FC2ブログ

ビビッドレッド・オペレーション 第12話「ビビッドレッド・オペレーション」

ただのアローンでさえ勝てないのに
通常の軍隊を出す意味って……


カラス「私こそが全ての時空を統べる唯一の絶対者、
彼らを凌駕した存在となったのです」


果てしなく小物臭い台詞の後で高笑い。

最後はあかねとれいがオーバーレイして
ビビッドレッドにエクシーズチェンジ。


設定的にはそれほど嫌いな要素は無いんだけど
ストーリーやキャラクターがあまりに
クリーンすぎるところが私には合わなかったかなー。
あくまで友情で少々百合っぽいかもしれないがレズでは無いね。


面白かったらクリックお願いします

にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト



コメント


ただのアローンでさえ勝てないのに通常の軍隊を出す意味って……
⇒まぁよくあるの脅威描写ですな。名無しキャラはいくら殺してもストーリー上は問題ないですし。でも犠牲になったのって1話とこの人たちだけなんだよなぁ

変身カラス=ほとんどアダマトロン
①取り込んだ存在でパワーアップ
②自分を絶対者と過信
③羽から広範囲ビームシャワー
④取り込んだ存在を取り戻されて逆転開始⇒急速に小物化
⑥パンチで「超重獄へ落ちろおおお」
もう最後は「こんな回答ッー!!」とか言って散ってほしかったですがw
カラスは典型的な『自分が頭がいいと思ってるバカ』だったなぁ

取り敢えず最後は結局次元エンジンとはなんだったのか?とか、爺さんはフェレットからいつ本体に戻ったのか?とか、母親ふつうに体調崩してただけかよwとかいろいろ分投げすぎでした

Re: タイトルなし

> ⇒まぁよくあるの脅威描写ですな。名無しキャラはいくら殺してもストーリー上は問題ないですし。でも犠牲になったのって1話とこの人たちだけなんだよなぁ

視聴者目線で何度も同じようなシチュを見ていると
どうにも「無駄なことを……」と思えてしまうんですよねぇ。


> 変身カラス=ほとんどアダマトロン
> ①取り込んだ存在でパワーアップ
> ②自分を絶対者と過信
> ③羽から広範囲ビームシャワー
> ④取り込んだ存在を取り戻されて逆転開始⇒急速に小物化
> ⑥パンチで「超重獄へ落ちろおおお」
> もう最後は「こんな回答ッー!!」とか言って散ってほしかったですがw
> カラスは典型的な『自分が頭がいいと思ってるバカ』だったなぁ

黒い翼を生やしたシルエットも似ていますな。
名前が最後までただのカラスでしかないのも
即興で用意されたラスボスという印象が否めない。


> 取り敢えず最後は結局次元エンジンとはなんだったのか?とか、爺さんはフェレットからいつ本体に戻ったのか?とか、母親ふつうに体調崩してただけかよwとかいろいろ分投げすぎでした

尺とは関係なくこの辺は最初から特に重要視する気はなかったみたいですな。

最後まで、敵も味方も、展開もテンプレートでしたねぇ、良く言えば良き王道。悪しき言えば…敢えて言うのは辞めます^^;
ラスボスのカラス戦…アレを見てると、ジェットマンで、卵のない全盛期ジューザが、巨大化してラスボスになったら、姿は違えど、あんな感じの台詞吐きながら戦闘するのかなんて、本編と微塵もカンケーの無いこと想像しながら見てました(笑
最終的に黒幕が、全部元通りにしたと言ってましたけど…あかね側の世界の戦死者も蘇生したのか? もししてないなら、レイは大量殺戮加担罪を償わないまま、まんまと全部手に入れて、逃げおおせたという事に…言っちゃいけないのは解ってますがw

果てしなく小物臭い>その後の台詞も、古き良き悪役を体現してましたねぇ、更にもっと言えば、カラスは『暴走欠陥プログラム体』…最終的には、創造主に取って代わろうとするし、こんな欠陥品造る創造主も人間と変わりませんね。絶対者言う割には。
『人間を見下していても、実際は人間と同程度か、劣っている』・・・これも王道ですね。事の後始末はしてましたけどw

クリーンすぎるところが私には合わなかったかなー。>Pixivにも収穫が無かったですか?

Re: タイトルなし

> 最後まで、敵も味方も、展開もテンプレートでしたねぇ、良く言えば良き王道。悪しき言えば…敢えて言うのは辞めます^^;
> ラスボスのカラス戦…アレを見てると、ジェットマンで、卵のない全盛期ジューザが、巨大化してラスボスになったら、姿は違えど、あんな感じの台詞吐きながら戦闘するのかなんて、本編と微塵もカンケーの無いこと想
像しながら見てました(笑
> 最終的に黒幕が、全部元通りにしたと言ってましたけど…あかね側の世界の戦死者も蘇生したのか? もししてないなら、レイは大量殺戮加担罪を償わないまま、まんまと全部手に入れて、逃げおおせたという事に…言っちゃいけないのは解ってますがw

まぁその辺の細かいところをスルーして終わるところも
含めてテンプレートだなぁと思いました。


> 果てしなく小物臭い>その後の台詞も、古き良き悪役を体現してましたねぇ、更にもっと言えば、カラスは『暴走欠陥プログラム体』…最終的には、創造主に取って代わろうとするし、こんな欠陥品造る創造主も人間と変わりませんね。絶対者言う割には。
> 『人間を見下していても、実際は人間と同程度か、劣っている』・・・これも王道ですね。事の後始末はしてましたけどw

『冷静に考えれば別にやる必要はないのにその場の勢いで世界を滅ぼそうする』
これも王道ですね。
何かこういう衝動で世界滅ぼすラスボスを見る度幼児かよ……と思う自分がいる。


> クリーンすぎるところが私には合わなかったかなー。>Pixivにも収穫が無かったですか?

ほとんどチェックしてませんでしたわ。
やっぱ同時期にドキプリや咲阿知賀編、ささみさん(原作)と言った
超強力なコンテンツがあったのも理由の一つかなー。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/3283-c36cb995

ビビッドレッド・オペレーション 第12話「ビビッドレッド・オペレーション」

れいの矢を取り込んで巨大化してアローンも越えた存在となったカラス。 カラスの中にれいが生きている!? 示現エンジンで世界を消滅させようとするカラスに、あかねたちは立ち向