FC2ブログ

重甲ビーファイター 最終話

第51話 光と闇の終止符(ピリオド)
第52話 集結!!3大英雄(ヒーロー)
第53話 翔け!!英雄(ヒーロー)達



51話のタイトルかっこいいなぁ。
これブラックビートのテーマソングから取っているんですよね。

ガオームが死んでもジャマールホールは消えなかった。
ビーファイターは内部に突入して破壊する作戦を立てる。

シャドーは拓也に最後の決戦を挑む。

老師の見立てだと、ブラックビートを放っておけば
全次元にとってガオーム以上の脅威になるかもしれない。

「邪甲!」「重甲!」

セントパピリア
「この時を待っていた!今こそ見届けよう、お前達の宿命を!」


大作と舞はビートマシンを乗せたメガヘラクレスで
ジャマールホールに突入する。
射撃回路が破損したためジースタッグは機外に出て修理を行う。

スーパーブルービートのファイナルブローがブラックビートに炸裂!!
ジャマールホールもスーパービートキャノンで破壊された。

勝利の余韻に浸るブルービートに、
起き上がったブラックビートはスティンガービュートを突き入れる!!

シャドー
「やった!これで俺は貴様に……俺自身になれる!
勝った!勝ったんだ!ぐああああああ!!!」


勝利したブラックビートだがその体は限界を迎えていた。

拓也「俺は忘れない……永久に」

拓也の目の前で消えるシャドー。
死にかけの拓也はセントパピリアの力で蘇りました。

最終的に生き残ったのは拓也だが
勝負はシャドーが勝つのは良かったですね。

オリジナルである拓也を倒すことに執着しているのはいいが
その後永遠の命を手に入れたらどうするのかについては
もうちょっと触れて欲しかったですね。
単に老師グルの推測だけだし……


52話と53話はジャンパーソンとブルースワットのコラボ回。
前の2作品はほとんど知らない状態なのだが……
うーん、単に三作品のヒーローを共演させて
それぞれの敵を再生させただけで
クロスオーバーならではの旨味がなかった気がするぜ。
むしろゲストのカブトくんが目立っていたようなw
結局本編で決着をつけなかったジャグールをここで処理するのは良かった。

次からはビーファイターカブトが配信されるんですかね。
ビークラッシャーと山崎和佳奈さんのラスボスに注目!


面白かったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント


今でこそVSシリーズから始まってスーパーヒーロー大戦にまでなって当たり前のような感じになってきましたが、当時クロスオーバーはヒーローが勢ぞろいするだけで凄かった気がしました。
ほぼ生身でインセクトアーマーとタメをはるブルースワットのトンデモぶりにはビックリしましたし、ペロペロキャンディー舐めながら凄み出す帯刀さんはあいかわずでした。地球のコンツェルンの一総裁なのに宇宙の犯罪組織の長より存在感あるし。

ジャンパーソンの声の人って次のブルースワットで敵司令官ジスプの声も演じられていたのでブルースワットの隣にいたりクイーンに相対するシーンはかなり違和感ありました(エー)。あれだけ極悪非道をやらかしたのに。続けて放映したのでよけいそい思えます。

Re: タイトルなし

> 今でこそVSシリーズから始まってスーパーヒーロー大戦にまでなって当たり前のような感じになってきましたが、当時クロスオーバーはヒーローが勢ぞろいするだけで凄かった気がしました。

世界観が連続している宇宙刑事やレスキューポリス以外では初めての試みですよね。


> ほぼ生身でインセクトアーマーとタメをはるブルースワットのトンデモぶりにはビックリしましたし、ペロペロキャンディー舐めながら凄み出す帯刀さんはあいかわずでした。地球のコンツェルンの一総裁なのに宇宙の犯罪組織の長より存在感あるし。

設定上はありえないことでも勢いで押し通せてしまうのが特撮の良いところですね。


> ジャンパーソンの声の人って次のブルースワットで敵司令官ジスプの声も演じられていたのでブルースワットの隣にいたりクイーンに相対するシーンはかなり違和感ありました(エー)。あれだけ極悪非道をやらかしたのに。続けて放映したのでよけいそい思えます。

前二作を見ていたら色々と気づくこともあるのだろうか。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/3460-60c18185