FC2ブログ

超電子バイオマン 37話・38話

第37話 殺し屋シルバ!
第38話 謎のバルジオン



何者が新帝国ギア・ネオグラードのドッグを襲い、
ネオメカジャイガン・カノンメガスを奪っていった。

何かカプールやファッティーみたいなデザインです。

ガスが漏れたので中和剤を振りかけるバイオロボ。
カノンメガスのコクピットからは反バイオ粒子反応が……

怯えるピーボ。

ネオメカジャイガンさえ止めるサイゴーンのデスビームw


シルバ

バイオハンター・シルバ

カノンメガスを追って来たメイスンたちと戦闘を開始する。

シルバ「邪魔する者は、破壊する!」

シルバ「バイオ粒子反応あり!」


戦闘中に物陰に隠れていたバイオマンを撃つ。

シルバの銃は反バイオ粒子エネルギーを応用したもの。

シルバ「バイオ粒子反応を示すものは、
生命体、非生命体の如何を問わず、全て破壊する!」
「破壊!破壊!破壊!!」


シルバの銃を一発喰らっただけで
バイオ粒子エネルギーが切れ、超電子頭脳が停止してしまう。
あっという間に戦闘不能になる四人。
レッドワンとシルバとの一騎打ち。
その隙にカノンメガスを取り戻したメイスンは双方纏めて始末しようとする。
シルバもバイオマンも撤退。

シルバの存在に激しく怯えるピーボ。

バイオ星のバイオ平和連合は平和利用のためにバイオ粒子エネルギーの開発に成功した。
反バイオ同盟はバイオ粒子エネルギーを利用して、兵器を造ろうとしていると思い込み、
対抗するために反バイオ粒子エネルギーを開発した。
それによってバイオ星は真っ二つに分かれて、いつ果てるとも知れぬ戦争が続いた。

うーん……実際バイオロボなんて兵器が造れちゃうぐらいだから
兵器利用を疑われても仕方の無い面もあるのだが……
実際はバイオ粒子とは無関係に政争に権益と色んな事情が絡んでそうだなぁ。


シルバ2

反バイオ同盟軍の切り札として現れたのが、バイオハンター・シルバとバルジオン。
バイオ粒子エネルギーを持つ者はバイオ星人であろうと
ことごとく破壊するために造り出されたロボットコンビ。
平和連合軍は次々と負けたが、結局バイオ星は爆発して皆滅びてしまった。

しかしシルバもピーボと同じくバイオ星を脱出していた。

ピーボ
「ああー!もう終わりだぁ!!!」


ところでピーボはバイオ星の実験助手ロボであると判明しました。
やたらと感情豊かなのでバイオ星の機械生命体と言う
可能性も考えていましたが、普通にロボットだったのね。


かつて初代イエローフォーの命を奪ったバイオキラーガン。
シルバの使うバイバスターの反バイオ粒子エネルギーはその比ではない。

そこにシルバが狙撃してくる。
恐怖のあまり戦意喪失したピーボを叱咤するひかる。

ピーボはバイオロボでシルバを攻撃!!
いかにシルバが恐ろしい奴でもロボに乗って攻撃すれば怖くないw

シルバ
「おのれ!バルジオンさえあれば!!」


メイスンの乗ったカノンメガスとサイゴーンが襲ってくる。



シルバの能力を見てこんな部下が欲しいと言うドクターマン様。
シルバが巨大ロボに関心を持っていると見抜いた
ドクターマンはシルバを捕らえる作戦を考え出す。

ピーボ「もしシルバとバルジオンが一緒になったら……
地球は大変なことになるかも……」


いやバイオ粒子しか狙わないなら地球に被害は無いんじゃないですかね。
まぁバイオマンが全滅すればドクターマン様がやりたい放題しちゃうんですが。

ピーボは自分の手でシルバを倒そうとする。
先週あんなに怯えていたのに……テンションの振り幅が大きすぎるw
怯えて何もできなくなるのも困るけど、
下手に勇気を出して単独で突撃されるともっと困るよなw


謎の巨大ロボはバルジオンでは無くバトルメガスだった。
何て新帝国ギアは見たことも無いバルジオンのデザインを知っていたのでしょうか……
それとも霧に隠れて見えないと言うただの演出かw

シルバと相対するピーボ。
しかしシルバを捕まえるための罠に嵌まって九死に一生を得る。

折角捕まえたのでピーボを
バイオマンとシルバを誘き出すための人質にするファラ。


バイオ星は愚かな科学競争のため滅びた。
ピーボにとって、新帝国ギアは反バイオ同盟と同じ位置づけらしいです。

一応はバイオ粒子の兵器利用を防ぐという大義のあった反バイオ同盟と
ただ己の野望のためだけに世界征服しようとする
ドクターマン様を一緒にしてもらっちゃ困りますね!

シルバ「バイオ粒子反応を持つ者は全て破壊する!!」

ピーボの訴えにも耳を貸さないシルバ。
まぁロボットとしてはこれが正常なわけですが。
彼の至上目的は「バイオ粒子を発する物体を破壊すること」
その使用目的が何であろうと一切関係ないはずですし。

ファラとの戦闘中に罠に嵌まるシルバ。一緒に新帝国ギアへと向かう。

シルバとバルジオンはバイオ星の爆発の後、
バイオ粒子を追って500年間宇宙を彷徨い続けた。

地球への大気圏突入のショックでバルジオンと離れ離れになってしまった。
バルジオンは地球のどこかにある。
バルジオンの捜索に手を貸そうとするドクターマンだが……

シルバは自力で鎖を引き千切って脱出。
ドクターマン対シルバ!!

シルバはそのまま逃走。
バイオマンが危惧したギアとシルバの同盟は成らなかった。


第3勢力シルバ登場。
専用BGMが用意されていたりさすがに別格なポジションですね。
無感動な戦闘ロボットと言うことは無く、
「はははははは……」と笑ったり結構感情表現豊かなのね。

シルバはあくまでバイオ粒子が標的であって人類の敵ではないんですよね。
メインの敵である新帝国ギアとは無関係、
ただバイオマンがギアと戦う手段としてバイオ粒子を使うから敵対関係になっている。
地球の科学を使う新帝国ギアとはそうはならない。
主義や思想ではなく、それを成すための
手段の種類によって敵対関係が生じるという、中々特異なポジションです。
例えば郷たちが地球の科学を使う戦士で、
新帝国ギアがバイオ粒子を利用していたならば、
今とは全く異なる立ち位置になっていたかもしれません。


面白かったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント


私がバイオマンを見る切欠になった、キャラがシルバでしたw 洗練されていてカッコイイww
担当声優は、ブドーの中の人と同じですね。奴の登場により、両陣営は文字通り、散々引っ掻き回される事になります…今年の復活は…個人的に黒歴史でw

一応はバイオ粒子の兵器利用を防ぐという大義のあった反バイオ同盟>あくまで『大儀』だったわけですが…これを見るに、『戦争を止める為の戦争』を反バイオ同盟は起こした感じにも見えます。本当なら本末転倒ですがwというより、バイオ兵器が限定標的とはいえ、『無差別破壊兵器』のシルバ、バルジオンを造った、反バイオ同盟の方が、よっぽど物騒です^^;
此処までいくとなると、反バイオ同盟の真の目的は、バイオ星のエネルギー供給源の独占だったのかもしれませんな…。

Re: タイトルなし

> 私がバイオマンを見る切欠になった、キャラがシルバでしたw 洗練されていてカッコイイww
> 担当声優は、ブドーの中の人と同じですね。奴の登場により、両陣営は文字通り、散々引っ掻き回される事になります…今年の復活は…個人的に黒歴史でw

まぁ向こうは「ライダーハンターシルバ」なのでそもそも別人ではありますがw

それを言ったら再生した戦隊の敵幹部たちの方が黒歴史にしてほしい扱いだったよww


> 一応はバイオ粒子の兵器利用を防ぐという大義のあった反バイオ同盟>あくまで『大儀』だったわけですが…これを見るに、『戦争を止める為の戦争』を反バイオ同盟は起こした感じにも見えます。本当なら本末転倒ですがwというより、バイオ兵器が限定標的とはいえ、『無差別破壊兵器』のシルバ、バルジオンを造った、反バイオ同盟の方が、よっぽど物騒です^^;
> 此処までいくとなると、反バイオ同盟の真の目的は、バイオ星のエネルギー供給源の独占だったのかもしれませんな…。

反バイオ同盟の中でも、本気でバイオ粒子を脅威に感じていたり、
単に利権が欲しいだけだったりといろんな立場の人間がいそうです。

「やらなきゃやられる」というのは本末転倒のようでも
自身の生存が掛かっているから何より強烈な動機になり得るんだよなぁ。

バイオ粒子のみがターゲットとすると、逆に「それ以外は巻き込まない」という
大義名分を掲げることもできそうだな。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/2886-c627affa