ち主になるもんかと変な違和感持ったまま読んでいたら日本の救済者の代表例だった事に騙される前に凄く納得してしまいましたw

ついでに(ぉ
赤セイバーコンビがこれぞ聖杯戦争における理想の関係だなぁと楽しく読めてますwモルドレッド単体だけでも他の円卓の騎士同様歪みはあれどその戦場特化にした戦法及び狂気な性格が実に心地いい。

他がどうしようもない聖人で面白みがなかったりしょうもねぇ逆恨み野郎だったりすることもありますがw
少なくとも今出ている円卓関係者では爽快感があって一番好きですね。

Re: タイトルなし

> でもそれ以上にどちらの言峰が父であれあの衛宮士朗…他者の信念なんか知った事かの「脳筋馬鹿の塊」が平行世界であれ直接どんな薫陶・教育を受けてもこんなスマートな知恵者になるかなぁ?と。
>
> 絶対に何重をも策を巡らすような頭の持ち主になるもんかと変な違和感持ったまま読んでいたら日本の救済者の代表例だった事に騙される前に凄く納得してしまいましたw

私はステイナイトやってから大分経っているからなぁ。
主人公だけにどうとでも染まる可能性のあるキャラと言う認識だったわ。


> ついでに(ぉ
> 赤セイバーコンビがこれぞ聖杯戦争における理想の関係だなぁと楽しく読めてますwモルドレッド単体だけでも他の円卓の騎士同様歪みはあれどその戦場特化にした戦法及び狂気な性格が実に心地いい。

確かにこのコンビには勝利に向かって邁進する以外の不安定要素がほぼ無いよね。
不安定要素は時にプラスになったりマイナスになったりしますが……


> 他がどうしようもない聖人で面白みがなかったりしょうもねぇ逆恨み野郎だったりすることもありますがw
> 少なくとも今出ている円卓関係者では爽快感があって一番好きですね。

まぁそれ以外を知りたくばFate/EXTRAをやることだね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/3598-5aeb1746