FC2ブログ

テイルズオブグレイセスf プレイ記3

未来への系譜編クリア。
攻略本所持。以下ネタバレ。



リチャードのダークシグナー形態は
彼自身がかっこいいと思う姿だったのかw

未来編のラスボス、フォドラクイーンの声は
ダンバインのマーベルや
エンシェント・フェアリー・ドラゴンの土井美加さんでした。

ラムダは終始上から目線で喋っていましたが
中原茂さんの毛利元就風の演技が好きな私にはご褒美でした。
今も貴鬼で出ているけどもやっぱりこういうキャラが好きですね。

いかにもファン向けの続編らしく
恋愛関係を掘り下げるイベントが多かったな。
まぁそれはどうでもいいとして
本編でもその兆候はあったけど未来編だと
マリク教官が大分くだけたキャラになっていた。
スキットだとほとんどふざけていた気がする。

原素研究所から脱出する時に床から噴出する熱線で
HPが1になったところで敵に襲われた時がかなりヤバかった。

さすがに最後の方はちょっとだれて来たので
全員のレベル4の秘奥義称号を取ったらさっさとクリアすることを優先した。
そう思えばちょうど良い長さと言えるのかな。
難易度シンプルだったけどフォドラクイーンは大苦戦しました。
最後はエリクシールやアワーグラス、アルカナボトルを
惜しみなく使って何とか切り抜けた。

最後のムービーは本編と同じだけど未来編をやることで
最後のソフィの台詞の意味も良く分かるようになっている。

ヴェスペリアやエクシリア同様シナリオは大変良かったです。
CCを採用した戦闘システムは
ひたすらボタン連打していればいいと言うわけにはいかず、
CCが溜まるまで待たねばならないのはちょっともどかしいが、
ダンジョンを長旅していてもTP切れを気にしなくていいのでその辺気楽ではある。
デュアライズで武器を強化できるので
常に最新の武器が一番強力と言う訳ではないので、結構資金を節約できた。

エレスポットは後半になるまで使い方がよく分からなかったw
先頭に置いたアイテムほど複製の確率が高いとか、
魔導書はセットしないと効果を発動しないとかw

ヴェスペリアと違ってタイトルからすぐにサウンドテストに行けるのは良かった。
まぁ次のエクシリアじゃサウンドテストが無くなって退化してしまうわけですが……

クリア後に攻略本も買ったが、
フレデリックやフーリエ、ポアソンとも戦える上に秘奥義カットインまであるのね。
ラムダ・テオスは顔が変わるわけじゃあないんだな……



面白かったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/3322-5a868d2e