FC2ブログ

超人機メタルダー 35話・36話

第35話 帝王・ネロスの正体は?
第36話 大反撃!戦闘ロボット軍団



クールギンは帝王の影武者だった。
皆がゴッドネロスの命を狙う……
そこで瓜二つの影武者が必要になる。

クールギン
「生き恥を晒すよりは、一思いに切腹を!!」


死ぬ前にまずはメタルダーを倒せと言うゴッドネロス。

桐原剛造はこれまで何度も恵まれない
子供たちに寄付を行ってきた慈善家でもあった。
桐原は善と悪、表と裏の二つの顔を持つ。

仰木信吾は単身桐原剛造に会いに行く。


バンコーラ

流星達は尾行していたモンスター軍団・暴魂バンコーラを追跡する。
しかしそれは流星達を仰木信吾から引き離すための罠だった。

仰木信吾を乗せて急速に地下へと下降するエレベーター。稲妻の演出付きw
気付いた時には信吾はネロス帝国の本拠地・ゴーストバンクの玉座にいた。
生き残ったネロスの軍団員が集結する。

ゴッドネロス
「死出の旅の土産代わりに教えてやろう……」


ゴッドネロス=村木國夫は連合軍の捕虜を生体実験した罪で
BC級戦犯となりシンガポールの刑務所で絞首刑となった。
生体実験には古賀博士は関わっておらず、
その事実が判明すると同時に村木を追放した。

村木は刑務所の中で密かに関係者を買収し生き残った後、
アメリカへと渡り、世界最大の犯罪シンジケートの一員となった。
その頃整形手術を行い、村木の顔を完全に消して桐原剛三となり、
世界の犯罪組織を次々と飲み込み莫大な富を手に入れた。
やがて現代科学の粋を集め、世界最大の秘密組織・ネロス帝国を造り上げた。

ゴッドネロスは仰木信吾を使ってメタルダーを倒す秘策を練っていた。

流星達の前に死んだはずの
モンスター軍団長・ゲルドリングが立ちはだかる!

ゲルドリング「わてはタフが売り物の男や。
容易くあの世に行ってたまるけぇ!!
あれからわては再生手術を受け、パワーを更にアップしたんじゃい!
それもこれもお前を倒す為じゃけぇの!」


仰木信吾はあの世に行ったと笑うゲルドリングに怒る流星!

ゴーストバンクの入り口からメタルダーへの一斉砲撃!

加勢に来たトップガンダーはゴブリットとデデモスの相手を引き受ける。
メタルダーはバンコーラ、ゲルドリングと交戦。

二人に挟まれたトップガンダーは
ジャンプして銃撃を回避、互いの銃弾は相手に当たる。
空中から二人にライフルを発射。
腕にエネルギーを込め、二人を投げ飛ばして破壊する。

透明になって仕掛けるモンスター軍団の二人。
バンコーラの位置をスキャンで見つけ、
バンコーラ自身の伸びた腕でぐるぐる巻きにしてキックでとどめをさす。


ゲルドリング

メタルダーのキックでゲルドリングの頭部を覆うカバーが破壊される。
頭部から触手を放つゲルドリング。
メタルダーを内部から破壊しようとする。

ゲルドリング「まだ、まだまだぁ!!」

溶けて消滅するゲルドリング。

かくして、ネロス帝国が誇る四軍団の一つ、モンスター軍団は壊滅した。

ゴーストバンクは地底深くにあり、絶えず移動し、
軍団員が出入りするのはゲートからだけ。それ以外の出入り口は分からない。


流星達は桐原コンツェルンのビルへと向かう。
マミーが嗅ぎ取った信吾の匂いは桐原のビルで途切れていた。

とりあえず居留守を使う桐原w
テロップがちゃんと桐原コンツェルンになっている。

前回モンスター軍団が壊滅したためネロスの軍団は三つに減っていた。
ヨロイ軍団の二代目や再生産された者も含めて生き残りが一人ずつ映される。
ゲバローズの名前すっかり忘れていたw

ゴッドネロスは仰木信吾に催眠光線を浴びせ、
元ヨロイ軍団・豪将タグスキーの鎧の中にいれ、
メタルダー抹殺の使者として送り込む。

皆で松明を持って囲み、メタルダーを倒せと暗示をかける。

舞のアパートにいた流星の下に矢文が送られ、
荒台ヶ原へと呼び出される。
そこには仰木信吾=タグスキーが……

声で仰木信吾だと気付くメタルダー。
そこに戦闘ロボット軍団も仕掛けてきた。
トップガンダーも助けに入るが……

バルスキー「あくまでもネロス帝国に楯突くつもりなのか!」
トップガンダー「メタルダーは俺の友達だ!!」


機甲軍団も参戦し、メタルダーは彼らの砲撃を喰らってしまう。
八荒と舞をサイドファントムに乗せて脱出させる。
その場をトップガンダーに任せ、メタルダーも
破損した回路を修復するためシルバーカークスへと帰還する。

トップガンダーに機甲軍団の一斉砲撃が降り注ぐ!
メタルダーの秘密基地の場所もほぼ特定され、砲撃される。

ゴチャック、ゲバローズと交戦するトップガンダー。
ゴチャックはトップガンダーのライフルで撃たれ、頭部を落とされる。

2話でメタルダーと戦い、スクラップにされそうなところをバルスキーに救われ、
ビッグウェインとの師弟関係が描かれて、
序盤は割と目立つポジションだったが
すっかり出番も無くなり、最後はかなり呆気なかった。

メタルダー達はシルバーカークスから脱出する。
レーザーアームでタグスキーの兜だけを両断する。
クールギンの時の経験もあるので手慣れたものですな。


ローテール

戦闘ロボット軍団 強闘士ローテール
はメタルダー達の戦いを監視していた。
流星は信吾をトップガンダーに預け、ローテールを追う。

ローテール
「私は女ロボット、戦いは好まない。二人でよく話し合おう」


もちろん罠で不意打ちの後、助けを求めたところで
ゲバローズによって鎖で引き摺り下ろされるメタルダー。

レーザーアームでゲバローズを倒す。
メタルダーはバルスキーと共に川へと落下。
爆発の後、メタルダーだけが上がって来る。

戦闘ロボット軍団も壊滅した。
しかしシルバーカークスは破壊され、
メタルダーに帰る場所は無い……後は決戦あるのみ!


決戦が近いだけあってまた一気に斃されましたな。
次回の配信で最終回まで行くと思われます。



面白かったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/2964-e8a8f8af