FC2ブログ

首無の如き祟るもの/三津田信三

以下ネタバレ


本編が作中作という体裁を取っている時点でうさんくさい……w

長寿郎と妃女子の入れ替わりは
ちょっとヒント多かったので分かりやすかったけど、
男装の麗人と思われていた人物は元々男性で
それが女性と入れ替わっていたため
男装の麗人として通ったというのはさすがに予想外だったな。
てか、推理小説で同性愛にまつわるネタが出て来る時は
大抵何らかのトリックに利用するためと相場が決まっている。
ランキングだとこちらが上位だけど
メイントリックの斬新さなら前2作の方が上だったかな。

長々と語った推理をあっさり撤回する言耶節は健在。
でも本当は言耶じゃなかったという……

犯人は結構な下衆だったのであのラストはインガオホーでした。

あの喉裂き魔事件は淡首様の祟りだったんですかね。
巻き添えになった人たちはマジとばっちりだ。


面白かったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/3421-e1cbe973