FC2ブログ

世界忍者戦ジライヤ 37話・38話

第37話 2300年生きた男 宇宙忍デモスト
第38話 奇っ怪!!百の顔の妖魔一族



せっかく出現させた妖魔巨獣を磁雷神に倒されて頭に来ている毒斎様。
カラス天狗たちに八つ当たりします。

ジライヤ達を爆弾を仕掛けた矢で変身前を狙撃すると言う堅実な手に出る。
しかし突然出てきたフクロウ男爵に斬り払われる。

男爵「私に磁雷神を拝ませてくれ」

磁雷神が出現した岩山の穴の中には
宇宙の邪悪なもの眠ると言うメッセージが残されていた

男爵
「ロングロングアゴー、ここは処刑場だったのかもしれない」


手枷は長い年月を経ても錆びないスペースメタルで出てきている。
しかし以前磁雷神が出現した時の地殻変動で既に抜け出した後でした。


デモスト

首と胴体が離れても動ける忍者、
宇宙忍 デモスト

謎の液体を流す手裏剣を投げ、刀を溶かしてしまう。

デモスト「妖魔一族、鬼忍毒斎!!」

何で名前を知っているの?
実は情報収集もしていたのか?

デモスト「パコは私のものだ、誰にも渡さん!!」

何でデモストはキャスト欄に2人いるんだろ。
声とスーツアクターってことか?


クモ御前

妖忍 クモ御前

曽我町子さん登場。
海外で優雅な暮らしをしていた。わらわ~~だえ口調。
妖魔一族がジライヤに形無しであることはうわさで広まっていたらしい。


毒斎「今までの俺は敵である戸隠流を欺くための仮の姿よ。
敵の力を知り、己の力を知る、それが忍法の奥義だ。
妖魔一族頭領、鬼忍毒斎の力、まだまだ衰えてはおらん」


凄く言い訳くさい毒斎様の台詞。

そも戸隠流に毒斎の実力を誤認させて何か得があるのか。
油断してくれることを期待していたのだろうかw

しかし本気を出していなかったと言うのは
本当らしく印を結んだ手からビームを放ち大木を破壊!!
部下たちはみんな思ったことだろう。
そんな力があるなら忍法の奥義とかいいから早く使えよと……

唐突に磁雷神出現。

男爵「おお、グレイト」

磁雷神の目の光が当たった場所に向かう。

本気出した毒斎様はフクロウ男爵を馬上から叩き落とす。

一方ジライヤはデモストと遭遇していた。

デモスト
「2300年の間、お前を倒すことだけを考えて
暗く冷たい洞窟の処刑場で生きてきた」


かつてデモストはジライヤの先祖によって処刑場に繋がれていた。



毒斎、クモ御前に連続して襲われるジライヤ。

クモ御前「妖魔一族はこれまでの妖魔一族とは違うのじゃ!」


ジライヤは麗破とフクロウ男爵に助けられる。

合流した哲山に「知っているのか、親父!!」と問いただす。

毒斎はボードを盗むと戸隠流を出奔し、
クモ御前と一緒になり妖魔一族を結成した。
妖魔一族って一族と言う割には新しく結成された組織だったんですね。

クモ御前はパコの中には宇宙の宝石が眠っていると思っている。
紅牙、烈牙を三下呼ばわり。

パコはデモストを宇宙から運んできた。
パコの正体は宇宙船か?

男爵「オーマイゴット、何て奴だ」
「テリブル、恐るべき敵が現れた」



哲山の推測では、パコを運んできた宇宙船には少なくとも二人の宇宙人が乗っていた。
一人は闘破やレイの祖先、もう一人は宇宙忍デモスト。
パコは宇宙からの尊い贈り物。
闘破らの祖先は超文明星からのメッセージを運んできた平和大使。
デモストはよこしまな考えでパコの横取りを狙ったが、
敗れて洞窟の奥に生きながら磔にされた。

デモスト「私は例え夜露を啜り、宇宙の塵を食べても生き続ける。
例え何百年、何千年、何万年経とうとも必ず生き続けてやる!
私は全宇宙で一番執念深い宇宙人、デモストなのだ!!」


ある意味殺すより残酷な仕打ちかも……


磁雷神が邪魔なので砲撃する妖魔一族。

磁雷神はパコを守るために造られた守護神。
製作者は聖徳太子?

レイ「そんなに大昔にあんなに巨大な磁雷神が建造されていたなんて」
哲山「それは不思議ではない。
それから何百年後に、奈良の大仏が建造されているんだよ」


いやおかしいだろその説明w
大仏と磁雷神じゃ文明のレベルが違い過ぎる。

男爵
「私も影ながらヘルプしよう。シーユーアゲン、ジライヤ」


フクロウ男爵は去っていきました。

クモ御前はわざとデモストの軍門に降ったふりをするように進言する。

紅牙「それでは妖魔一族の誇りが!」
クモ御前「甘いぞえ紅牙。忍者には誇りなどいらん。
目的を遂げるためには色々な顔が必要なのじゃ。
敵は勿論味方を騙すのも当たり前。
親兄弟、子供、そして自分の亭主を裏切ってこそ、本当の女忍者、くのいちじゃ」


全く別人の妖忍 裏のクモ御前に変わる。
曽我さんは表のクモ御前。

クモ御前「何故わらわが表と裏の顔を使い分けるか分かるかえ?
一つは敵を欺くための変装術。
もう一つは、若くなりたいと言う己の願望。
昔の若さになることは、身軽になり、闘争心を掻き立てることになるのじゃ」


若い姿になるのを闘争心の向上のためとその効果まで見越しているのは新しい。

裏のクモ御前になると銃をぶっ放します。


烈牙にクモ御前への不満をぶちまける紅牙。
しかし紅牙の背後からもう一人の烈牙が!!
最初に出てきた烈牙はレイの変装だった。

いつもの流れでレイを人質にしてジライヤを呼び出す。

木々の間に刀でも切れないクモの巣を張り、ジライヤを閉じ込める。
その名もクモの巣の術……まんまだな。

哲山の放った鬼火の術でクモの巣を破壊。
こういう魔法みたいなのも使えるんですね。

パワーをアップした毒斎さまはジライヤと一対一で戦う。
ジライヤは鬼火の術で毒斎の術を相殺。

ジライヤの起死回生の剣が毒斎の仮面を割る!
毒斎の素顔は山地哲山と瓜二つだった!

毒斎は幻術を使ってたぶらかした。
妖魔一族は百の顔を持つ。
哲山の双子の兄弟とかそういうことはありませんでした。


毒斎とクモ御前、紅牙、烈牙が
タイムレンジャーのドルネロと今と昔の仲間の話と被って見えるなぁ。
まぁ同じような展開にはならんと思うが……


面白かったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/3257-2505a9a4