FC2ブログ

エウレカセブンAO 23話・24話

第23話 ザ・ファイナル・フロンティア
第24話 夏への扉



あれ、前回でナルさんと共闘するっぽい流れだったけど結局敵に回ったー。
と思ったらすぐにトゥルースに裏切られた。

スカブが巨人の形を取った時にはトゥルースと融合して
巨大なラスボスになるもんだと思ったよ。

結局トゥルースの望み通りクオーツガンが発射されまたも歴史が書き換わる。
やりたい放題やった挙句そのまま勝ち逃げした感じだなw

本作でアオが乗っていたニルヴァーシュは
正式名称ニルヴァーシュ・ネオらしい。

ラスボス?というか最後に戦う相手は親父レントンでした。

遠い未来ではスカブのせいで人類は滅亡寸前に。
あれが前作交響詩篇の続きだとすると何とも救いの無い展開だ。

アオの姉は人間とスカブコーラルの細胞が
拒絶反応を起こして生まれてすぐに石化して死んでしまった。
トラパーの濃い環境では人とコーラリアンのハーフは生きていけない。
レントンはクオーツガンを使って地球に最初に来たスカブを消し去り
スカブの存在しない歴史にしようとする。

しかし、スカブと共生しているナルのためにも
アオはその選択を認められない。
好きな人のために、というのはかつて自分も通った道だから
レントンとしては痛いほどよく分かる心境だろうな。

レントンがワープしてきたゲートを使って
エウレカが消える時点の過去へと移動。
その場のクオーツを使ってクオーツガンをフルチャージし、
レントンとエウレカを元の世界に戻す。
月の落書きをばっちり見られましたw

アオは歴史が書き換わったことで、誰もアオを知らない世界に一人投げ出される。
トゥルースとも別れ、これからアオが
どうなっていくのかは描かれぬまま物語は完結する。

一番意外だったのは改変された世界でトゥルースが
ニルヴァーシュ・ネオのアーキタイプになっていたことだろうかw
井上和彦さんの声だからか長年共に戦ってきた相棒のように違和感が無いぜw
スパロボだと終盤でサブパイロットになるんだろうな。

かなり入り組んだストーリーで、見ている間は何とかついていけても
終わった途端にわけわかめになってしまいますが、
そこら辺は後にウィキペディアとかで把握するとしてw
良い最終回でした。
ラスボスらしいラスボスがいない、
敵を倒して終わりじゃないラストは前作と同じですね。

複雑な世界構造ゆえに、手放しで喜べるハッピーエンドは許されなかったが、
苦悩しながら選んだシビアな結末もまた味がありますね。


面白かったらクリックお願いします

にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/3016-fe7b67c1