FC2ブログ

超光戦士シャンゼリオン 29話・30話

第29話 速水はヤミに!
第30話 ヒーローの先生!



気持ちの悪いキーホルダーを大量に買ってきたるい。
友情の証として速水に押しつける暁w

黒岩「知っているか?
人類が始まって以来、最も大きな恋愛は、
1996年10月、黒岩省吾と南エリによって成された。
そう歴史に刻まれるだろう」


何て恥ずかしい台詞なんだw
あの後普通に付き合っているんですね。


一方闇将軍ザンダーは人間界を闇次元界に近づけようとする。
そのために博士ヴィンスーの力を解放する。
喪われた闇次元界は元に戻らない。
しかし闇は人間界にも存在する……

こちらは何ともフツーの悪の組織らしい計画ですね。
てか基本的に闇生物はラームを吸うための個人的な理由で行動して来たけど、
ダークザイド全体の状況を変える為の作戦を起こすのは何とも珍しい。

ザファイアはザンダー達の元に身を寄せていた。


片桐

黒岩省吾の元を訪ねる片桐一樹。
ガードマンを叩きのめして知事室に入る。
また正当な悪の幹部らしい訪問の仕方ですね。

片桐
「見ているがいい。この俺が、この地上に新しい闇次元界を創ってみせる」



ヴィンスー

アンダーマオンガイラ、アンダーマオンガイラ……

ヴィンスーの術で人々は怒りや憎しみを増幅され暴力行為に走り出す。
公衆電話で長電話する女に切れる……と言うのは既に失われた光景ですね。

エリの目の前で女のラームを吸ってみせる黒岩。

黒岩「俺は、俺に恋する女のラームを吸わねば生きていけない……」

エリに向けたヴィンスーの術が速水に命中!

速水「俺がシャンゼリオンに……俺がなるはずだったのに……」

かつて使った暁の選挙ポスターにキリで穴をあけ、びりびりに破り捨てる。
ゴルフクラブで撲殺しようとするが失敗。


エリ
「あのユリカとか言う女の人、クビにして。
もう二度と私以外の女の人と口を利かないで。ラームも吸っちゃ嫌。
人間になって。そしていつも私の傍にいて」
黒岩「無理を……言うな……」
エリ「私段々嫌な女になっていく。もうどうしていいかわからない!」



ボチャッカ2

速水は闇生物ボチャッカと化してしまう。
顔のデザインは結構好みです。


片桐2

片桐「心の闇に完全に支配された時、人々は闇生物ボチャッカへと変貌を遂げる!」

幹部以外で闇生物の名前が出るのは珍しい。

エリはボチャッカに攫われてしまう。
速水はエリを人質に暁がかつてクリスタルパワーを浴びた場所に呼び出す。


ボチャッカとの戦闘中に黒岩省吾が加勢に入る。

黒岩「初めて愛した女のためだ!」
暁「友達にはなんねぇぞお前とは!」
黒岩「つけ上がるな!身分が違う!俺は知事だぞ!」


そこにザンダーが現れる。
闇将軍と暗黒騎士の直接対決!

ボチャッカと戦うシャンゼリオンにザファイアも参戦する。

暁「速水を、これを見ろ。忘れたのか!俺達の友情のキーホルダーだ!」

ムカデのキーホルダーを投げつける暁だが……

速水「何が友情のしるしだ!よくも気持ちの悪いものをお前は……」

キーホルダーを踏んづけた途端、苦しみ出す速水。
速水の口から闇生物が抜け出る。


ボチャッカ

闇生物ボチャッカⅡ


ガウザー

ザンダー
「奴の心の闇が頂点を超えた……闇が一人歩きを始めたのだ」


良心が痛んだように見えたがむしろ逆で怒りが頂点に達したのかw
心の闇を消し去るんじゃなくて心の闇を増幅させて解放するとはw


ザンダーとガウザーの戦闘中、剣が危険物に当たり大爆発。
まぁ二人とも生きていましたが。

暁はシャイニングアタックでボチャッカを倒す。

ザンダー
「我々のパワーは互角……このまま戦えば共倒れか」


撤退するザンダーとザファイア。

暁は速水にマッサージをさせる。
お前は一生俺の奴隷だ!とか言ってるし、
そりゃ心の闇を増幅されたら殺意沸くわー。

エリは黒岩に自分の口づけを返させる。

エリ「私初めて知ったわ。恋する気持ちは、憎しみに似ているって。
私、もう恋はしない」




ダークザイドの子守唄を発して運転手を操り、
幼稚園バスを止める闇生物ゴハット


ゴハット

ゴハット
「この幼稚園バスはこの闇生物ゴハット様が貰った!!」


自分で名乗りを上げる闇生物も珍しい。

速水やエリに内緒で温泉旅行に行こうとした暁。
しかし車に乗り込んでいた二人にすぐバレる。

速水「無断で外泊は禁止だ!もし、その間にダークザイドが出たら……」

そういやダークザイドは東京以外で出没しているんでしょうか。

ゴハット
「そうそういい感じ。その調子で助けを求め続けてよね。
そうすれば今に必ず何処からともなく颯爽と……」


「来ましたか!スーパーヒーロー!!」

バスに乗り込んだところで頭を打った
暁は闇生物に殴られあっさり気絶する。

当初速水がシャンゼリオンだと思い込んだゴハットは変身しろと言うが……

速水「したくでもできないのよ!!」

涼村暁がシャンゼリオンだと知り、
ショックを受けたゴハットはそのまま逃げてしまう。

ゴハット「嘘だぁぁぁぁ……!!」


シャンゼリオン

ゴハットの家にはシャンゼリオンのグッズやフィギュア、記録映像がいっぱい。

ゴハット「僕の心をくすぐるこのフォルム!この輝き!
きっと生で会えたらもっとかっこいいに違いない!」
「シャンゼリオンと戦えた先輩たちが羨ましい……」


ほとんど死んでるけどな!

ゴハット
「更生させてやる!絶対に真面目なヒーローとして更生させてやる!」



当時は超MMって感じはもう古いらしい。

ゴハットはオタク風の人間に化けて涼村探偵事務所を訪れる。
シャンゼリオンを更生させたいと言う。

ゴハット「この人はヒーローのイロハからわかってないわけでね。
もっと自覚持ってやってもらわないと困るっていうか」
「勝手なんか許されないのよヒーローってもんは」


暁「ヒーローだって人間でしょうが」
ゴハット「ヒーローは、ヒーローになった時から
小市民の幸せは捨てる。基本中の基本ですよ」
速水「一理どころか十理ぐらいはある」


暁「そんなのヒーロー差別だ!
俺は絶対そういうヒーローにはならないからな」


何だかんだでゴハットの授業を受けることに。

ゴハット「涼村暁は子供たちの夢と平和を守るためパトロールをしていた!」

寂しそうな少女に話しかけるよう強要するゴハット。

「やぁお嬢ちゃんどうしたんだい」

どう見ても変態おじさんw
清々しいヒーロー顔でもそれはそれで気持ち悪いと思う。

暁「俺の顔はこうだからかっこいいの!
そんな嘘くさいヒーローの顔になって見ろ、台無しなんだよ!なぁエリちゃん」
エリ「…………」(すごくどうでもよさそう


後世の人間からすると、ヒーローと言うより
いつもイライラしている凶悪犯ヅラ……


ゴハットはいきなり暁をトラックの前に突き飛ばす。その傍には亀がいた。
どんな小さな命でも身を投げ打って助けるのがヒーローの使命。

闇生物としての正体を現すゴハット。

ゴハット「必ずお前を正統派ヒーローに更生して見せるからな!!」


暁はまだ温泉旅行を諦めていなかった。

暁「この完璧な顔、完璧なカッコよさ、そして完璧な頭脳!」
るい「完璧な煩悩でしょ」


るい「借金どんだけあるか知ってる?」
暁「ヒーローはそんな小市民的なこと考えないんだよ!」


ゴハットの台詞を都合の良いように解釈しているw

ゴハットのダークザイド子守唄で操られたるいはさらわれてしまう。

るいを追ってゴハットの家までやって来たシャンゼリオン。
ゴハットは結構強かった。

ゴハット「ヒーローはまず出てきたら名乗りでしょ!」
暁「俺はそう言うことはやってないの!」


るいは再びゴハットにさらわれる。

ゴハット
「このテキストをよく読んできちんと更生したら、地獄ヶ原まで来い!」


スーパーヒーローマニュアルを渡される。
結構読んでみたいw

速水「立派なテキストだ!」

そんな恥ずかしいことは出来ないと断固拒否する暁。
代わりに助けに来た速水はクウレツキを呼び出す。


ゴハット2

ゴハット
「そもそもね!おたくたちが手伝ったりして甘やかすから、
ご主人様があんな風になるんでしょうが!」
クウレツキ「そう言われれば……帰りますか」


帰るなよww

速水「絶望だぁ……」


トランペットを吹きながら登場する暁!


暁3

「俺の!この体の輝きは!闇を蹴散らす、正義の光!
見よ、燦然!!」


「超光!戦士!シャンゼリオン!!」

「るいさん、今助けるぞ!」
「行くぞ、シャンゼリオン・ジャンプ!!」
「シャンゼリオン・爆弾・パンチ!!」
「るいさん、大丈夫?さぁ、逃げるんだ!!」


普段はあり得ない台詞の数々w


ゴハット3

シャンゼリオン 爆裂投げ!
シャンゼリオン きりもみシュート!
シャンゼリオン フライングタックル!


じれったくなって自分で弱点は腹部の玉だと教えるゴハット。

暁「シャイニングブレード!たぁっ!」
ゴハット「さぁいらっしゃい!」
暁「ファイナルフラッシュ!」


腹を突き刺すと、リボルケインのように火花が噴き出す。

ゴハット「ゴハット死すとも、ダークザイドは死なず!!」

(良かったよ、シャンゼリオン。
夢だったんだ……ヒーローらしいヒーローにやっつけられて、
僕はさ、最高に幸せな闇生物だ!)


「いぎゃああああああ!!」

爆発する闇生物に背を向けて決めポーズを取るシャンゼリオン。


暁「ふっ、ダークザイドに生まれ、死んでいく運命のあいつに、
せめてもの餞をしてやったまでさ」


戦いの後もノっている暁。

暁「若さって何だ?若さとは、諦めないことなんだ。
愛って一体何だ?悔やまないことなんだ」



暁2

最後は夕日をバックにトランペットで主題歌を演奏する。


シャンゼリオンおたくの闇生物が涼村暁をヒーローへと更生する。
暁がだらしないヒーローだからこそ成立した話ですな。

いやぁ話には聞いていたので結構楽しみにしてたんですけどまた凄い回でしたね。

特撮にはごく稀に、ゾクレンジャーのような
特撮それ自体をネタにするメタ特撮と言うべき回がありますが
これもその一つに数えられるでしょう。



面白かったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/2949-26f0b6be