FC2ブログ

特命戦隊ゴーバスターズ Final Mission「永遠のキズナ」

最終回


エンターはリュウジやヨーコの能力を使えるようになっていた。
エンターのあの姿はダークバスターと言うらしい。

ダークとは闇や邪悪なイメージの他に
ダークブルーなど黒っぽい色のことも指すので、
そこにもちなんでいるのだろうか。

ヒロムの中のバックアップをマサトに移せば削除できる。
しかしそれを実行すればマサトはバラバラになってしまう。

別の手段を探そうとするヒロム達だがマサトに叱咤され苦渋の決断を下す。
ブルー達が食い止めている間にカードの移動は終了。
マサトの本体は消えてしまう。

ニックが使っていたタイヤ型マシンガンって今まで出て来たっけ……?

エンターが「人質」として残していたマサトのデータも最早意味を成さない。

メガゾードωにもバスターマシンのデータがあり従来の攻撃は通用しない。
最後をゴーバスターエースが活躍して決める辺り、
やはり本作のロボ面での主役はエースだなぁと思います。

人間は不完全だからこそ人間。
ワクチンプログラムにウィークポイントがあるのもそのため。
不完全だから、弱点があるから、人は助け合い、思いを託す。
人間はバックアップなどなくても繋がっていく。


エンターの目指す「完璧な人間」とはそもそも矛盾する概念だったということだな。

確かに完全であれば他者を必要とする心自体生まれないのかも。
他者がいないと寂しいと思う気持ち自体が弱点とも言えるし。
足りないからこそ欲望が生まれる……というのは同じ作者のオーズでもありましたが、
完全であれば何かを変えようとする意志さえ生まれず、ただ現状を繰り返すだけで、
完全な生命体とは、力の大小こそあれ、本質は細菌や微生物と変わらないのだろうな。

「アデュー、ゴーバスターズ」

お馴染みの台詞と共に完全消滅。

エンターを倒したら融合された人々は元通りになりました。
マサトのアバターも消え、亜空間は崩壊を始める。
バスターズはマサトとヒロムの父の叱咤を受け、無事現実世界に生還する。


さすがに小林靖子は良い脚本を書くでぇ……

まずはメタロイドが転送され、メタロイドを倒していなくとも
時間が経てばメガゾードがやって来ると言う、
従来の戦隊のフォーマットを崩したパターンを採用し、
それ以外にも、なるべく作品の整合性を保とうとする工夫が随所に見られ、
こういうのが見たかった!という私の要望を叶えてくれました。

本作の良いところと言えば、従来の戦隊にあまり見られない、
「敵も味方も限られた戦力を出し惜しみせずに使って戦う」というところでしょうか。

ヴァグラスは戦力は膨大だが、亜空間を行き来するために
エネトロンが不足しているので一度に多くのメタロイドを送れない。
これで毎週一体ずつメタロイドが出現する状況を維持している。

エンターがエネトロンを溜めて一気にメガゾードを送る作戦を立案するも、
人間たちを早く苦しませたいというメサイアのワガママでそれは出来ない。
結局実現はしなかったけど、具体的にプランを提示し、
更にそれを実行できない理由づけをしたことは評価に値すると思います。

後半も、メサイアカードが発動する時期をエンター側も予測できないので、
毎週一体ずつメタロイドが出現する理由になっていた。
更にその裏ではエンターの遠謀が巡らされており、
メタロイドが勝とうが負けようがデータは集まり、
そのデータはエンターをさらに進化させ、
ヒロムに仕掛けたバックアップで無限の再生能力を得ていた。
そんなエンターに、バスターズも陣マサトと言う犠牲を払わねば勝つことは出来なかった。

エンターが最終的に何をしたかったのか、
どうにもわかりづらかったかなー。
まぁ実体のつかめぬ、「完璧」なる概念をただ盲目的に追い求めていたと
解釈すれば彼のキャラ設定上は納得のいく話ではあるが。
ラストのヒロムの主張と対比させるなら
こういう人間性というものを勘違いしたボスにする必要があったのだろう。

ビートバスター、陣マサトは最終話で死亡。
久々の戦隊メンバーからの殉職者となりました。
最終話で戦隊メンバーが殉職するというのも初めてではないでしょうか。
こういう場合は最後に復活したりするとクオリティが落ちる気がしたんで、
きっちり退場してむしろ安心しました。

というかJもトップゲイラーみたく道連れ心中する
可能性も考慮していたがさすがにそれは無かったな。


・部下の足を引っ張る役立たず首領メサイア
・待望の(?)戦闘狂戦隊メンバー登場なリュウジさん熱暴走
・パワーアップがバディロイドとの合体
・最終話でビートバスター殉職

この辺が特に印象に残っているところですかね。



面白かったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント


文句なしの最終回でした。個人的にはシンケンやオーズよりも楽しく気軽に見れた印象です。あと小林特撮でしっかり見ていないのはギンガマンと電王そしてセーラームーンのみ(セーラームーンは見ませんけどねw)

>やはり本作のロボ面での主役はエースだなぁと思います。

エースのデザインカッコ良かったですもんねー。大賞受賞するだけの事はある。エースを最終クール単独で戦わせるためにタテガミライオー出したのなら納得できる。戦隊ロボ戦はあんまし興味ない自分でも今作の見どころでした。

節目節目に最終回が何回もあった気はしますが、生命力高くしぶとい狡猾なラスボスを倒すための脚本構成にしたならエンターをここまでにしたのも納得。完璧完全って言ってしまうのはマユリ様も言ってるように絶望フラグ以外の何者でもないのであまり感情移入できる敵陣ではありませんでしたが立派にラスボスとしての役目をやり遂げたかと。

陣さん(中の人も含め)最終回で一番熱くなってくれてこの人のキャラが全部持っていたと思います。Jも良かったです。
やっぱりスッキリ退場する時に退場すると物語は引き締まります。
二人のコンビが入る前からもヒロムと熱暴走リュウジが好みだったので楽しめてましたが加入後からグッと登場人物全員のキャラが広がりました。

たまにハズレ回もあるなーって見てましたが、ほぼ小林脚本以外でした。やっぱまとめや伏線を活かすのが小林脚本の真骨頂ですね。

来週からは三条・坂本のWコンビ戦隊か~。面白そうだが、戦隊自体がリアルタイムで見ていくのは自分には性に合わないので録画はしないでしょうね。タイムみたく一気に見るとカタルシスや感動を味わえるので。

大方の感想は、藍三郎さんと相違ないですな、今までに無い工夫が飽きを感じさせませんでしたね、バディロイドを含めると、戦隊メンバーは総員で8人、この大人数をよく此処まで描けたのは素直に凄い事ですね。
ただ同時戦闘の為、その分、メタロイドとメガゾードが怪人としての強さが落ちましたがw
それにしても小林先生の脚本て、殉職者が出る確率が高いような…^^;
ギンガマンで黒騎士(ヒュウガ解放前)、タイムレンジャーでタイムファイヤー、シンケンジャーで先代レッド…結構死んでますねw
で、最終的にこの作品で言える事は…エンターは戦隊史でも、マジ有能な幹部でした。

・部下の足を引っ張る役立たず首領メサイア>
視聴者から、ダメサイア、ダメスティ、ヤク中、首領が組織にとって一番の脅威…と、2chでは、ありがたくもない称号を、これでもかと給わっていましたw
今までファンの間で、戦隊史上で『無能首領』を誇っていたのは、ターボレンジャーの暴魔大帝ラゴーンでしたが、マジェスティは、それを越える無能首領でしたww

エンターが最終的に何をしたかったのか>
個人的な推測ですが、『ゴーバスターズを、特にヒロムを倒し、越える』、これがエンターの終盤での目的に近かったんじゃないでしょうかね。
劇中を見るだけでも、執着心は確実にありますし。

最終話で戦隊メンバーが殉職するというのも初めてでは>
これも、放送当初から謳われていた『戦隊史上初の試み』ですかね。

長文、失礼致しました。

一年間楽しめました
マサトやとらわれた両親とかゴーバスターって結果的に全員救えなくて一を切り捨てて9を救う選択をする事をしてましたよね。
被害にあった一般人も救えなかった事もあったし。

Re: タイトルなし

> 文句なしの最終回でした。個人的にはシンケンやオーズよりも楽しく気軽に見れた印象です。あと小林特撮でしっかり見ていないのはギンガマンと電王そしてセーラームーンのみ(セーラームーンは見ませんけどねw)

そういや実写版を書いたと聞いたことがあるな。いや私も見ないけど。

メインじゃないけどゴーゴーファイブの小林靖子回は
戦隊にしては中々シビアな話が多くて貴重です。


> エースのデザインカッコ良かったですもんねー。大賞受賞するだけの事はある。エースを最終クール単独で戦わせるためにタテガミライオー出したのなら納得できる。戦隊ロボ戦はあんまし興味ない自分でも今作の見どころでした。

やはり単独で変形するロボはデザイン的に無理をする必要が無いから格好良いです。


> 節目節目に最終回が何回もあった気はしますが、生命力高くしぶとい狡猾なラスボスを倒すための脚本構成にしたならエンターをここまでにしたのも納得。完璧完全って言ってしまうのはマユリ様も言ってるように絶望フラグ以外の何者でもないのであまり感情移入できる敵陣ではありませんでしたが立派にラスボスとしての役目をやり遂げたかと。

主人公側の主張と対比させるためのキャラとしてならまぁアリかなと。


> 陣さん(中の人も含め)最終回で一番熱くなってくれてこの人のキャラが全部持っていたと思います。Jも良かったです。
> やっぱりスッキリ退場する時に退場すると物語は引き締まります。
> 二人のコンビが入る前からもヒロムと熱暴走リュウジが好みだったので楽しめてましたが加入後からグッと登場人物全員のキャラが広がりました。

バスターズは「敵も味方も限られた戦力を出し惜しみせず運用して戦う」と言うのがウリだったので、
追加戦士を入れたらどうなるかなと思ったがより作品を盛り上げてくれましたね。

登場前から伏線も貼られていたし、
劇場版でマジレンジャーとのコラボネタもやってくれたし、
後半のマサトとJのコンビ回も良かった。


> たまにハズレ回もあるなーって見てましたが、ほぼ小林脚本以外でした。やっぱまとめや伏線を活かすのが小林脚本の真骨頂ですね。

まぁ、どんな作品でも頭から尻尾まで全てを愛せるなんてのは存在しませんから。


> 来週からは三条・坂本のWコンビ戦隊か~。面白そうだが、戦隊自体がリアルタイムで見ていくのは自分には性に合わないので録画はしないでしょうね。タイムみたく一気に見るとカタルシスや感動を味わえるので。

やっぱ前情報の段階じゃまだ全然わかんねーですね。

Re: タイトルなし

> 大方の感想は、藍三郎さんと相違ないですな、今までに無い工夫が飽きを感じさせませんでしたね、バディロイドを含めると、戦隊メンバーは総員で8人、この大人数をよく此処まで描けたのは素直に凄い事ですね。
> ただ同時戦闘の為、その分、メタロイドとメガゾードが怪人としての強さが落ちましたがw

まぁ敵の強弱はご都合主義とはあまり関係ない部分だと思うので。

弱いなら弱いでその分数を投入すればいいのだが、それをしないのはご都合。
しかしバスターズはちゃんと物量作戦を提示して、
なおかつ首領のせいでそれが出来ないと言う理由をつけている。
この辺が評価しているポイントですね。


> それにしても小林先生の脚本て、殉職者が出る確率が高いような…^^;
> ギンガマンで黒騎士(ヒュウガ解放前)、タイムレンジャーでタイムファイヤー、シンケンジャーで先代レッド…結構死んでますねw
> で、最終的にこの作品で言える事は…エンターは戦隊史でも、マジ有能な幹部でした。

まぁ先代はある意味死ぬのがお約束みたいなもんだけど……
龍騎は言わずもがな、オーズでもアンクが死亡していますね。


> 視聴者から、ダメサイア、ダメスティ、ヤク中、首領が組織にとって一番の脅威…と、2chでは、ありがたくもない称号を、これでもかと給わっていましたw
> 今までファンの間で、戦隊史上で『無能首領』を誇っていたのは、ターボレンジャーの暴魔大帝ラゴーンでしたが、マジェスティは、それを越える無能首領でしたww

私的には従来の首領と大差ないと思ったけども、
エンターがなまじ出来る幹部だったせいで無能っぷりが際立ってしまいましたねw


> 個人的な推測ですが、『ゴーバスターズを、特にヒロムを倒し、越える』、これがエンターの終盤での目的に近かったんじゃないでしょうかね。
> 劇中を見るだけでも、執着心は確実にありますし。

実際彼にとっての繋がりといえばメサイアとエスケイプ、そしてバスターズぐらいでしたからねぇ。


> これも、放送当初から謳われていた『戦隊史上初の試み』ですかね。
>
> 長文、失礼致しました。

そういうことになるのかなw

Re: タイトルなし

> 一年間楽しめました
> マサトやとらわれた両親とかゴーバスターって結果的に全員救えなくて一を切り捨てて9を救う選択をする事をしてましたよね。
> 被害にあった一般人も救えなかった事もあったし。

その辺をシビアに締めるところも本作の魅力ですね。

>ニックが使っていたタイヤ型マシンガンって今まで出て来たっけ
使ってましたよ。確か前半の亜空間へ突入する話で基地を襲ってきたバクラスとの戦いで使ってたかと。職員たちまでイチガンバスター使ってた総力戦の回。
>最終話で戦隊メンバーが殉職するというのも初めてではないでしょうか
ブラックコンドルは殉職ではないからなあ。

Re: タイトルなし

> >ニックが使っていたタイヤ型マシンガンって今まで出て来たっけ
> 使ってましたよ。確か前半の亜空間へ突入する話で基地を襲ってきたバクラスとの戦いで使ってたかと。職員たちまでイチガンバスター使ってた総力戦の回。

うーむ、全く思い出せないぜw


> ブラックコンドルは殉職ではないからなあ。

後、作中の描写に限定するなら死亡したかどうかは明確では無かったな。

メサイアが屑過ぎでしたね。

今晩は藍三郎さん。

ゴーバスターズは結構面白かったです。
確かに敵も味方も限られた戦力を出し惜しみせず使い
駆け引きは面白かったです。
こういうシビアな作品は靖子にゃんならではですね。
でも、全てを救うのが戦隊の醍醐味なのに、ヒロムの両親や陣の最期は非常にショックでしたね。

首領のメサイアはどうしようもない屑でしたね。
靖子にゃんの作品にしては首領が無能というのは意外でした。
まあ、エンターがラスボスですから問題はないんですがね。
しかし、エンターが本当のメサイアでもよかった気がしますね。

エンターの目的は完璧な人間ですか、ありえそうですね。
しかし、そこをうまく出して欲しかったのですが、視聴者の子供たちに分り難いから止めたんでしょうかね。

Re: メサイアが屑過ぎでしたね。

> 今晩は藍三郎さん。
>
> ゴーバスターズは結構面白かったです。
> 確かに敵も味方も限られた戦力を出し惜しみせず使い
> 駆け引きは面白かったです。
> こういうシビアな作品は靖子にゃんならではですね。
> でも、全てを救うのが戦隊の醍醐味なのに、ヒロムの両親や陣の最期は非常にショックでしたね。

データ化された人々が助かる描写も多い中その辺はシビアでしたな。


> 首領のメサイアはどうしようもない屑でしたね。
> 靖子にゃんの作品にしては首領が無能というのは意外でした。
> まあ、エンターがラスボスですから問題はないんですがね。
> しかし、エンターが本当のメサイアでもよかった気がしますね。

まぁエンターを引き立てる為の無能ということで、
むしろ敵側にこういう制約を課す辺りが靖子脚本だなぁと思いました。


> エンターの目的は完璧な人間ですか、ありえそうですね。
> しかし、そこをうまく出して欲しかったのですが、視聴者の子供たちに分り難いから止めたんでしょうかね。

いやー今の段階でも結構分かり難かったようなw

ニックとエシディシが同じ声なせいかジョジョネタが複数頭に浮かびましたが色々台無しになるので割愛。

メサイア役の佐々木さん出演やオールアップの告知すらシャットダウン。扱い酷すぎる。それともVシネマや来年のVSシリーズで出てくるのでしょうか。

結局誕生経緯の謎もはっきりしなかったヴァグラスですが組織とすら呼べないものだった気がします。メサイアが現実世界で融合増殖可能になればお役ごめん、エスケイプがそうだったように用済みの道具として「もういらぬ」の一言で切り捨てられていたでしょう。
当然それはエンターも例外ではなく、メサイアにとっては「役に立つ道具」でしかなかった。人間に関わるうちにエンターはそれが嫌になり、メサイアが亜空間でシャットダウンされるという絶好の機会に乗じて自由になろうとしたのでは。同時にメサイアの都合一つでいつでも消される不安定なアバターから脱却することも望んだエンターが達した結論が「完全な人間」だった、と。

追伸:ゴーバスターズVSゴーカイジャー、初期案だと3000年前と江戸時代でザンギャックがそれぞれ剣将ブドー、骨のシタリと結託して当時のギンガマン、シンケンジャーと対決するという展開があったとか。見たかった。
長文失礼しました。

Re: タイトルなし

> ニックとエシディシが同じ声なせいかジョジョネタが複数頭に浮かびましたが色々台無しになるので割愛。

むしろそっちが気になるんだけど……


> メサイア役の佐々木さん出演やオールアップの告知すらシャットダウン。扱い酷すぎる。それともVシネマや来年のVSシリーズで出てくるのでしょうか。

あー次のVSシリーズの敵までメサイアっていうのはなぁ……


> 結局誕生経緯の謎もはっきりしなかったヴァグラスですが組織とすら呼べないものだった気がします。メサイアが現実世界で融合増殖可能になればお役ごめん、エスケイプがそうだったように用済みの道具として「もういらぬ」の一言で切り捨てられていたでしょう。
> 当然それはエンターも例外ではなく、メサイアにとっては「役に立つ道具」でしかなかった。人間に関わるうちにエンターはそれが嫌になり、メサイアが亜空間でシャットダウンされるという絶好の機会に乗じて自由になろうとしたのでは。同時にメサイアの都合一つでいつでも消される不安定なアバターから脱却することも望んだエンターが達した結論が「完全な人間」だった、と。


本編であまり詳しく語られなかった分、
色々と二次創作で補完できる余地がありますね。


> 追伸:ゴーバスターズVSゴーカイジャー、初期案だと3000年前と江戸時代でザンギャックがそれぞれ剣将ブドー、骨のシタリと結託して当時のギンガマン、シンケンジャーと対決するという展開があったとか。見たかった。
> 長文失礼しました。

明らかにそちらの方が面白そうじゃないか!
明らかに尺が足りなさそうだけど!

そういやブドー魔人衆と外道衆の幹部クラスって
和風に加え海産物モチーフってところが同じですな。

はっきし言って確かに設定はよく出来てたし感心できる部分もあった。けどカタルシスが感じられない話が多いうえ味方側に共感できないのが嫌だった。人間とロボットのバデイ物なんか勇者シリーズとかアニメでもやってるしゴーオンの方がちゃんと書けてたのがな。星矢とスマイルプリキュアの方が夢中で楽しめた分この番組はシンケン以上に嫌いだった。

Re: タイトルなし

> はっきし言って確かに設定はよく出来てたし感心できる部分もあった。けどカタルシスが感じられない話が多いうえ味方側に共感できないのが嫌だった。人間とロボットのバデイ物なんか勇者シリーズとかアニメでもやってるしゴーオンの方がちゃんと書けてたのがな。星矢とスマイルプリキュアの方が夢中で楽しめた分この番組はシンケン以上に嫌いだった。

夢中で楽しめると言うほどの物は近年見ていないが、
まぁこればかりはキャラの好み、つまりは運だめしみたいなものだからな。
内容云々よりお気に入りのキャラがいるかどうかで評価の7割は決まるからw

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/3186-8a39aca5

特命戦隊ゴーバスターズ Final Mission「永遠のキズナ」

特命戦隊ゴーバスターズの最終話を見ました。 Final Mission 永遠のキズナ 覚悟を決めた黒木や仲村、森下の働きにより、エンターを亜空間に転送を強行する。 「問題はエンターだ...