2012年アニメアウォーズ

~2012年アニメアウォーズ~

・最優秀作品 
・特別賞 (捨てがたいものや大穴だったものなど)
・キャラ部門 (男性・女性それぞれ。性別不明の場合はお任せします。)
・OP部門 (映像込みの評価でお願いします) 
・ED部門 (同上)


おちゃつのちょっとマイルドなblogさんところの企画用の記事です


・最優秀作品

探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕

今年も中々良い作品が多かったですが、それでも最優秀賞に選ぶのはこのアニメ。
今年の最初のクールで放送されたのだけども、
正直今後これを越えるのは出ないだろうなと思わせるほどの凄まじいクオリティでした。
シャロは天然腹黒に磨きがかかり、
ネロはクズの称号に相応しい振る舞いをするようになり、
コーデリアさんは暴走モードや精神汚染波など
次々に恐るべき特殊能力を披露し、
まともなヒロインへの道を全力で逆走していました。

一期から二期になると、登場人物は何かしが成長するものです。
「俺はガンダムだ」言わなくなって
面白味の欠けたセカンドシーズンの刹那のように!
ミルキィホームズはそんな事はありません。むしろ退化しています。
一話では探偵になりたい夢も忘れて農民化し、囚人を大量脱獄させ、大仏を爆破。
いよいよアルセーヌ様にも愛想を尽かされ、
とばっちりで学園は破壊されます。
そんなミルキィホームズも終盤では(一時的に)トイズを取り戻し、
全地球ラード化、ラードインパクトの危機から地球を救います。
ブー太をラードの神に変えた元凶も元を正せばミルキィホームズですが。

だがそれでいい。
放送前は一期があまりにも突き抜けた内容だったので、
二期ではさすがにネタ切れなのではないか、
もっと無難に路線変更されるのではないか……
そんな不安を払拭するかのように
駄目駄目な方向にパワーアップしたミルキィホームズ達の活躍には
何もかも信じるに値しないこの世の中で
信頼できるものは確かにあるのだと認識させてくれました。
この世にここまで私の嗜好にぴったりと合う、
マイナスする部分がほとんど無い作品が存在すること自体が一種の奇跡ではなかろうか。

同時期にミルキィホームズの直系の祖に当たるギャラクシーエンジェルも見ました。
特別編(未視聴)はゲーム版準拠のストーリーやるぐらいなら
ギャラクシーエンジェルVSミルキィホームズとかやって欲しかったですね。
G4の3人はエンジェル隊なんだし。やっぱ無理ですかw


特別賞

ジュエルペット サンシャイン

ジュエルペットシリーズは今回初めて視聴したのですが、
従来のシリーズと比べても相当はっちゃけた内容だったようで……
作中からにじみ出る笑いと狂気はミルキィホームズに勝るとも劣らず、
サンクスジュエルデーや夏休み漂流編、
ラストのダークジュエル大戦などは中々に凄まじい出来だった。
アルマゲドンやルビーの指環をそのまま流したり、
作中のカップルが実の兄妹だと発覚したり、
ジュエルペットの友達として登場したスウィーツペットを喰ってしまったり、
子供向け番組とは思えないネタや展開を盛り込んだ作品でした。
ただ中盤は恋愛要素を前面に押し出した話が多くて
私的にはそれが大きなマイナスポイントでしたな。


ファイ・ブレイン 神のパズル

NHKの番組なので広く、かつ気軽に見られるのがまずポイント。
事ある毎に主人公がパズル勝負に挑み、時には生死すら賭け、
作中の世界観もパズルを基調としているというのは遊戯王と同じですが、
それ以上に豪華声優陣が演じる個性的なキャラクターのやり取りが印象に残る。
逆之上ギャモンやアナ・グラムは新鮮な演技だったし、
軸川先輩と学園長は声が石田彰と藤原啓治なので、
基本的に良い人だけど何か裏があるんじゃないのか的な存在感を放っていたw
ルークとフリーセル、二つのシリーズのラスボスが
いずれもカイトに執着するヤンデレというのはネタとしておいしい。
ED後の、作中のパズルを解説したりするミニコーナー
「もっと×2神のパズル」でのキャラ達の掛け合いが面白かった。


キャラ部門

男性キャラ:
ヘルベルト・ミューラー(ファイ・ブレイン 神のパズル)


「大門カイト……貴様に美しい恐怖と死を」

男性キャラがここまでスパッと決まるのも久々です。
POGの極東本部長で大門カイトの抹殺に拘り、
不備のある問題を出したり、パズルを解いている最中に暗殺しようとしたり、
負けそうになったらガチで殺しにかかる。
それでも毎回負け続けて、負けたら悔しさの余り
椅子を蹴りつけ物に当たり散らす。
一期の途中で更迭されてその後登場することは無かったが、
二期ではオルペウス・オーダーの新幹部として復活を果たし、
一期と同じ小物ぶりで中盤を大いに盛り上げてくれた。
それでいて、顔は美形で声は森川智之という
愛すべきネタキャラの鑑のような男でした。


逆之上ギャモン(ファイ・ブレイン 神のパズル)

福山潤さんのチンピラ的演技が今まで聞いた覚えのない感じでとても良かったです。


ブー太/怪盗アブラギッシュ(探偵オペラ ミルキィホームズ)

意外過ぎるラスボス。
しかし伏線はしっかり貼っている辺りやはりミルキィは侮れない。
声が小山力也のラスボスってのが、
バトスピの異界王やスパロボのガイオウと同じだw


矢作キョウ(カードファイト!!ヴァンガード)

アジアサーキット編で再登場した時は、何か雪男になっていた。
全体の内容は割とまともなのに
彼だけギャグキャラとして突き抜けつつあるw


トロン、Ⅴ、Ⅳ、Ⅲ(遊戯王ZEXAL)

キャラクターも良いのですが、
ギミック・パペットに先史遺産と
彼らのテーマデッキが割と好みだったんで。


ダンタリオン(灼眼のシャナⅢ-FINAL-)

あーん!おじ様が死んだー!!

断末魔の台詞が「おや だけなんて呆気なさすぎるじゃないですかー!
(“頂の座”より)


青鬼院蜻蛉(妖狐×僕SS)

原作のころから好きなキャラだったんですけど、
アニメだと杉田智和さんの演技とあの専用EDがインパクト絶大でしたw


リローヴ(バトルスピリッツ ソードアイズ)

外見が良かったのでw 来年からの活躍に期待。

キャスター、バーサーカー(Fate/Zero)

キャスターはアニメだと龍之介が死んだ時その死を慮る描写が追加されてましたな。

戦闘機にバーサーカーをブレイヴ!!
バーサーカーは戦闘機と融合する2期でこそ本領発揮でした。
セイバーを憎む理由は単に発狂したと言うだけの方が
よほどましだったんじゃないかってぐらいくっだらねー理由なんだけど、
でも伝説や神話の登場人物なんて大抵そんなくだらねー理由で行動するよね。


田仁志慧(新テニスの王子様)
フェリペ・セグンド(境界線上のホライゾン)
トゥルース(エウレカセブンAO)



女性キャラ:
緑川なお(スマイルプリキュア!)


これはもう私のPixivのブックマーク観ていれば
彼女以外ありえないことがお分かりいただけるのではないでしょうかw
私的には2012年の顔とも言うべきキャラクター。
最初は緑髪のポニーテールというのが凄い好みで注目していたけども、
そんなに過度な期待はしていなかったんですが、
Pixivで青木れいかさんと幼馴染であると言う設定が
判明してからは完全に火が付きましたね。

かわいいもの好きと言う設定があったが最初の頃
ちょっと出ただけで以後表に出ることは無く、
むしろ好きなのは「食べられるものなら何でも」なんじゃないのかと
いうぐらい大食いキャラの方が定着した感がある。
まぁ正直この設定は「なおは昔からかわいいものが好きなのよね」という
幼馴染を匂わせる台詞を引き出すことのみに意味があったと言えるでしょう。

未だ放送は終了していないのでこれ以上はスマプリ最終話感想までとっておきます。


わたし、Y、巻き毛(人類は衰退しました)

わたしちゃんは常識人だけどほどほどに腹黒で、
世の物事に割と冷めた視点で突っ込みを入れられる理想的な主人公でした。
楽をしたいけど全く仕事が無いのも落ち着かない、というのは凄く共感できる。
Yさんは外見がどストライクな上、好みの属性である腐女子キャラと言うのが良い。
巻き毛ちゃんは出番こそ1エピソードのみだけど、それが惜しく思えるぐらい
わたしちゃんへの行き過ぎた愛情の描写が素晴らしい。


コーデリア・グラウカ、長谷川平乃(探偵オペラ ミルキィホームズ)

コーデリアさんは二期に入ってからは暴走モードや精神汚染波の存在故か、
ギャグキャラと言うより、バトル作品の能力者として
魅力的なキャラになったと思います。
平乃は一期は出番少なかったが
二期はゴスロリ衣装を披露したりと他キャラと同程度には優遇されていた。


浅香ひなた(ジュエルペット サンシャイン)

ウルトラマン。


夏目、沙英、ヒロ(ひだまりスケッチ×ハニカム)

私的にはハニカムは何か夏目サーガ完結編みたいな内容だった。
いやさ完結かどうかはそれこそ原作次第なわけだがw
沙英ヒロの夫婦っぷりも眼福でございました。


坂東まりも(てーきゅう)

何か原作を見たくなるぐらい歪みないレズっぷりだったw


ココ・ヘクマティアル、バルメ、チェキータ(ヨルムンガンド)

本作の女性キャラは大体みんな好きなんですけどね。
それこそぺらっぺらの日本刀でキャスパーに奇襲を仕掛け、
チェキータさんに一瞬でやられた黒坂さんもw
作者の画風か皆どこか怜悧さと狡猾さをたたえた顔立ちで、
軍人にしろ武器商人にしろ科学者にしろ、皆精神的に恐ろしくタフだ。


清水谷竜華、園城寺怜、弘世菫、三尋木詠(咲-Saki- 阿知賀編)

アニメつうか原作の続きが楽しみ!
とりあえず主にアニメで活躍したキャラから選んだけども、
来年はここの名前が倍以上に増えてるんじゃなかろうかw


青木れいか(スマイルプリキュア!)
エリザベス、ロバート・ダッドリー、マルガ・ナルゼ(境界線上のホライゾン)
秋山優花里(ガールズ&パンツァー)



OP部門

Now or Never(ファイ・ブレイン 神のパズル 後期OP)

管理人の好きな敵キャラがずらずら出てくるOPなので。
途中から一瞬だけヘルベルトさんに差し替えられているのがw

今年はOPは良曲が多かったですわー。
人類は衰退しました、ヨルムンガンド、じょしらく
K、ジョジョの奇妙な冒険、ひだまりスケッチ×ハニカム、
遊戯王ZEXALⅡ、聖闘士星矢Ωなどなど……
今年の最終クールが特に豊作だったね。


ED部門

君にまつわるミステリー(氷菓 後期ED)

女性人二人が探偵のコスプレしているのが良かったw
探偵のコスチュームっていいよね……
原作の方だけど、人類は衰退しましたでもわたしとYが探偵コスプレしてたんだよね。


今回……というか近頃はあえて原作付きを外しているんだけど、
主な理由は、原作の後でアニメを見ても新鮮味が無くなるし、
アニメの後で原作を見れば、どうしても小説や漫画の方が
ボリューム面で上回るので印象が薄くなるのは避けられないというのがあります。
まぁアニメの途中で誘惑に負けて原作に手を出してしまうというのも、
それは内容が優れている何よりの証でもあるのですが。

しかし原作付きの方も今年は中々の粒ぞろいだったと思います。
「Fate/Zero」「灼眼のシャナⅢ-FINAL-」
原作ファンとしてはほぼ文句のつけようがない出来だった。
「境界線上のホライゾン」「人類は衰退しました」
「黒子のバスケ」「ヨルムンガンド」
などは原作に触れるきっかけになりました。
勿論アニメとしての出来も良くて、声や映像などは良い原作補完になった。

「聖闘士星矢Ω」は新十二宮編に入ってこれからどんどん盛り上がるところですね。
てかハービンジャーやシラーたち黄金聖闘士が
仲間になってからの新章が楽しみなんだけど……w

「アクエリオンEVOL」「エウレカセブンAO」
スパロボZで参戦したロボットアニメ作品の正式な続編も放送された。
好みはさておき出来はいずれも良かったと思う。
スパロボに参戦する時はどんな風にアレンジされるのだろうか。

しかしアニメの内容以上にド嵌まりしたのは
なおれい(緑川なお×青木れいか)怜竜(園城寺怜×清水谷竜華)ですかね。
Pixivでイラストを漁るのが日課になってましたわ。
これらに関しては原作はむしろ二次創作の
元ネタ、燃料、あるいは起爆剤の意味合いの方が強かった。
アニメにしろ漫画にしろ小説にしろ、
基本的には読むなり見るなりすればそれで終わりです。
その時間内は満足を得られるが、結局は短い時間の娯楽でしかない。
しかし二次創作は作る人がいる限り、
増殖していくのでずっと長い間楽しむことができる。



面白かったらクリックお願いします

にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト

コメント


御礼

藍三郎さんこんばんは-。

ミルキィ第2幕ですか。
個人的には正直好みとはズレていってしまったのですが、填った方にはどんぴしゃだっただろうなあ。それぐらい暴走具合が突き抜けてたしテンション高かったですね。
たしかに成長どころかどんどんキャラが退化してましたよねw

JPTサンシャインもまた、原曲使用やパロディなど作り手の遊び心満載の作品でしたね。


ではでは、今回も参加頂きありがとうございました!
今後もどうぞよろしくおねがいいたします。どうぞ良いお年を~。

このコメ欄をお借りして

自分もちょっと簡単にですが今年のアニメをまとめてみます。
そちらへのツッコミも入れますがw

・最優秀作品 

灼眼のシャナⅢ-FINAL-

やはりこの作品ですね。ライトノベルの中で唯一購読していた作品でありアニメでも完結してくれた事に感動もひとしお。OPは1期から常に高良曲なものばかりでしたし、3期のEDはシャナの内容そのまま表してくれたものでしたので。

>探偵オペラ ミルキィホームズ

これもすさまじいアニメでしたね。2期から見始めましたがストーリーがカオスで秀逸なので特定のキャラに思い入れはできなかったり(ぉ でもあえてあげるならラード神ブー太かなw 小山さんはラスボス級のキャラならなんでもこなしてしまう凄い声優だと思いますね。へうげものの信長やキングダムの王騎もやっちゃてますし。

特別賞 

咲-Saki- 阿知賀編

そもそも咲-Saki-は兄が集めていた事もあり、なんとなく内容は把握していたが和を始めキャラの外見が受け付けれられずにどこか敬遠していた作品でもあった。だが、こちらは大好きなバンブーブレードの五十嵐あぐりが作画をすることもあってか、読み始めました結果ドハマリ。今年の作品の中で一番はまった作品とも言える。イベントにも行ったしw

妖狐×僕SS

こちらのイベントには行ってないのだがwアニメから入り原作に触れるきっかけとなった数少ない作品でもあるので。まず出演キャラ全員声優の配役ピッタシなアニメでした。原作をその後読んでみても、それは変わらなかった。というより原作者自ら作詞したあの狂気と愛情があるキャラソンEDを聞けば納得してしまったw
そしてアニメ終了後の原作が久しぶりに設定を活かしているな~と思わされた展開なところに思い入れができました。



キャラ部門 

男性キャラ 

ギルガメッシュ(Fate/Zero)

ここでこの名前を出すのは反則かもしれないが、やはり慢心王もといアニメでは英雄王の名に恥じぬ活躍をしたこのキャラにしたい。もちろんアニメだけではなく、小説、ドラマCDも総合してですけど。というよりアニメだけで満足させてくれるキャラがそうそう出るものではないのだが。どんなことであれ規格外の実力を持つ所に惹かれました。担当の関智一さんのセリフで一番凄かったのはドラマCDの狂宴の高笑いだったりw

>ダンタリオン(灼眼のシャナⅢ-FINAL-)

あーん!素顔が可愛かったー!
とまぁおふざけはともかく続編は描かれないでしょうが、小型の久遠の陥穽に飲み込まれたので、もしかしたら復活できる可能性は残っているのではと思っていたりw

>青鬼院蜻蛉(妖狐×僕SS)

すさまじいネタキャラではありますが、ネタに匹敵するほどガチでカッコいいキャラだったり、連載で最後のページに掲載されてた蜻様は見事なもんでしたよw専用EDはⅣ役でもある細谷佳正さんと日笠さんの「太陽と月」がガチすぎて惚れた。細谷さんいずれ主役張ってほしいなぁ。

女性キャラ

鷺森灼(咲-Saki- 阿知賀編)

これはアニメウォーズだがやはり2012年で年間通して惚れこんだキャラといえば彼女以外考えられない。アニメでのキャラと言えば最後の個人回で自らのキャラソンを乗せて戦い魅力をほぼ完成させた青木れいかを挙げたかった。だがマイナーな知名度、人気も含め俺が挙げずに誰が彼女の名前を挙げる!と思ったのでw藍三郎さんが夏目に抱く感情に近いものを私が灼に持っているとも思ってくれればわかるかとw
灼のアニメの活躍は来年だが、尺に不安もあるし、それ以上に年内で原作で見事に魅力を描き切ってくれた。キャラソンの「Next Legend」を載せた画像動画も見て感動もひとしお。さらにこれから何年後か知らんが咲本編でも、新たな出番があるはずという未来への期待も込めて彼女の名を挙げました。

青木れいか(スマイルプリキュア!)

ホントに灼かビューティか悩みましたよwですが全プリキュアの中で一番魅力を感じハマったキャラと言えば彼女以外には考えられない。スマプリ完結まで自分も総評はお預けで

日下チヒロ(バトルスピリッツ覇王)
バトスピ好きとしては一つはねwキュアマリン役で知った水沢史絵さんでしたが低い声も良かったです。キャラも好きでした。そして覇王シリーズの白スピリット達はどれも強力ですしwつかバトスピ白属性は実にメタな効果を持つ奴ばかり。

夏目、宮子、ヒロ(ひだまりスケッチ×ハニカム)

夏目は原作のクリスマス回は超興奮しましたwでもアニメはそれを軽々飛び越える。宮子はゆのっちとのほのかな百合描写に魅かれ、ヒロさんは色んな意味でホッとさせてくれました。

松実宥、三尋木詠、弘世菫 (咲-Saki- 阿知賀編)
アニメで好きになった方たちw(原作や本編含めたら自分もどれだけ増えることやら…)この3人は声優さんにも恵まれましたが、アニメのキャラデザの方が好き。原作含めれば一番好感度上がったのは照だったりする。淡も含めた信号機3人初め白糸台高校の魅力が判明したのが良かった。主人公たる穏乃は来年の活躍に期待。超興味深い考察も見れたし。

OP部門 Light My Fire
ED部門 ONE

どちらも灼眼のシャナⅢ-FINAL-でしたが前期と後期と分かれました。やっぱりキャラが多く出るからですかね。OPは仮装舞踏会勢ぞろいシーン、EDはキアラ、サーレ、大地の四神、ラスボスに見えるゾフィーが高得点でした。

ひとまずこの辺で。こんなに長く書いてしまい申し訳ないですが、この場を御借りできた事に御礼申し上げます。
自分も去年以上につか今年からpixivを読み漁るようになりました。そのキッカケを作っていただいた藍三郎さんとこのサイトに感謝を。
今後もよろしくおねがいいたします。良いお年を。

Re: 御礼

> 藍三郎さんこんばんは-。

こんばんはー。


> ミルキィ第2幕ですか。
> 個人的には正直好みとはズレていってしまったのですが、填った方にはどんぴしゃだっただろうなあ。それぐらい暴走具合が突き抜けてたしテンション高かったですね。
> たしかに成長どころかどんどんキャラが退化してましたよねw

アニメもこんだけ数があるんだから賛否両論覚悟の上で
ひたすらその作品にしかない特徴を特化させるべきじゃないかなぁと思います。
ミルキィの場合は、それが主人公たちの駄目駄目さってことですがw

2期に入ってキャラが退化するアニメはミルキィだけ!?w


> JPTサンシャインもまた、原曲使用やパロディなど作り手の遊び心満載の作品でしたね。

そういや著作権もよく知らない子供たちは
あの原曲を自然に受け入れていたのだろうか……


> ではでは、今回も参加頂きありがとうございました!
> 今後もどうぞよろしくおねがいいたします。どうぞ良いお年を~。

今回はお誘いどうもありがとうございました。
良いお年を~~

Re: このコメ欄をお借りして

> 自分もちょっと簡単にですが今年のアニメをまとめてみます。
> そちらへのツッコミも入れますがw
>
> ・最優秀作品 
>
> 灼眼のシャナⅢ-FINAL-
>
> やはりこの作品ですね。ライトノベルの中で唯一購読していた作品でありアニメでも完結してくれた事に感動もひとしお。OPは1期から常に高良曲なものばかりでしたし、3期のEDはシャナの内容そのまま表してくれたものでしたので。

そういやアニメで完結まで原作再現したラノベってのもほとんど無いよなー。
OPはずっと良曲ぞろいでしたね。


> >探偵オペラ ミルキィホームズ
>
> これもすさまじいアニメでしたね。2期から見始めましたがストーリーがカオスで秀逸なので特定のキャラに思い入れはできなかったり(ぉ でもあえてあげるならラード神ブー太かなw 小山さんはラスボス級のキャラならなんでもこなしてしまう凄い声優だと思いますね。へうげものの信長やキングダムの王騎もやっちゃてますし。

確かにミルキィは魅力的なキャラは多いけどもキャラへの愛よりは
全体の面白さのウェイトの方がずっと大きい作品でしたわ。
てかミルキィに求めているのは、
「公式が濃すぎて二次創作が追い付かない」レベルですし……


> 特別賞 
>
> 咲-Saki- 阿知賀編
>
> そもそも咲-Saki-は兄が集めていた事もあり、なんとなく内容は把握していたが和を始めキャラの外見が受け付けれられずにどこか敬遠していた作品でもあった。だが、こちらは大好きなバンブーブレードの五十嵐あぐりが作画をすることもあってか、読み始めました結果ドハマリ。今年の作品の中で一番はまった作品とも言える。イベントにも行ったしw

近頃咲本編の方は長野編ほどレズくさい描写が無くて
今一つキャラ萌えに走れないのだが、
阿知賀編は怜と竜華を皮切りに次々と魅力的なカップリングが登場して
今では完全に阿知賀の方に注目していますね。
原作のネタバレを見て、あの哩姫を始め
今では怜竜以外にも好ましいカップリングが一気に増えた。


> ギルガメッシュ(Fate/Zero)
>
> ここでこの名前を出すのは反則かもしれないが、やはり慢心王もといアニメでは英雄王の名に恥じぬ活躍をしたこのキャラにしたい。もちろんアニメだけではなく、小説、ドラマCDも総合してですけど。というよりアニメだけで満足させてくれるキャラがそうそう出るものではないのだが。どんなことであれ規格外の実力を持つ所に惹かれました。担当の関智一さんのセリフで一番凄かったのはドラマCDの狂宴の高笑いだったりw

いやー条件は満たしていると思いますけども。
2期としてはヴィマーナのデザインが公開されたのが収穫だったかなぁ。
思ったよりもでかかったw


> >ダンタリオン(灼眼のシャナⅢ-FINAL-)
>
> あーん!素顔が可愛かったー!
> とまぁおふざけはともかく続編は描かれないでしょうが、小型の久遠の陥穽に飲み込まれたので、もしかしたら復活できる可能性は残っているのではと思っていたりw

ああ、そういう解釈も可能かw

本当に生きてるならSⅢで何らかの言及があったと思うけど……

あ、あれはあくまでネタであって
俺個人としては別に死んで惜しいとは思わないです(どうせ本編終わってるし


> >青鬼院蜻蛉(妖狐×僕SS)
>
> すさまじいネタキャラではありますが、ネタに匹敵するほどガチでカッコいいキャラだったり、連載で最後のページに掲載されてた蜻様は見事なもんでしたよw専用EDはⅣ役でもある細谷佳正さんと日笠さんの「太陽と月」がガチすぎて惚れた。細谷さんいずれ主役張ってほしいなぁ。

いや、主役やっていますよ。刀語の鑢七花で。
近年出演数が増えているのは多分これのお陰じゃないかなぁ。


> 女性キャラ
>
> 鷺森灼(咲-Saki- 阿知賀編)
>
> これはアニメウォーズだがやはり2012年で年間通して惚れこんだキャラといえば彼女以外考えられない。アニメでのキャラと言えば最後の個人回で自らのキャラソンを乗せて戦い魅力をほぼ完成させた青木れいかを挙げたかった。だがマイナーな知名度、人気も含め俺が挙げずに誰が彼女の名前を挙げる!と思ったのでw藍三郎さんが夏目に抱く感情に近いものを私が灼に持っているとも思ってくれればわかるかとw

なるほど分かりやすいw

コメントから好きな気持ちは伝わってきましたがこれほどとはw


> 灼のアニメの活躍は来年だが、尺に不安もあるし、それ以上に年内で原作で見事に魅力を描き切ってくれた。キャラソンの「Next Legend」を載せた画像動画も見て感動もひとしお。さらにこれから何年後か知らんが咲本編でも、新たな出番があるはずという未来への期待も込めて彼女の名を挙げました。

灼に関しては副将戦入ってからが本番かなーと原作バレを見る限りでは思います。
まぁ咲シリーズは例え出番が少なくとも設定がおいしければPixivでネタが増えるのですが。

個人的に難点を上げるとすればお相手のレジェンドが
池田とか小走先輩とかと同じネタ側の住人なのでレズ妄想に結び付けづらいことか。


> 日下チヒロ(バトルスピリッツ覇王)
> バトスピ好きとしては一つはねwキュアマリン役で知った水沢史絵さんでしたが低い声も良かったです。キャラも好きでした。そして覇王シリーズの白スピリット達はどれも強力ですしwつかバトスピ白属性は実にメタな効果を持つ奴ばかり。

覇王で好きなキャラといえば大分初期に登場した本家セイメイ使いのマツリさんなんだけど
セイメイをキマリ様に譲渡として以降出番がさっぱりなくなり、
さすがにノミネートはしませんでした。


> 松実宥、三尋木詠、弘世菫 (咲-Saki- 阿知賀編)
> アニメで好きになった方たちw(原作や本編含めたら自分もどれだけ増えることやら…)この3人は声優さんにも恵まれましたが、アニメのキャラデザの方が好き。原作含めれば一番好感度上がったのは照だったりする。淡も含めた信号機3人初め白糸台高校の魅力が判明したのが良かった。主人公たる穏乃は来年の活躍に期待。超興味深い考察も見れたし。

穏乃もそうだが竜華が気になるなぁ……
宮永照や天江衣と同等の大器を持った
大星淡と互角かもしれない「最高状態」って一体何なんだ……

阿知賀編はある意味全て完結してからが本番かもw


> OP部門 Light My Fire
> ED部門 ONE
>
> どちらも灼眼のシャナⅢ-FINAL-でしたが前期と後期と分かれました。やっぱりキャラが多く出るからですかね。OPは仮装舞踏会勢ぞろいシーン、EDはキアラ、サーレ、大地の四神、ラスボスに見えるゾフィーが高得点でした。

あれがラスボスだったらある意味すげーわw


> ひとまずこの辺で。こんなに長く書いてしまい申し訳ないですが、この場を御借りできた事に御礼申し上げます。

いや中々興味深い内容でした。
この企画は人がどんな嗜好を持っているか知ることに意味があるのでw


> 自分も去年以上につか今年からpixivを読み漁るようになりました。そのキッカケを作っていただいた藍三郎さんとこのサイトに感謝を。
> 今後もよろしくおねがいいたします。良いお年を。

良いお年を~

Pixivは特定のキャラやカップリングの
愛を追究するには最高のツールだと思います。
プリキュアや咲は人気があるのでイラストもどかどか投稿され、
私的には今や切っても切り離せぬ関係ですね……

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/3104-a813ab68

2012年アニメアウォーズ!

2012年アニメアウォーズ! 2012年12月26日11時投稿 例年のごとく、「おちゃつのちょっとマイルドなBlog」のおちゃつさんからお誘いを受け、同Blogで開催されている「2012年アニメアウォー...

2012年アニメアウォーズ

おちゃつのちょっとマイルドなblog様で毎年開催されている企画、2012年アニメアウォーズに参加します。 ~2012年アニメアウォーズ~ ・最優秀作品  ・特別賞 (捨てがたいものや大

2012年アニメアウォーズ!

おちゃつのちょっとマイルドなblog様の企画に参加してきました。 ~2012年アニメアウォーズ~ ・最優秀作品  ・特別賞 (捨てがたいもの、大穴だったものなど) ・キャラ部門 (...

2012年アニメアウォーズ!

「おちゃつのちょっとマイルドなblog」のおちゃつ様にお誘いいただいた企画「2012年アニメアウォーズ!」に昨年に引き続き参加させていただきます 概要はおちゃつ様の上記リンク先の...

2012年アニメアウォーズ!

年末の風物詩、おちゃつ様の企画に今年も参加させていただきました。 おさそいありがとうございます(^^) それでは早速行ってみましょう。 <最優秀作品> 人類は衰退しました ほ

アニメアウォーズ!2012

2012年アニメアウォーズ http://greensnake.blog70.fc2.com/blog-entry-3104.html

2012年アニメアウォーズ!

お久しぶりです~、 例年通り、コミケ前のバタバタな状態ですw またもや今年もRAY=OUTは 色々ありまして休息状態に…… 広島でイベント「広島あにこむ」やらかしたりと

2012年アニメアウォーズ!

 どうも、管理人です。気づけば、もう明日は電気外祭りですか。コミケほどガチじゃないにしても、朝早起きする必要があるのがやはり一番のネックな気がする。そして、31日はコミケ

FC2Ad