FC2ブログ

BLASSREITER 第24話「約束の地」

ジョセフ17

オープニングはジョセフメインの総集編みたいな感じでした。
「ザーギン、神の教えは勝ち負けでは無い。
XATは何故壊滅しなければならなかった!
後一体どれだけの命を散らせば、
お前は変わるんだ!」



サーシャ

ヴィクター

「神だというのなら簡単でしょ?」


エレア

エレアに焚き付けられ、ヴィクターはアポカリプスナイツの支援に回る。


ザーギン

ジョセフ

ジョセフとザーギンの凄まじい戦闘
途中で、ジョセフがマレクの色違いになってたが・・・


ジョセフ2

「身分の低い者から高い者に至るまで、皆利を貪り、
預言者から祭司に至るまで、皆欺く。
彼らは、我らが民の破滅を手軽に治療して、
平和が無いのに平和という」


都合の悪い事からは目を背けて平和を演出してるって事なんですかね。
結構食い下がるけどやっぱりジョセフ敗退。


ジョセフ3

ウルトラマン!?

ゲルトとヘルマンが!
唐突な展開すぎてちょっと置いてけぼり食らった気分w

ナノマシンに残った意思が溶け合って、
ジョセフの中に残っているという事なんだろうか


ゲルト

ゲルト2

「俺はこの男に化け物として狩られたんじゃない。
人として、自分が犯した罪を裁くために、
この男、ジョセフに頼んだ」


ようやくヘルマンの誤解が解けたわけですが、
これが現実かどうか定かでないので
あまりしっくりこないのは何故か。
どこかやっつけ感が漂うからだろうかw

「ジョセフは、俺やマレクの罪を一身に背負い、
孤独と差別に耐え、生きてきたんだ」



ジョセフ4

ZZZ・・・・・・

何かもう堂に入った寝入りようです。
最終話まで睡眠主人公なのかw


ヘルマン

「やばくなったらこれを使ってくれ。
チャンプなら乗りこなせる」


666のキー!
ゲルトにチャンプという言葉は特別な響きを持って聴こえる。
ゲルトが最終話でバイクに乗るというのは中々燃えるな。


ゲルト5

ゲルトブラスレイター復活?

ただしカラーリングはジョセフのダークブルー基調
RPGでよくある色変えバージョンですかw

ジョセフは関わりを持った
ブラスレイターの意思と姿と能力をコピーすることが出来る!?
いつの間にジョセフにそんな能力が備わったんですかw


ゲルト6

ゲルト、最後にバイクに乗れてよかったな。
あまりに久々すぎて、
叫んでるゲルトは何かシドウにしか聴こえなかったですw


馬

馬、最後に出番あった!!

ペガサスのようで、それでいて融合体の禍々しさも
残しているかなり良いデザインです。


ザーギン2

やはりザーギンは強い・・・てことでゲルト敗退。
ゲルトからヘルマンにバトンタッチ


ヘルマン2

「いいか!テメェの為じゃないからな!!」


ヘルマン3

「アマンダの為だからな・・・・」

だーかーらー、そういう台詞は本人に言わなきゃ駄目だってば
今時珍しいぐらいテンプレなツンデレ台詞ですな


ヘルマン4

「テメェがザーギンかぁ!!
俺がテメェをベアトリスのところまで
連れて行ってやるぜ―――!!」


三宅健太のシャウトは燃えるぜ!!


ザーギン3


ボウライダー

サーシャ2

「私は地獄の猛火に焼かれても、
償えない罪を犯したの!!
二人が受けた苦しみに比べれば・・・」


ボウライダーも爆発


スケール

メイフォン

「オペレーションガンマ、10カウント!
お爺様、私が止める・・・!」



スケール2

メイフォン、敵本体に体当たりして散華


ヴィクター2

ヴィクターがサーシャの研究に目をつけたのは、
短命で死ぬはずだった孫娘メイフォンの命を救うためだった


ヴィクター3

ヴィクターも同時に機能停止

結局最終話まで生き延びましたね。

ツヴェルフ組はこれで全滅。
ザーギン戦に比べるとやや陰が薄くなってしまった感があるね・・・


ヘルマン5

ヘルマンブラスレイターの仮面が割れた・・・


ヘルマン6

「すまねぇ・・・ここまでだ」


ジョセフ5

ZZZ・・・

ゲルトとヘルマンが戦っている間、
実に気持ちよく熟睡している主人公w


ジョセフ6

「まだわからないのか。
俺はお前の力を凌駕した!」


だから・・・・・・・・・


寝 て た だ け だ ろ !!


2週連続で言うとは思わなかった。
ブラスレイターは寝れば寝るほど強くなるのか!!


ザーギン4

「何!まさかこれが、真のブラスレイター・・・」

ザーギン様もこのあまりに唐突なパワーアップに狼狽しています



ジョセフ7

我を認めよ!!

オール・ハイル・ジョセフ!!
オール・ハイル・ジョセフ!!


デモニアック達をも屈服させる


ザーギン5

「ならば私を倒し、君が事を成せば良かったものを
君にはもう時間が無い。
体内でイシスの活性化が始まったようだな」



ジョセフ8

「弱い者に向けられる力など、真の力では無い!」

ここがザーギンの矛盾ではあるよね。
虐げられた弱い者の為に戦うと言いつつ
結局自分より弱い者=人類を滅ぼそうとしているという・・・


ザーギン6

「ほう、私より強くなった君は、私に力を使わないと・・・
ならば、試させてもらおう」



ザーギン7

「しかし、私に返り血を浴びせるつもりなら無駄だ。
君の血は、私に触れる前に気化してしまう」

「試してみろザーギン」


ジョセフ9

「確かに、力だけが全てでは無い」
「お前は人として、一番大切なものを無くしてしまったんだ」

そう、力がすべてでは無い。
だから、主人公が寝ていただけでパワーアップしていても、
それは作品のテーマにとってはどうでもいい事なのですね(ぉ



ザーギン8

「残念だよジョセフ。それは自ら捨てたものだ」

平行線を辿る二人のやり取りですが、
先週と比べると難解な気がする・・・


ザーギン9

交錯する刀と剣!
しかしザーギンの尾がジョセフを貫いた!
最後は単純な手数の多さが勝敗を分けたか・・・


ジョセフ10

あれ?ジョセフの負け・・・・・・?
凌駕したってのはハッタリだったのか?
まぁ、ブラスレイターなら
こういうエンディングもありだと思うけど・・・・


ジョセフ11

「さようなら、ジョセフ」
「まだわからないのか、俺たちブラスレイターが無くしたものを」


ジョセフ12

「絶望を持って、希望を繋いでいった者達の
真の強さを、お前は解っているはずだ」



ザーギン10

「それを、私に届けに来たと・・・?」
「そうだ!」
「だが残念だったな。私は選ばれし者として事を起こす。
それが神の意志なのだから」



ジョセフ13

「人の子が栄光を受ける時が来た。
はっきり言っておく」


これが最期の台詞・・・多分聖書の引用だと思うんですが・・・
う~ん、わからん。


ジョセフ14

と、ここでイシスの効果発動


ジョセフ15

ジョセフにとっては時間稼ぎだけが目的で、
勝っても負けてもどちらでも良かったのか・・・


ザーギン11

ザーギン12

「そうか、これがイシスの力・・・
私では無かったのか。
事は成し遂げられた」



ジョセフ16

ザーギン、静かに消える・・・

最期まで考えを変えなかったのはラスボスらしくてよろしい。
それでも、結局はイシスという力の前に敗れ去り、
その悲願は潰える事となりました。
しかしそれも、力によって事を成すという彼自身のルールに殉じた結果。
ならば何の悔いも無かったのではなかろうか。

ある意味これが最も彼にふさわしい塵様だったのかもね・・・


恐るべし寝太郎ジョセフ

最終話のほとんどを眠って過ごし、
寝ていただけなのにパワーアップして、
最後は永遠の眠りにつきながら、
ラスボスを消滅させちゃったよ・・・

まさに睡眠こそはジョセフの力。
健康な生活には十分な睡眠が不可欠だという事ですね(ぉ



話は5年後に飛ぶ・・・


アマンダ

XATはアマンダの手で立て直され、
融合体になった人間の保護を目的に動いていた。
アマンダは鬼教官と呼ばれている。


長官

長官の声が立木文彦だw
その声でどんなにいい事話しても胡散臭さを拭えませんw


アマンダ2

エレアはあの後アマンダとコンビを組んだのか。


マレク

19歳になったマレク


マレク2

エレアのコンパチ?マリア
声はベアトリスと同じ大原さやか。


マリア

融合体に対するケアプログラム・・・
という奴で何か死んだ人達がホログラフで大挙登場
これは何なんだ・・・?よーわからんが・・・
ナノマシンにまだ彼らの意思が残っていたのか、
マリアの完全なる創作なのか・・・


ウォルフ

「すまなかったな・・・許してくれ」

説得力ね――――!!!

すごく捏造臭が漂うのは何故でしょうw
後付で強引にフォロー入れたとしか思えないw


スノウ

結局スノウ死んでたの?
それならちゃんと消滅シーンを入れて欲しかったが・・・


う~~ん、かなり難解な最終回でしたね・・・
ゲルト、ヘルマンの復活、
ジョセフとザーギンとの会話、最後のホログラフ・・・
説明不足か、あるいは説明する気が無いのかもしれないが・・・

馬の融合体も出たし、
ゲルトとヘルマンの戦いは何だかんだで良かったし、
ザーギンの静かな消滅もいい感じだった気はする。

ブラスレイターの主人公はゲルト、ヘルマン、ジョセフ。
ならばこの三人で決着をつけるのが最もふさわしい形なのだろうか。


<総評>

途中から見始めたんですが、
1話1話の密度がやたらと濃かった気がします。

この作品で秀逸だったのは、
何と言ってもキャラクターの死亡シーン。

これについてはどれも熱かったですね。
特にゲルト、ヘルマン、アル、ブラッド、シドウ・・・

アルは、一度死んでまた蘇ったとか下手すると萎えかねない展開でしたが、
あの潔い死に様でそれも帳消しになった気がします。

そして、彼らの死が、残された人々に、
戦う為の強い動機とキャラとしての深みを与えていくという、
理想的なサイクルになっていたと思います。

登場人物の命を断つことで、
キャラを活かしていった作品といえるでしょう。


ザーギン、ベアトリス、ウォルフなど、
ちゃんと強者が強者として描かれているのもよし。
序盤の頃は到底敵わないような強さとカリスマ性を放っておりました。

また、差別や虐めなど、
醜いものを醜く描くのも今期では随一だったと思います。
マレクやジョセフを虐めていたクソガキとかね。
奴らが死んだ時はほんとスカッとしましたよ。

CG戦闘、言葉では伝えにくいですが大変よかったです。
デモニアック達が個性的な分、マクロスより好みでした。

やはりXATにまつわるエピソードが熱くてよかったですね。

ハードな世界観でハードな物語を描ききった良作だと思います。



面白かったらクリックお願いします

にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト



コメント


No title

エレアさんがちょっと心配げにしてるところが良かったですw(毎回これか・・・)
ゲルトさん達が!!よく分かりませんがウルトラマンでもこういうのあったんですね。あとやっとヘルマンさんにジョセフさんがゲルトさん殺した理由言えましたね。
ZZZ・・・って入れられるとギャグに見えてしまうwほんとは生死をさまよってるんですけどねw
ゲルトさん復活!!しかも666で爆走!!馬も出番あったしバトルも良かった!!
ヘルマンさんツンデレですねw結局本人には言わず仕舞い。こういうツンデレの常套句は軽く安く扱われるとイラッとするけどヘルマンさんのは重みがあって良いです。
三宅さんシャウトは燃えますね!!
メイフォンさんはクローンだったんですかね。
ヴィクターさん、神と言いつつグレイスさんの足元にも及ばない!!
ジョセフさん寝たらパワーアップ!!・・・う~ん・・・きっとみんなの力が集まって的な・・・そういう・・・う~ん・・・。
ジョセフさんのパワーアップに戸惑うザーギンさん。唐突というかあまりに理不尽なパワーアップ・・・。
ジョセフさんの最後のセリフは聖書の引用でしょうね。そのあとのザーギンさんのそのあとの言葉がその続きかも。
ときどき敵側を応援することありますけどこれもザーギン様を結構応援しましたね。マクロスはグレイスさんのキャラとか良かったんで「アルト堕ちろー!!ランカ、シェリル歌うなー!!」とか思いましたw
アマンダさん立派になりましたね。イシスプログラムどうしたんだろう。
ケアプログラムでキャラがみんな出ましたね。人生相談でもするんだろうか。でも改造しただけの人たちも混じってますけどね。
ウォルフ隊長・・・w腕組みでメンチ切ってるようにしか見えないwまぁきっとこれもツンデレですw
スノウさん死んだのか?年齢とかその辺でマレクさんとの組み合わせがよさそうだと思ってたんだけど。
総評自分もおんなじ感じです。いろいろすごかった・・・。
ブラスレイター今までありがとう!!それでは!!

kurukuruさんコメントありがとうございます。

>エレアさんがちょっと心配げにしてるところが良かったですw(毎回これか・・・)

まぁ最後なので存分に堪能するがよろしい。


>ゲルトさん達が!!よく分かりませんがウルトラマンでもこういうのあったんですね。あとやっとヘルマンさんにジョセフさんがゲルトさん殺した理由言えましたね。

あの赤い空間がウルトラマンぽかったですw
ずっと誤解しっ放しでしたからね・・・
話そうにも、ジョセフは暴走してるか寝てるだけだったし・・・


>ZZZ・・・って入れられるとギャグに見えてしまうwほんとは生死をさまよってるんですけどねw

うん。この辺りはネタにしようと決めましたw


>ゲルトさん復活!!しかも666で爆走!!馬も出番あったしバトルも良かった!!

ゲルトにバイク、ザーギンに馬。
この圧倒的なバトルの前では復活した理由なんかどうでもよくなってきますw


>ヘルマンさんツンデレですねw結局本人には言わず仕舞い。こういうツンデレの常套句は軽く安く扱われるとイラッとするけどヘルマンさんのは重みがあって良いです。
三宅さんシャウトは燃えますね!!

この重みがブラスレイターキャラの魅力ですね。
三宅健太声のお陰でぐいぐい好きになっていったキャラでしたよ。


>メイフォンさんはクローンだったんですかね。
ヴィクターさん、神と言いつつグレイスさんの足元にも及ばない!!

まぁ、孫娘への愛情を残していた時点で
神ではなくただの人間だったのでしょう・・・


>ジョセフさん寝たらパワーアップ!!・・・う~ん・・・きっとみんなの力が集まって的な・・・そういう・・・う~ん・・・。
ジョセフさんのパワーアップに戸惑うザーギンさん。唐突というかあまりに理不尽なパワーアップ・・・。

作中の説明が無い以上、どうとでも解釈して構わないって事だと思いますw
ザーギンも、睡眠が頂点に昇る鍵だとは
予想だにしなかったでしょう。


>ジョセフさんの最後のセリフは聖書の引用でしょうね。そのあとのザーギンさんのそのあとの言葉がその続きかも。
ときどき敵側を応援することありますけどこれもザーギン様を結構応援しましたね。マクロスはグレイスさんのキャラとか良かったんで「アルト堕ちろー!!ランカ、シェリル歌うなー!!」とか思いましたw

うん、私もそんな事ありますね。
まぁ、散り様も悪の美学だと心得ておりますが・・・


>アマンダさん立派になりましたね。イシスプログラムどうしたんだろう。

あまり広範囲には広がらなかったんでしょう。


>ケアプログラムでキャラがみんな出ましたね。人生相談でもするんだろうか。でも改造しただけの人たちも混じってますけどね。

一番謎だったシーンな気もしますw


>ウォルフ隊長・・・w腕組みでメンチ切ってるようにしか見えないwまぁきっとこれもツンデレですw

あんだけ外道だった隊長が、
すっかりマダオ並みの萌えキャラに・・・(ぉ


>スノウさん死んだのか?年齢とかその辺でマレクさんとの組み合わせがよさそうだと思ってたんだけど。
総評自分もおんなじ感じです。いろいろすごかった・・・。
ブラスレイター今までありがとう!!それでは!!

何というか、本当の意味で心を打つ物語だったと思います。途中からでも見てよかった。
では~~

No title

初見はあまりのトンデモぶりに終始大笑いしながらの視聴だったんですが、
2回目観るとバトルシーンの気合の入り具合には拳を握りました。

ジョセフ、ゲルト、ヘルマンの最後の晴れ姿に胸が熱くなりました。ザーギンも最後まで格好良い敵役だったし、馬も活躍したしでウマーでしたし、本当1度目には気づかなかった良さが発見できてよかったです。

でも最後の隊長でやっぱりふいてしまうんですが~

そしてベスト声優賞を選ぶなら私はダントツで、三宅健太さんですね。
「ゲルトオオオオオ!!!」
を始めとする熱い叫ぶの数々がいまだ耳から離れません。
ヘルマン、未熟さが目立つ大人になりきれない男でしたが、良いキャラでした。
マレクに「良いアニキ」として認められたのが救いになって嬉しかったです。

いろいろと愛着のある作品になりました。DVDも金が続く限り買うつもりです~

追加で

あと藍三郎さん同様、私もこのアニメの死亡エピソードが秀逸だと思いました。
特にゲルト退場の6話とXAT壊滅の12話が自分的に神。
19話のアルの最期も感動しました。

関係ないですが、一つ上のコメントを投稿する時にずっとNGワード規制がかかってて投稿失敗してたんで、どうしたことか???と30分くらい頭をかかえていたんですが、
「ジョセフ」+「ブラスレイタ」ーの「ブラス」の部分を外した言葉「ジョ●●●イター」の「●●●」のとこが公序良俗に反する表現になってたようですw
本当厳しいですね~

フジリョウさんコメントありがとうございます。

>初見はあまりのトンデモぶりに終始大笑いしながらの視聴だったんですが、
2回目観るとバトルシーンの気合の入り具合には拳を握りました。
ジョセフ、ゲルト、ヘルマンの最後の晴れ姿に胸が熱くなりました。ザーギンも最後まで格好良い敵役だったし、馬も活躍したしでウマーでしたし、本当1度目には気づかなかった良さが発見できてよかったです。

馬最後に出番があってよかったですねw
唐突過ぎる感は否めませんけど、主人公三人の
共演はそれを吹き飛ばすパワーはあったかな。


>でも最後の隊長でやっぱりふいてしまうんですが~

あそこで隊長は無いよなぁ、とw
色々と台無しです。


>そしてベスト声優賞を選ぶなら私はダントツで、三宅健太さんですね。
「ゲルトオオオオオ!!!」
を始めとする熱い叫ぶの数々がいまだ耳から離れません。
ヘルマン、未熟さが目立つ大人になりきれない男でしたが、良いキャラでした。
マレクに「良いアニキ」として認められたのが救いになって嬉しかったです。

あ~私も三宅健太さんです。
というかボウケンジャーやってた頃から好きなので
そのシャウトを存分に堪能できてよかった。
ホント、「ゲルトォォォォォォ!!」は
ヘルマンの代名詞でありブラスレイター一の名言ですねw


>あと藍三郎さん同様、私もこのアニメの死亡エピソードが秀逸だと思いました。
特にゲルト退場の6話とXAT壊滅の12話が自分的に神。
19話のアルの最期も感動しました。

私も似たようなものですかね。
XAT壊滅の時の畳み掛けるような主要キャラ死亡は凄かったです。


>関係ないですが、一つ上のコメントを投稿する時にずっとNGワード規制がかかってて投稿失敗してたんで、どうしたことか???と30分くらい頭をかかえていたんですが、
「ジョセフ」+「ブラスレイタ」ーの「ブラス」の部分を外した言葉「ジョ●●●イター」の「●●●」のとこが公序良俗に反する表現になってたようですw
本当厳しいですね~

なんじゃそりゃあ~~~~www
まぁ、機械で判断しているんだから文脈とか一切関係ないんでしょうけど・・・


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/353-f708994e

今週の一本(2008/9/21~9/27)―『ブラスレイター』第24話

『オープニングの画が変わったぞ。 なるほど、ジョセフが絡んだ出来事(ジョセフの想い)を駆け足で見せてくれているんだな。 これは、本編でジョセフの想いが爆発する熱い展開になるに違いない。 あれ? マレクが666に乗ってる? あれ? ゲルトの「栄光」シーンだ? ジ

『BLASSREITER』#24「約束の地」(最終回)

「さぁ、我々は主のもとへ帰ろう」 とうとうブラスレイターも最終回!! OPが融合体と化した人たちで埋め尽くされてて…良かったですね...

■BLASSREITER【#24】約束の地

BLASSREITER(ブラスレイター)#24の視聴感想です。 圧倒的力。 復活の魂。 真の覚醒。 刻まれた絆。 どんなに過酷でも生き抜いてみせる! ↑さぁポチッとな

「BLASSREITER」第24話(終)

第24話「約束の地」(終)すべての融合体に終末を迎えさせるナノマシン、イシスが完成した。サーシャがつくった切り札を手に、ジョセフはザーギンと最期の戦いに臨む。その頃、ドイツ上級には、各国政府が投入した新型ミサイル”ICBM”が迫っていた・・・。「俺は、...

アニメ「BLASSREITER(ブラスレイター)」 第24(最終)話 約束の地

生きる意味。 「BLASSREITER(ブラスレイター)」第24話のあらすじと感想です。 例えどんなに過酷な世界でも。 (あらすじ) ジョセフとザー...

ブラスレイター・第24話

「約束の地」 見守ってくれる人がいるなら…ザーギンとの決着をつけるため、目を覚ましたジョセフ。そして、ドイツを守るため、全てをなげ...

BLASSREITER ブラスレイター 第24話(最終回)「約束の場所」 感想。

ゲルトオオオオオオオオオオオオオオオ!

BLASSREITER ブラスレイター 第24話 「約束の地」 感想

ジョセフは例によって、最終回だというのにもっぱら寝ていました。主人公が寝ている間に物語が進行する、睡眠主人公という新ジャンルがこ...

ブラスレイター 24話(終)

AT-Xの最終回放送が待ちきれなくて、クラビット・アリーナで一日早く観ましたが……。感想を一言で表すと。(爆)としか言えない予想の斜め上を行く超展開ぶりでした。この(爆)って表現好きじゃなくて今まで使ったことなかったんですが、なんでしょう?これ以上ピッタリ...