fc2ブログ

第2次スーパーロボット大戦OG プレイ記3

マキシマム

マキシマムブレイク!!

最終話までクリア
以下ネタバレ



第43話 輝きを一つに

ハイペリオン初登場の話で、アラセリさんあっさり死亡……
ボスクラスの癖に友軍を撃墜されても気力が上がらない謎な仕様のキャラだった。


第44話 特異点崩壊

ゲストとガイアセイバーズ、
魔装機神組とシュウ・シラカワ組が一堂に会する場で、
ゼゼーナンの陰謀を暴くシュウ。
ゼゼーナンがのこのこライグ・ゲイオスで出てきて、
ゲストの頭を討つ絶好の機会なのに
なぜか軍を引かせるアルテウルを怪しむカーリー。
ここは敵を撃墜しすぎてSRポイントを逃してしまった。


第45話 凶鳥は三度死ぬ

アーマラのガリルナガンの新技アキシオン・アッシャーを披露。

デッドエンド・スラァァァッシュ!!

ガリルナガンの「ナガン」ってアストラナガンに連なる機体ってことだったのか。
だから発売前情報だとコード「エビル」と本来の名前を隠していたのね。
アーマラのBGM「黒焔の狩人」はあんまりボスっぽくない曲だけど
聴いていれば割とお気に入りになってきた。

舌を噛みそうな名前だと評判のイング後継機エグゼクスバイン
イングの能力と相まってボス相手でも驚異の回避率を誇り、
念動フィールドSで防御すれば大抵の攻撃は耐える。
本作最強ユニットの一角じゃないでしょうか。
最強武器は長距離タイプなのでボス戦では位置取りが重要だが。
読みにくいと言うより、エクゼクスバインと間違えそうな名前だ。


第46話 リューネ・カプリッチオ

SRポイントを取るにはリューネ&ザッシュの位置取りとダメージ調整が重要。
割と何度もやり直してようやく達成しました。


第48話 深秘なる存在

ジェアン・シュヴァリアーとデア・ブランシュネージュ登場。
ジェアンはともかくデアの方は移動後射程3の
ナイト・ディメンションに代わる武器が
射程2のガーディアンブレードになってしまい、
他は全て長距離射程で、リムにデフォルトでは
ヒット&アウェイが無いこともあって使いづらい。
Dだと最初からヒット&アウェイがあって使いやすかったんだがな……


第50話 未来交差点

ガルムレイド・ブレイズとサーベラス・イグナイト加入
ヒューゴとアクアは最後までガルムレイド系を使っていました。
ガルムレイド・ブレイズは最初から空Aなのがありがたいですね。


第52話 私に、さよならを

リムの人格の内クリスが消滅して、グラキエースとウェントスが仲間になりました。
これに限った話じゃないが、Dのシナリオについてほとんど忘れているな俺……

味方になったグラキエースの戦闘曲「Destine」が素晴らしい。
本作でも出色の出来。
ボスBGMを除けばこんな良い曲は実に珍しい。


地上ルートだとガイアセイバーズ、
宇宙ルートだとゲストと決着をつけるルートになる。
管理人は地上ルートを選択。

中盤の分岐のように、バラルの結界によって地球が封印され、
強制的に地球と宇宙に分断される形となっている。


地上ルート 
第56話 紅の聖誕祭(前篇)
第57話 紅の聖誕祭(後篇)


ケルベリオン三人組ともここで決着。
シオは撃墜される時に素顔を見せてくれます。

OG外伝、ひいてはOGs収録の
OG2.5から延々と生き残ってきたムラタもついに死亡。

スパロボMXでは登場しなかったMODEL-Xことガルベルス登場。

ガルベルスかっこいいな!!
リボーンズガンダムと同じくガルムレイドとサーベラスにリバーシブル変形する。
ターミナス・デストロイヤーでは変形過程をじっくりと拝める。
あまり見る機会無いけどサンダーボルト・スピンエッジでは
背部の円形のパーツが合体して巨大な回転ノコギリになる。

ヒューゴ曰くアルベロ隊長が乗っていなかったら大したこと無かったらしいが、
次回作辺りでアルベロ隊長が生きていて
ガルベルスで仲間になるとかそういう展開ないんですかね。

エグゼクスバインの新武装ブラックホール・バスターキャノンでエグレッタ死亡。
その後Zの世界に転生して
蟹座のスフィア・リアクターとなる……なんて展開は無いですよね。


第58話 クライシス・ポイント
第59話 デザイア


今回より加入するモニカは既にエースになっており
エースボーナスで毎ターン幸運が掛かるおいしいキャラですが
誰と組ませるかが悩みどころですね。私はエグゼクスバインに落ち着きました。

ルイーナとの最終決戦。
イグニス、ウンブラとの連戦では精神を温存せねばならないが、
イグニスに当てるのは割と楽で、
ウンブラは射程が短く長距離から攻めれば反撃を受けない。

互いに援護防御して行く手を阻むベルグランデの列はグラビトロンカノンで一掃。
てかそうしないとこれ相当に面倒くさいと思うんだが。

“破滅の王”ペルフェクティオ

声は関俊彦さん!
なるほどジョッシュの中村悠一さんと声が似ていますからねw
木原マサキやらクルーゼやら
これまでも多くの悪のボスを演じていますしベストなキャスティングだったのでは。

ファートゥムのエデッセサペレの戦闘アニメが凄まじい出来だった。
精神禁止や戦闘不能など厄介な追加効果があるので
パイロットブロック持ち以外はひらめきを使うか、
追加効果の無い射程3から攻めればよい。

Dと同じくBGMが異常にカッコいい。
ラスボスのBGMとしては歴代最高クラスではないでしょうか。
BGMが燃え系という点では第六天波旬と同じですね。

リアナはシュンパティアの影響によって生まれた
メリオルエッセの成りそこないの人格だったのか。
てかDではリムを主人公にしたはずなのにこの辺の設定ころりと忘れているんだがw
最後にトレーズが特攻して死んだのは覚えている。

アンゲルスS、ベルグランデS、スカルプルムSは結局登場しなかった。
よくある色変えと違って完全にデザインが違うので
新しくデザインせねばならずケチられたのだろうか。
正直もうDの敵がゲームで登場する機会は無いと思うのでそこは出して欲しかったなぁ……


ここからSRポイントの差で分岐が決定する。
私は長い方のルートだったが、正直こういうのは好ましくないなぁ……


第60話 ラスト・クライ

MXの最終話のタイトルは「約束の地」だったが、
今回はヒューゴにちなんだ中々格好良いタイトルになっている。

最初の方で待ち構えているサイリオンの群れが一番手強かったかもしれん……
ちょっと前に出た味方が落とされることも珍しくなく、
あまりに面倒だったんでマップ兵器で一掃した。もうやりたくねーw

アレス・ガイストは所詮HP14万程度ではね……
ところでドゥバンはエリック・ワンにドバン呼ばわりされていたが、
それじゃ別のキャラになっちゃうよww
まぁエリックも魔装機神の方で、エリックという名のモヒカン男がいるわけだが。

ガルベルスがいるので最終進化後の
メディウス・ロクスは登場しないがAI1にその意匠が残っている。
ゼンガーには羊水球と呼ばれていた。

OG外伝での修羅王の後のデュミナスのように、
AI1はそんなに強く無く、割と肩の力を抜いて挑めた。

本作から本編でも主題歌がアレンジBGMはなくそのまま流れるようになっている。


第61話 機人大戦

今回初めて出てきたバラル兵の仮面が
第2次αのブリットの仮面と同じw

マガルガ、饕餮王と窮奇王を撃墜したら、
武雀王と第3次αでは真・龍人機と呼ばれていた四霊の超機人・応龍皇が出現。
他の四霊の超機人が出て来ないのには何か理由があるらしいが……
てか、四霊は「~~皇」というらしいけど、
麒麟や霊亀はいいとして鳳凰は鳳凰皇になってしまうのだろうかw

雀武王と武雀王に新必殺技が追加。
雀武王の五行烈斬は長く伸ばした
黒蛇刀で斬る技だが、斬るのは一回だけなのね。

あーん!光(ガン)様が死んだー!

とはどう考えても思えないふざけた負け惜しみたっぷりの死にざま。


第62話 母なる星の護り神

第2次αの時もだけどガンエデンはパイロットも機体も
好みじゃないのであんまり盛り上がらないなぁ。
AI1もそうだがあれはエルデさんのテンションが面白いので。

カナフ、ケレン、ザナヴは5ターンで全機撃墜。

ガンエデンより神殿を囲むズロアを
グラビトロンカノンで一掃するための位置取りを調整するのに苦労したww
サイバスターだけ閃きをかけて残して、撃ち漏らしたのはサイフラッシュで一掃。


最終話 古の忌憶

ラスボスは、ガンエデンとAI1、
クロスゲートが融合して誕生した新人祖・アダマトロン

アダム+メタトロンでアダマトロン。

これはスーパーヒーロー作戦でユーゼスが
デビルガンダムとカラータイマーの力で超神ゼストになったのをなぞる展開ですな。

ニブハル何気に死んだw

アーマラはバルシェムシリーズだったのか。
結局バルマーも滅ぼそうとしているユーゼスに
消されちゃったけど第3次αのエツィーラと被るなw

ユーゼスもお馴染みの仮面の姿になります。
私はスパロボαはやっていないのでスパロボでユーゼスと戦うのはこれが初めて。

ユーゼスとの最初の会話は中々興味深い内容が多い。
アサキムはマサキがユーゼスと同じく前世の繰り返しに気付いた時の姿……とかね。
「それも我だ」を言ってくれました。

ユーゼスがメテオ3を地球に送り込んだ黒幕で、
人造マシアフであるイングを鋼龍戦隊に同行させて
強念者として覚醒させ、イルイの代わりにしようとした。

ユーゼスがゼストやジュデッカと共に
名前を上げていたゼルファートって一体何なんだ?

アダマトロンの最強技、エルヨウン・イェダ・ドーマー

「時間と空間が交差し、お前は古の忌憶を垣間見る」
「これは黒き地獄」→黒ジュデッカ
「これは黒き天使」→アストラナガン
「これは黒き銃神」→ディス・アストラナガン


思えばアストラナガンは割と不遇な機体ですな
OGではR-GUNリヴァーレになり
イングラムは既に死亡しているので、他の機体のように
αの時とは比べものにならないほどハイクオリティな
戦闘アニメで描かれることも無いと言う……

アダマトロンはエースボーナスにより
気力160以上で覚醒を使うので、狙われたらまず殺される。
よってアダマトロンの射程13には入らないようにして他の敵を殲滅する。
全軍で右側に移動。スナピルやズロアを撃墜しつつ、
気力が上がったら四凶とクストースを撃破。
この時しんがりにグランゾンを置いておくといい感じで削ってくれるが過信は禁物。

ヴォルクルスは両方倒すと合体ヴォルクルスになる。
HP30万ほどだが、倒しても特に台詞やイベントなどはない。

アダマトロンの射程内に踏み込んだ後は
エクセレンの脱力で気力を落とし、次のターンで総攻撃開始。
武器を十分改造していればアダマトロンは1ターンキルできる。
精神を温存していればアダマトロンと合体ヴォルクルスの両方を撃墜できる。
その場合2ターンは要るのでユーゼスの気力を2回は
160未満に落とせるぐらいに脱力を残しておきましょう。
エクセレンをSP中心に育成してSSPドリンクを付けてやれば十分。

ところで合体ヴォルクルスのハイパーソニックウェーブが全然見られないんだが……
回避やバリアで防いだ場合、死霊装兵を呼び出すところで終わってしまい、
不屈やそのままで受ける場合はアストラルバスターを使う。
第2次OG外伝が出るなら、またバトルビューワーを付けて欲しいぞ。

カーリーことリー・リンジュンはエア・クリスマスで
アダマトロンの内部に空間転移して自爆!!
イングが脱出する切っ掛けを作りました。

ユーゼス「こ、こんな宿命ぇぇぇぇぇ!!」

戦闘アニメの撃墜時の台詞。

イング「そのイルイを取り込んでしまったのは誰だ?」
ユーゼス「私!この私だ!」
イング「僕と言う運命変動因子を作ってしまったのは……誰だ?」


ユーゼス「それも私だぁぁぁぁぁぁっ!!」

これが断末魔ってww


メキボスのフルネームはメキボス・ボルクェーデだったのか。
謎のコードネームの「グレイ」ってグレイターキンのグレイかw

シュンパティアを積んでいることから
Dの機体群は完全に廃棄処分にされるかと思ったけどそうでもなさそう……

気になるのはシュウの章が完全にスルーだったことですね。
これは第2次OG外伝のフラグということなのか……
その時はムラタやケルベリオン三人組、スレイやアラセリが仲間になるんですかね。
EX版のシュウの章でバーンやジェリド達が仲間になったように。

魔装機神組の皆さんは今後魔装機神の第二章、
魔装機神Ⅱ、ひいてはその続編での戦いが控えているわけで、
第3次OGが出るならその辺の設定が反映されたりするんだろうか。
ポゼッションサイバスターとか。
魔装機神のエリックとミチルの絡みがあったら笑うww


撃墜数ランキング

シュウ 179
マサキ 163
ジョッシュ 128
イング 118
リューネ 117
レーツェル 108
ゼンガー 106
リム 98
アイビス 87
ユウキ、ラウル 86
リシュウ、ブリット 85
エクセレン、ラミア 81
トウマ 80


まぁシュウは仲間になった時から
ある程度撃墜数があるから順当な第1位とは言い難いけどもw
インターミッションでシュウの画像が表示されるのは中々見物です。
ジョッシュとリム、ゼンガーは隠し目当てで意図的に稼いだからですね。

イングはパイロット能力に機体性能と色々と恵まれまくっていて、
同じようにマイナー枠?から参戦したアリエイルとは大分差がついているなぁと思ったり。
フリッケライ・ガイストの最大の長所はアルトアイゼンとの合体攻撃ですね。
アルトとヴァイス、そしてビルガーとファルケンは
射程の相性が悪いのでツインを組むには向いていないということもあって
フリッケライはずっとアルトアイゼンと組ませていました。

とりあえずPS3ごと買った甲斐はあったと言っておきましょう。
OGシリーズ初登場のBGMの中では
「フリッケライ・ガイスト」「22nd CHILD」「Duet」「Destine」
「ジェノサイドマシーン」「奔る黒影」「黒焔の狩人」
「雀武周天」「Devastator」「Despair」
辺りがお気に入り。

第3次OGへの伏線ばら撒きまくっているけど次の敵は、
バルマーは当然としてJのフューリー、Wのザ・データベース、
新たな万魔百邪としてKのイディクスも考えられるな。
かつてルイーナを封じた古代人ってフューリーなのだろうか。

今回OGで初登場、退場した中で好きなキャラは
ユーゼス、ウンブラ、ペルフェクティオ、
リム、グラキエース、ゼブ、フェイル、ミチル。
機体だとガルベルス、ガリルナガン、ジンライ、饕餮王、アダマトロン。

ユーゼスはスーパーヒーロー作戦で
あの目が多くてキュラソ星人やイカデビルに似た
仮面のデザインが好きだったけど、結局αはプレイしなかったので
今回また復活してくれてうれしかった。
乃村健次さんの声も大変渋くて良かったです。
いい役貰ったというか私的にはこれが代表作になりそうですね。

ミチル・ハナテンのハナテンは「放出」と書くことが終了メッセージで明かされている。
終了メッセージではアクアの長所が露出とか言われていたが、
今回はサフィーネ様がいるので「鋼龍戦隊じゃあ2番目だ」になっちゃいました。

とりあえず2周目からリューネ編やるけど、
それ以降の分岐は途中のセーブデータ使って回収する可能性大。
1周目からしっかり武器は改造していたので
終盤はそんな楽になるとも思えん。
OGsやOG外伝、Zシリーズなど、近頃のスパロボは
雑魚が硬かったり避けたりして
どうにも気力を消耗するので2周目やる気が起きねぇ。
今回は攻略情報を見ながらやったから隠し要素は大体取れたけど、
基本的に2周目はやらないのであまり複雑な隠しは、
せめて追加武装、パイロットやユニット関連の隠しは無くなった方がありがたいです。


面白かったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント


Dはバサラ(TRY AGAIN)がバランスブレイカーな印象が強かったです。
ルイーナ…うろ覚えだけど、ラスボスが父親だったような…私もかなり忘れてます。

ゲストとは懐かしいですね。
確か第四次(SFC)だし。
ゼブ=チョーさんですか、顔の長い校長のイメージの強いので(笑)

周回は好きなのですが63話もあれば、さすがに気軽に周回したいとは思いにくいですね。

Re: タイトルなし

> Dはバサラ(TRY AGAIN)がバランスブレイカーな印象が強かったです。
> ルイーナ…うろ覚えだけど、ラスボスが父親だったような…私もかなり忘れてます。

いやーDは一般兵のミーレスの能力がかなり高くて
歌で強化してようやくまともにやり合える感じでしたw

Dはキャラが個性的なのでその辺は覚えているけど
シナリオ面はかなりうろ覚えですね。


> ゲストとは懐かしいですね。
> 確か第四次(SFC)だし。
> ゼブ=チョーさんですか、顔の長い校長のイメージの強いので(笑)

実はゲストと戦うのは本作が初めてだったりします。
チョーさんの声はゼブに良く合っていましたよ。


> 周回は好きなのですが63話もあれば、さすがに気軽に周回したいとは思いにくいですね。

第2次αの頃は主人公二人でクリアしたもんだが……
まぁ時間が限られているってのも大きいけど。

近頃は主人公が一人かOGのようにいないかが主流なので、
2周目をやる意味は薄いかな。
まぁ主人公が一人だと一周で全てのオリジナルを見られるので、
この流れ自体は割と歓迎しているんですがね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/3109-de305afa