FC2ブログ

五星戦隊ダイレンジャー 49話・50話

第49話 最終決戦だァッ
第50話 行くぞォォッ



道士嘉栩を失ったダイレンジャーはゴーマ宮に殴り込む!

子竜中尉と似た姿の近衛兵登場。あの姿は近衛兵共通だったのね。

シシレンジャーはガラに勝負を挑む。リンも付いてきました。
クジャクが目と頬の傷を治したことを持ち出すが
ゴーマに魂を売ったガラは戦いを続ける。

シャダムはゴーマ十五世に皇帝を継承した者のみに
与えられる大地動転の玉の引き渡しを要求するが、
十五世はまだ生きているので当然拒否される。

シャダム「だったらたった今引退して頂こう」
「ゴーマ十五世!元の土に還れ!!」


土人形となって崩れて行く十五世!

六千年前の戦いでダイ族とゴーマ族がともに滅んだ時、
ゴーマ十五世も死んでいた。
シャダムは生き残ったが、復活したゴーマでは
まだ元老院が残っていたため皇帝にはなれなかった。
そこでシャダムは十五世の姿をした土人形を創り、
魂を吹き込み裏からゴーマを操り始めた。

ザイドス、十五世のみならずガラも土人形だった。

まぼろし戦闘機!一文字竜巻!!

ガラを追い詰めた大五たちだがそこにクジャクの霊が……

ガラの魂は既に昇天している。
六千年前の戦いでガラは死に、とっくに天国に行っている。
今のガラはシャダムの創り出した操り人形。

クジャクの隣に出現した本物のガラが声を掛けると、
ガラもまた土人形になって崩れて行く。

ガラ「例え泥人形だろうと、私はお前達を永遠に憎む!
私は、ゴーマのガラなのだ!」


クジャクとガラは天上界で昔のように仲良くしていた。

早くシャダムの野望を止めないと、
巨大な力で地球は崩壊の危機晒される!

大地動転の玉でゴーマ十六世となるシャダム!

シャダム
「我こそはゴーマ最強の十六世なるぞ!ウハハハハハ!!」


シャダムは大地逆転の玉の妖力でダイレンジャーを圧倒する。

怒りに燃えるダイレンジャーにも調子に乗るシャダムにも
すっかり存在を忘れられていた大神龍さんキター!!

ゴーマ宮に攻撃を仕掛ける大神龍!!
しかし図らずしてゴーマ宮を戦場にしたことは
ダイレンジャーにとってベストな選択だった。
ここなら大神龍が暴れても無関係な一般人に被害が及ぶことはない。

ゴーマ宮から脱出しようとする亮たちだが
シャダムはこの場で決着を付けようとする。

6人揃ったダイレンジャーは、
大地の気力を集めた天宝来来の玉で対抗する。

そこに道士嘉栩の幻影が……

嘉栩
「気力と妖力は光と影、正義と悪。
この世のものが全て二極から成り立つように、
気力と妖力もまた表裏一体、もとは一つなのだ。
一つの力を二つに分け、お互いが争いながら永遠に生きて行く。
これ即ち人間の宿命なのだ。
妖力が滅びれば気力も滅び、気力が残れば妖力もまた残る。
全てはむなしい戦いなのだ。勝負は永久につかない」


嘉栩はダイレンジャーにここから去るように言う。

天宝来来の玉、大地動転の玉は共に何処かへと去って行く。
崩れるゴーマ宮の中で亮はシャダムを追って一人飛び出す。

シャダム
「ゴーマは俺の物だ!俺の物だあははははは!!!
誰にもゴーマは渡さん!!」


ナイフを取り出して亮に斬りかかるシャダム!
しかし亮はそのナイフで逆にシャダムを刺す。

シャダムの体までも泥と化していく……

シャダムも本物のシャダムに自分のゴーマ統一の夢を託して
創った泥人形に過ぎなかったのか。
まぁコウと阿古丸の存在があるから本物もまだ生きている可能性が高いな。

ゴーマ壊滅を確認した大神龍は天へと去って行きました。

勿論本物のシャダムが生きている疑いもあったが
しばらく何も起こらなかったので正式にダイレンジャーを解散することになった。

シャダムがまだ生きているとすれば、
大神龍が降臨した後に、自分の泥人形を創って表舞台に立たせ、
わざと争いを続けさせたのかもしれん。
つまりシャダムの泥人形はずっと昔からいたのではなく
最近になって製造された個体という解釈ね。
だとすればその存在を知っているはずなのに
大神龍のことを無視した行動を取り続けたシャダムにも説明がつく。
自分の分身が十六世になろうがそれ自体はどうでも良かった。
ただ争いを続けさせるにはそうプログラムした方が都合が良かった。

泥人形にもある程度の自我があったことからすると、
彼らを人間らしく見せるためには、自分が操られていると
意識させないプログラムでないと駄目なのだろうな。
泥人形は外の目を欺くための存在なのだから、
本当に木偶人形のように振る舞っては意味がない。

シャダムは十六世の座への執着、ガラはクジャクへの憎しみ、
ザイドスは……まぁ彼は元から何も考えて無さそうだし……w
これらの感情に染め上げることで、泥人形たちは自分がただプログラム通りに動く
存在であることを意識することなく、極めて人間らしく振る舞うことができた。
人間は感情で動く生き物だから、逆に言えば感情さえあればそれで人間らしく見える。

何とかダイレンジャーが生き残ったものの、
あのままではダイレンジャーとゴーマが共に滅ぶ可能性が極めて高かった。
むしろその方が影に引っこんでいる本物のシャダムには都合がいい。
大神龍は絶対に倒せないことを前提として地球を征服するには、
大神龍自身の手で邪魔者を全て排除させるこの戦略がベストだわ。
対立する二陣営がいなくなれば大神龍は消える。
その後で何をしようが大神龍は介入しない。
その性質を的確に把握した実に合理的な作戦と言えよう。
どちらにせよダイレンジャーが生き残った時点で彼の計画は頓挫したわけだが……

以上は私の推測ですがここまで考えられていたなら
大神龍と言う厄介な存在を上手くストーリーに組み込んだ展開だなぁと思います。
大神龍という超自然の猛威でさえ人の知略でコントロールしてしまえる……
一方その知略も人の力や行動を全て予測できない以上、完全なものとはなりえない。

瞬く間に五十年の歳月が過ぎた……
老人になったダイレンジャー達。コウは会社の重役になっていた。

ダイレンジャーの同窓会。

大五「ゴーマと戦っていたのがまるで昨日のことのようじゃな!」
将児「気力ぅ~~!転身ぃ~!腰が痛い!!」
知「もと世界チャンプの成りそこないが耳が遠い上に腰痛でどうするんじゃ」


そこに現れた亮はゴーマが再び出現したことを告げる。

普通に考えて本物のシャダムかその子孫が再びゴーマを蘇らせたんだろうな。
青と白に塗られた紐男爵。
何気にスーパー戦隊怪人図鑑・百化繚乱にも載っていないレアキャラですよ。

そこに現れたのはダイレンジャーの孫五人!
将児孫のリーゼントといい50年後にしてはファッションが古いw

亮は嘉栩の言葉を思い出していた。

亮「全ては繰り返される……地球の平和を守るために人は、永久に戦い続けるんだ……」

孫世代のダイレンジャーは大連王で紐男爵を斃す。

ジェットマンやジュウレンジャーに続いてリアルタイムで見ていた戦隊だが
案の定大部分は忘れていたな。てか最終話は見ていなかったような気がする。
五人それぞれに因縁のある相手が設定されていたり、
敵味方のどちらも滅ぼす最強の第三勢力・大神龍が降臨したり、
最後に老人になった現戦隊と孫世代の新しい戦隊が登場し、
戦いが永遠に繰り返されることが示唆されるなど、
多くの新しい要素を取り入れた戦隊だった。

しかし道士嘉栩は脚本の不備のせいで
何か締まらないキャラになってしまったな。
その辺木場の本質を読み切れなかった
仮面ライダー555の花形社長と同じだなぁ。


面白かったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント


>シャダムも本物のシャダムに自分のゴーマ統一の夢を託して
>創った泥人形に過ぎなかったのか。
>まぁコウと阿古丸の存在があるから本物もまだ生きている可能性が高いな。

ザイドスの本物が生きているというのは人格をコピーしたという
ザイドスの性格から考えて想像つかないですねぇ。そんな思慮深くないですよザイドスも。
泥人形が親でも母体が人間だからコウも寿命尽きずに生きていられたのだと考えていました。
崩壊する時には泥に帰るが、普段は人間と中身は変わらなかったりと
今までの血が流れる描写を見て考えました。

>大神龍と言う厄介な存在を上手くストーリーに組み込んだ展開だなぁと思います。
杉村氏がそこまで考えていたとは思えないですね…
ダイレンジャーにしろカクレンジャーの最終回といいジュウレンジャーの大獣神といい神様が
全部綺麗に納めてくれるわけじゃないよみたいなメタ的なメッセージを杉村作品には感じるんですよね。
ダイレンジャーのストーリー展開には平成ライダーを築き上げた白倉氏のライブ感のルーツを感じました。

杉村作品はまさしく小さい頃にみた初めてのスーパー戦隊なので
私の中で植えつけられた戦隊のイメージって適当にやってても最後は勝つって感じでしたw
オーレンジャーがあまりにもつまらなくて切ってしまいましたが。
その場その場を頭空っぽにして楽しんでいればそれでいいと(ぉ

一番印象深かったのはカクレンジャーですかね。
OP最初のカクレンジャニンジャニンジャと背景の水色が耳にいつまでも残ったし
妖怪EDといい忘れなれないものでした。

Re: タイトルなし


> ザイドスの本物が生きているというのは人格をコピーしたという
> ザイドスの性格から考えて想像つかないですねぇ。そんな思慮深くないですよザイドスも。
> 泥人形が親でも母体が人間だからコウも寿命尽きずに生きていられたのだと考えていました。
> 崩壊する時には泥に帰るが、普段は人間と中身は変わらなかったりと
> 今までの血が流れる描写を見て考えました。

> 杉村氏がそこまで考えていたとは思えないですね…
> ダイレンジャーにしろカクレンジャーの最終回といいジュウレンジャーの大獣神といい神様が
> 全部綺麗に納めてくれるわけじゃないよみたいなメタ的なメッセージを杉村作品には感じるんですよね。
> ダイレンジャーのストーリー展開には平成ライダーを築き上げた白倉氏のライブ感のルーツを感じました。

ザイドスじゃなくてシャダムね。
まぁ本編に無い所はあくまで私の二次創作と思ってくださればw


> 杉村作品はまさしく小さい頃にみた初めてのスーパー戦隊なので
> 私の中で植えつけられた戦隊のイメージって適当にやってても最後は勝つって感じでしたw
> オーレンジャーがあまりにもつまらなくて切ってしまいましたが。
> その場その場を頭空っぽにして楽しんでいればそれでいいと(ぉ
>
> 一番印象深かったのはカクレンジャーですかね。
> OP最初のカクレンジャニンジャニンジャと背景の水色が耳にいつまでも残ったし
> 妖怪EDといい忘れなれないものでした。

リアルタイムで見ていた頃はそもそもストーリーとか
よく理解しておらず毎週出てくる怪人目当てに見ていたなぁ。

ジェットマンやダイレンジャーは大人になって観てみるとかなり面白いが
子供の頃好きだったカクレンジャーは今見てみるとそうでもなかったと言う……w

>>シャダムも本物のシャダムに自分のゴーマ統一の夢を託して
創った泥人形に過ぎなかったのか。
>>まぁコウと阿古丸の存在があるから本物もまだ生きている可能性が高いな。


この辺全部泥人形で当時訳わからなかったです。
何となく本物はとっくに死んでるような気がします。
泥人形作成システムみたいのだけが稼働してるか泥人形シャダムが泥人形作ったとか黒幕が全て計算ずく。
それよりは既に当初の企みも何もただコピーがコピー作り続けてるような、ただシステムだけが動いてるみたいな救いのなさのような気がします。

Re: タイトルなし

> この辺全部泥人形で当時訳わからなかったです。
> 何となく本物はとっくに死んでるような気がします。
> 泥人形作成システムみたいのだけが稼働してるか泥人形シャダムが泥人形作ったとか黒幕が全て計算ずく。
> それよりは既に当初の企みも何もただコピーがコピー作り続けてるような、ただシステムだけが動いてるみたいな救いのなさのような気がします。

本文で書いたことはあくまで私の二次創作ということで!

まぁこういう色々と想像の余地の残るのもたまには悪くは無い……かなぁ。
別の作品ではきちんと謎を解明しないとは何事かー!とか言うかもしれませんけど。

>スーパー戦隊怪人図鑑・百化繚乱にも載っていないレアキャラですよ
竹書房のスーパー戦隊画報2巻には「ゴーマ新怪人」名義で載ってます。この本、余程売れ行きがよくなかったのか2007発売予定だった第3巻が出てないんでちょっとオススメしにくいですね。ちなみに掲載されてるのはカーレンジャーまで。

戦隊史に残る、伝説の最終部。
戦いは終わらない、『陰陽』=『妖力と気力』=『正義と悪』、シナリオはまぁ、ツッコミ所がありますが、此処まで『戦いに対する意味』について、はっきりとした回答を示した戦隊も珍しいですね。
そして、シャダムことゴーマ16世…実は、戦隊史において、唯一戦隊側と『完全に実力が拮抗しているラスボス』なんですよねぇ。
『大地動転の玉』と『天宝来来の玉』は互いに陰と陽、拮抗する力ですから。
ラストの50年後のダイレンジャー…色々と想像のし甲斐のあるラストでしたね。

「例え泥人形だろうと、私はお前達を永遠に憎む!私は、ゴーマのガラなのだ!」>憎しみと復讐こそが自身の証明、存在意義…なんとも哀しい存在でしたねぇ。まぁ、改心するよりもこっちの方が好きですがw

シャダムも本物のシャダムに自分のゴーマ統一の夢を託して
創った泥人形に過ぎなかったのか~一方その知略も人の力や行動を全て予測できない以上、完全なものとはなりえない。>
二次創作とはいえお見事、唸らせられるものがありました。何とも深い考察です。
特に『本物のシャダムが生きている』説には、今まで考え付きもしませんでした。
個人的に、泥人形が崩れても光っていた『目』が黒幕の可能性があると考えた事があります。それにゴーマの『元老院』が消滅した描写がないので、最終回では『元老院』が動き出したのではとも思っていました。
これが、拳法戦隊繋がりで、ゲキレンジャーのロンなら…『ダオス文明を崩壊させたのも、シャダムの泥人形でゴーマを操ったのも…私です』
とか、言いそうです。
兎に角、色々と考察の余地がありますね。

Re: タイトルなし

> 竹書房のスーパー戦隊画報2巻には「ゴーマ新怪人」名義で載ってます。この本、余程売れ行きがよくなかったのか2007発売予定だった第3巻が出てないんでちょっとオススメしにくいですね。ちなみに掲載されてるのはカーレンジャーまで。

ううん、ほとんど百化繚乱と被ってそうだし買う気にゃなれんなぁ。

Re: タイトルなし

> 戦隊史に残る、伝説の最終部。
> 戦いは終わらない、『陰陽』=『妖力と気力』=『正義と悪』、シナリオはまぁ、ツッコミ所がありますが、此処まで『戦いに対する意味』について、はっきりとした回答を示した戦隊も珍しいですね。

は、はっきりしているかなぁ……かなり漠然とした印象なのだがw


> そして、シャダムことゴーマ16世…実は、戦隊史において、唯一戦隊側と『完全に実力が拮抗しているラスボス』なんですよねぇ。
> 『大地動転の玉』と『天宝来来の玉』は互いに陰と陽、拮抗する力ですから。
> ラストの50年後のダイレンジャー…色々と想像のし甲斐のあるラストでしたね。

戦隊メンバーが老人になって終わるのも斬新ですねぇ。


> 「例え泥人形だろうと、私はお前達を永遠に憎む!私は、ゴーマのガラなのだ!」>憎しみと復讐こそが自身の証明、存在意義…なんとも哀しい存在でしたねぇ。まぁ、改心するよりもこっちの方が好きですがw

あそこで泥人形ガラにああ言う台詞を行って終わらせたのは秀逸でしたねぇ。


> 二次創作とはいえお見事、唸らせられるものがありました。何とも深い考察です。
> 特に『本物のシャダムが生きている』説には、今まで考え付きもしませんでした。

あーこれは最終決戦終了後に「シャダムが泥人形だったこともあり、
しばらくは警戒していて~」という意味合いのナレーションで気付きました。
ガラみたいに本物の所在がはっきりしているならともかく、
泥人形見たらそれは影武者で本物はまだ生きていると思うのが自然だなーと。


> 個人的に、泥人形が崩れても光っていた『目』が黒幕の可能性があると考えた事があります。それにゴーマの『元老院』が消滅した描写がないので、最終回では『元老院』が動き出したのではとも思っていました。
> これが、拳法戦隊繋がりで、ゲキレンジャーのロンなら…『ダオス文明を崩壊させたのも、シャダムの泥人形でゴーマを操ったのも…私です』
> とか、言いそうです。
> 兎に角、色々と考察の余地がありますね。

あの目は確かに怪しかったですね。
こうなるとある程度意図的に視聴者に深読みさせる要素をちりばめているのかと思えてしまう。

ロンさんは年齢的にスーパー戦隊の歴史の大半に関われますね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/3487-15456b61