FC2ブログ

我間乱 感想

ついこの間最終話を迎えたこの漫画ですが
何かバトル漫画を読みたかったこともあり既刊21巻まで集めました。


噛ませ犬たちの瞬殺っぷりに定評のある漫画。
まぁ真剣で斬り合っているんだから
一撃で勝負がつくのはある意味当然なんですけどw
この漫画はそんな一撃でやられる雑魚達にもフルネームや
武器の名前まで設定されていることがあり作者のこだわりが感じられます。

ベストオブ噛ませ犬はやはり四神槍の神野一翁ですかね。
前の二人とも個性豊かな強者だった
四神槍の三人目として風格たっぷりに出て来たはいいが、
伊織に刀さえ使って貰えず拳で「あびい!」され、
あえなく本作屈指の噛ませ犬へと転落。
結局ぬかるみに足を取られたお陰で助かった陣介戦と同じく
四神槍で唯一の生き残りとなったので、彼の最大の長所はその悪運なのでしょう。

伊織が無宝流の三人に囲まれた時
「こいつら全員四神槍以上の力はあるな」とか言っていたけど
神野はともかく御堂心吾が山下田吾作より下とか普通に嫌なんですけど……

次点は無宝流の丸山三兄弟
見開きで登場し、所持する武器についても名前と
解説が付けられ割と充実した設定を持っていたのに
兄弟二人は真ノ丞に0ページでやられ、長兄も得意の速さで圧倒され
「もう……何が何だか……ワケがわからん!!」と数ページかけて斬られました。
格闘ゲームなどで脱出不可能なコンボを決められた時に言いたくなる台詞です。

後、二階堂美作の連れで伊織の登場シーンと
同時に逆さになって「アベ……」と呟いて
死んでいた人も結構おもろかったです。

変態キャラも大勢いますがやはりその代表格と言えば松本無楽
鎖鎌といい技の名前といい蛇をイメージさせるキャラですが
求愛する相手が「ガマ」だから蛇になったのか?w
愛した武芸者(オトコ)から奪った髪だけで造った髪帷子は
変態性と実用性を両立させたナイス防具だと思います。

無楽「さぁ我間くん、もうすぐ君もこの髪帷子の一部となるのだよ」

刀で斬られて血がドバーッと出るのはOKでも
分銅で頭をかち割られたら海苔を貼らないといけないらしい。
せっかく生き残った鼻のでかい人、無楽さんの髪帷子を見て
「この男どうかしている」
実に真っ当な突っ込みを入れたせいで殺されてしまった。
剣の世界では突っ込みも命懸けです。

大亀流VS明神流でたまたま最後に残った者同士というだけで
大した因縁も無い様に思われた大宮万里がまさか
真ノ丞と三回も戦い、彼の最後の対戦相手になるとは完全に予想外でした。
まぁこれで万里さんまで噛ませになっちゃったら明神流、
ひいては槍使い全体がかわいそうなことになるのでこれで良かったと思いますよ。

大亀流の皆さんやその他の達人たちは生粋の剣バカだからいいとして、
新に引っ張られる形で参戦した中泉流の弟子達は
少数で一藩の兵力に戦いを挑むことの無謀さに疑問を抱かなかったのだろうか。
あんなに堂々と謀反を起こしているんだから
まずは幕府に知らせるのが一般的な思考じゃないかなぁ……?
結局土龍さんにまとめて殺されてしまったが、
彼らは新にどう言いくるめられてこの戦いに参戦したのだろうか。

我間の監視役として最初期から登場していた宮藤四門は
実は鬼崎玄斎の弟子であり、最後の方で
ようやくまともに戦う機会が巡ってきました。
結局これが最初で最後のまともな戦いになったわけだが……


伊織無双

主人公の直接の師匠で大亀流最強の男だけど
この人は最後の最後までそのポジションを崩さなかったのは何気にすごい。
中盤で本当に無双やっちゃうしw

初登場時から圧倒的な強さを見せつけ、
神野一翁や無宝流の人たちを次々に瞬殺、
一年間の修業を経てさらに強くなり、
直属兵団や参謀相手でも割と楽勝で、
そのまま我間を差し置いてラスボス陣介に挑み、
彼の最後の対戦相手を務めた。

「一人で敵陣に乗り込む」「主人公より前にラスボスに挑む」
他の漫画なら間違いなく死亡フラグになる展開も
その豪快なノリで踏み越えて、最終話でもきっちり生存した。
聖闘士星矢で言うなら黄金聖闘士がそのままラスボスと戦って
青銅の出る幕無いまま話が終わったみたいな感じですよ。

主人公格それぞれの最後の対戦相手は

黒鉄我間:伊藤乱丸
一ノ瀬善丸:九条麻里央
桜真ノ丞:大宮万里
千石伊織:黒鉄陣介


となり、善丸は可偉で真ノ丞は九条さんだと思っていたので
ラストの展開と合わせて結構意外でしたね。

伊織「洗濯の修行をしても……洗濯が上手くなるだけだぜ」

マスター・シャーフーの「暮らしの中に修行あり」を全否定するかのような台詞……w

単行本では巻末に作者によるキャラ語り
「敗北者列伝」「大亀流列伝」なるコーナーがあります。
これを見るとるろうに剣心を思い出すのだが奇しくも双方共に剣豪漫画ですね。
そういや少年誌で、真剣で本当に命のやり取り
蟻丸さんはダンガンロンパの大神さくらと同じく女性だそうです。
マガジンの女キャラで一番好きな女キャラと聞かれて
即座に千花さんと答えた女性新人漫画家さんがいるらしい。

22巻が出たらまた何か書くかもしれません。



面白かったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント


最近何故かマイブームに

続編の伊織主人公の我間乱・修羅がマガポケで読めるのでマイブームになりつつありその流れで前作のこちらも。

連載当時も読んでた記憶はありましたが今ほどハマってはいませんでしたねw

>松本無楽

ただ藍三郎さんがこのキャラクターに多大な影響を受けていたのはハッキリと覚えています。ダブルクロスの記事より。
ちょうど無料チケットの方で我間との最終決着を見届けたばかり。
当時の記憶を呼び起こしながら読んでました。
髪帷子はハッキリと覚えていましたね。

修羅の方を読み進めていくうちに前の時系列である
こちらと読み返すと結構思う所があったりします。
今となっては伊織と我間の実力差逆転していないかな?とか。

最新の伊織戦とかを読んでしまうと前作主人公の我間の進化のスピード
主人公補正あるとはいえ陣介に勝てた可能性あったのが我間の方だったりとか。
当時は自分も伊織が陣介とのラストバトルの相手で良かったとは思っていたんですがね。

Re: 最近何故かマイブームに

> 続編の伊織主人公の我間乱・修羅がマガポケで読めるのでマイブームになりつつありその流れで前作のこちらも。
>
> 連載当時も読んでた記憶はありましたが今ほどハマってはいませんでしたねw

お久しぶりです~我間乱面白いですよねー。
キャラが出そろいそれぞれに因縁が見えてくる後半戦は面白く、
坂道を転がり落ちるように単行本集めてましたw



> ただ藍三郎さんがこのキャラクターに多大な影響を受けていたのはハッキリと覚えています。ダブルクロスの記事より。
> ちょうど無料チケットの方で我間との最終決着を見届けたばかり。
> 当時の記憶を呼び起こしながら読んでました。
> 髪帷子はハッキリと覚えていましたね。

鎖鎌と言えばるろ剣の赤松有人ぐらいだったので
鎖鎌使いであれだけ強くかつキャラが立ったヤツは
初めてだったので印象に残りましたね。
鎖鎌は鎌よりも分銅で脳天かち割る方がメインだったんだなともw


> 修羅の方を読み進めていくうちに前の時系列である
> こちらと読み返すと結構思う所があったりします。
> 今となっては伊織と我間の実力差逆転していないかな?とか。
>
> 最新の伊織戦とかを読んでしまうと前作主人公の我間の進化のスピード
> 主人公補正あるとはいえ陣介に勝てた可能性あったのが我間の方だったりとか。
> 当時は自分も伊織が陣介とのラストバトルの相手で良かったとは思っていたんですがね。

我間は無印連載当時まだ十代だし血筋も相まって
伸びしろはめちゃくちゃあるでしょうね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/3518-f5c86b6f