FC2ブログ

超電子バイオマン 43話・44話

第43話 セーラー服の戦士
第44話 美しき良心回路



サタンメガス

ネオメカジャイガン・サタンメガス

百化繚乱でも1ページ使って載っていたけど
凄くカッコいいデザインですねー。

スーパーメーザーで頭部が切り落とされる。
しかし切断された頭部が再び元の場所に戻ってしまう。
バイオ粒子斬りを受けて木端微塵になっても、すぐに再生する。

新帝国ギアの新しい戦士、ミキ。
ミキがエネルギーをワープすることでサタンメガスは元通りになる。
ミキは女子高生の姿をしており、百キロ離れた都心からエネルギーを送っている。
その再生するための膨大なエネルギーは一体どこに溜め込んでいるんだって話ですが……

都会を探していて偶然ミキを発見するバイオマン達w
せっかくの完璧な作戦も相手がこんなラッキーに恵まれたら台無しですね。
ミキが逃げ込んだ倉庫にはドクターマンの息子・秀一がいた。

グリーンツーの超電子スコープでミキがメカ人間だと見抜く。
ミキは謎の博士・柴田の手で良心回路をセットされていた。
秀一はあの後柴田博士に拾われ、博士の助手として働いていた。

ドクターマン「こうなったら良心回路を持ったことの苦しみをたっぷり教えてやるぞ!」

良心回路を持ってもサタンメガスにエネルギーを送るシステムは
ミキの意志と関係なく発動する。

バイオマンはミキを破壊できなくなった分むしろ新帝国ギアの益になりましたな。
秀一はドクターマンを鬼だ、悪魔だと罵る。

良心回路を持つミキを希望だと言う秀一。
ミキは人間とメカ人間を繋ぐ初めての存在。

秀一「良心回路さえあればドクターマンだって
君のような心を持ってくれるかもしれない!
そうなったら、メカ人間と人間の戦いも無くなるんだよ!」


ドクターマン様……元は人間なのに
良心回路で矯正しない限り絶対に真人間には戻れない
実の息子から宣告されましたね。

しかしドクターマン様が真っ当な人の心を植え付けられたら、
今までの悪行を悔やんで生き地獄を味わいそうですな。
それが何よりの罰ということになるんだろうか。


シルバの襲撃を受け、バイオマン達は
柴田博士の研究室から追われる。

ミキが祈ることで、サタンメガスの動きが鈍る。
しかしドクターマン様の科学力の方が上で、
システムの支配を打ち破ることは出来ない。

メイスン
「ドクターマン様の指令通り、正しく任務を実行する。
これがメカの使命であり、メカの美学なのだ」


かつてドクターマンに反逆したことを思えば
この信念も所詮はドクターマンに
“上書き”されたものに過ぎないと思える台詞。
ドクターマン様は自分の意志で考え、決断するほどの高度な知性を持つ
ロボットをただの命令に従うだけのロボットにしてしまったんですよねー。


サタンメガスを止めるため、ミキは自らサタンメガスへと飛び込んで自爆する。
再生能力を封じられたサタンメガスはバイオ粒子斬りで倒される。



面白かったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/2936-5cbc08bd