FC2ブログ

K 第9話「Knell」

バールのようなものも息の長いネタだよな。


黄金の王の配下は金のウサギの仮面を被っている。

黒幕はKITSUNEだったのかw
他人の肉体に憑依する能力者っぽい。

黒幕の正体を掴んだ周防は
爆炎を放ち施設を破壊、悠々と立ち去っていく。
宗像不在のセプター4では足止めすらできない。

相変わらず特殊能力の原理やら背景設定やらはよく分からんけど
周防が自由の身になってクライマックスに向けて
進んでいる感じは出ていたかなぁ?w


面白かったらクリックお願いします

にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/3037-c5cfab31

K 第9話「Knell」

「成程な、そういうやり口か」 白銀の王の死に疑問を感じる宗像、そして周防が動き出す! ヴァイスマンの過去が明らかに――…    冒頭はヴァイスマンを中心とした王権者に関

K #09 Knell レビュー

1945 Januar Dresden (1945 1月 ドレスデン) その地下では巨大な石版を前に研究・実験が行われていた。 研究の中心人物はアドルフ・K・ヴァイスマン、日本から 視察に来ている軍人の男に実験を...