FC2ブログ

刀語 第12話「炎刀・銃」

以前書いた感想はこちら

再放送ながら今期放送アニメの中じゃ一番楽しんで観ていました。
毎週一時間という濃密な内容に加え、
一ヶ月に一回放送していた時と比べるとやはり興味が持続したからかな。


最初に見たときは気付かなかったけど死に際のとがめと七花のやり取りの前半部分って
第6話の雪山で遭難しかけた時とほぼ同じだ……w

「戦う理由を探すぐらいならそもそも戦わなければいい」

これも実は真庭喰鮫が前に言った台詞でした。

何か家鳴将軍と十一人衆は完全な無駄死にで今回一番可哀想なのはこいつらだよな。
十一人衆の中には江口拓也さんや早見沙織さんもいました。

てか将軍様、否定姫との会話からとがめが反逆者の娘だということすら知らなかったみたいで、
とがめ抹殺は七花を復讐に駆り立てるために否定姫が独断でやったことなのか?
ますます救いようがないなw

右衛門左衛門、普通に虚刀流と近接戦で
ギリギリの勝負ができるぐらいには強かったんだな。
鳳凰様も同等の実力ってことは、毒刀・鍍で四季崎に乗っ取られた時は
大きく弱体化していたってことか。
まぁ幾ら未来の剣術でも所詮は刀鍛冶だしなぁ。

再放送ということでOPとEDも変わっていた。
いや曲自体はかなり良かったんだけど、保存用と言うことを考えると
前のOPや毎週変わるEDも残しときたかったなぁとちょっと思ったり。


本放送時は原作の方は講談社BOXで高いし文庫化してからにしようかなと思っていたけど
あれから今日に至っても尚文庫化の動きは無いので
そろそろ観念して古本屋使って集めようかなぁとちょっと思う程度には欲しくなってきている。

本作に興味は持ったけど1100円×12は高い!と言う方は
本作のスピンオフである「真庭語」などどうでしょうか。
戦国時代の真庭忍軍が主役で本編では噛ませ犬に過ぎなかった
まにわにも初代はこんなに凄かったんだぜ!と言うのが見られます。
特に初代喰鮫と初代白鷺のキャラは最高です。

こちらもあとがきで続編を匂わせるコメントはあるものの今現在全く動きは無いなぁ。
真庭人鳥の「運命崩し」なんか使いようによっては
更に鬼畜な効果を発揮しそうで見てみたいんだけど……


面白かったらクリックお願いします

にほんブログ村 アニメブログへ



スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/3497-6543734a