FC2ブログ

東京バベル 感想

以下ネタバレ


エヴォリミットに続く東出バトル物の新作だけど
何かいつもより短く感じたなー。
エヴォリミットでもあったパロディを混ぜた
ギャグパートはあったが最小限って感じでした。
リリスの驚き顔はおもろい。
沢城みゆき氏のボケとツッコミを繰り返す
演技が予想以上にぴったり合っていた。

アコやちなつ役の大久保瑠美氏がゲテル役で出ていた。
頭を輪切りにするとか言っちゃう、
ちなつちゃんを百倍黒くしたようなキャラだった。
当初は空見とよく似たデザインだなーと思っていたが、
空見の妹と言う設定になるからだったのね。


暴食の獣の噛ませっぷりたるやもう……

毎回出てきた途端に真っ二つにされたり爆砕されたりする。
多分刹那の技で一番使用されたと思うけど全く成果を出せていない。
刹那も毎回本気で倒す気で召喚していないだろw
後半は出て来るだけで笑っていました。


ずっと???で伏せられていた堀内賢雄キャラの正体はメタトロンでした。
サンダルフォンがいるのに、ずっとメタトロンの名前が出て来ないのは
確かに変だし、プレイヤーに推理する手がかりは出されていたという事か。
メタトロンはミカエルよりも強い天使とか初めて知ったよ。

当初はシャノンのような余裕溢れる態度だったのに、
段々シムカやメフィストのように取り乱すようになったなw

しかしそんなメタトロンもリリスルートでは
桜ルートのギルガメッシュの如く呆気なく死亡します。
ラジエルルートでは存在にすら触れられずそもそもいるのかどうかすら不明。

そのリリス本体がラスボスになるのかと思いきや、
メタトロンを殺したリリス本体も後に幻影リリスにあっさり殺されます。


旧き神っていうからまたクトゥルーかよと思ったが、
メソポタミア神話のティアマットでした。
FFシリーズだとドラゴンと化しているけど、
本来の女神として扱われるのはあまり見たことが無い。

本作における神は、人類が造った小倉唯声の機械
何かデュミナスを思い出した。
まぁ機械でも何でも、ラインハルトや波旬なんかよりは遥かにマシかとw


数多の並行世界を滅ぼした神災の原因であり、
最大のキーワードとなるのが永遠の概念

天使や悪魔は永遠の命を持つが、
人間の感覚ではあまりに長すぎる時の流れに精神が耐えられない。
それ故、彼らは永遠と言う概念を認識しないことで、精神が崩壊するのを防いでいた。

ティアマットの囁きを受けたイヴが
永遠の概念を神に教えたことで神は発狂、神災が発生する。
また、イヴが世界を滅ぼそうとした動機も
死ねない体ゆえに精神を病み、世界を憎むようになったからだった。

色んな作品で数千年生きているキャラとか出てきますけど、
それで飽きないのか、ということについてはあまり触れられませんね。
数千年も婚活している魔女とかw

Fateのアーチャーによれば、変わり映えのしない
日常でも何らかの変化は起きているから飽きることは無い、
と言うようなこと言っていたような……
ドラゴンボールの界王様もちっちゃい界王星に
ずっといても退屈にならないとか言っていたなー。

リリスルートではティアマットが根本の元凶であるように語られているが、
他のルートでは影も形も無く、そうでなくとも複数の人間の思惑や行動が絡んでおり、
全ての元凶は誰かと言うとどうも安定していない。


メカキングギドラ(ヤルダバオト)VSウロボロス

あやかしびとで九尾VSメカ九尾があったが、
これはセルフオマージュなのでしょうかw

これまでの東出作品と同じく、まずサブヒロインのルートをクリアしてから
メインヒロインのルートが解放される仕組みになっている。
最終決戦が、空見ルートでは刹那とアダムとの一対一、
ラジエルルートでは大怪獣決戦、リリスルートではリリスと一体化したティアマット。


最後は希望のロケットパンチ百億連発で決着!
ロケットパンチと言うより幽白の樹の影の手みたいな感じだが。
刹那の百億人を死なせたトラウマを武器に変えるという、
前の二つのルートがライバルとのサシでの決着、
大怪獣決戦と言う今までにあったパターンだったので、
最後のルートは新しいパターンを用意したという事なのかね。

主人公とヒロイン以外のカップリングがあるのも東出作品の特徴で、
私が好きなところの一つなんだけど、
それが今作はアダムとイヴにあたるのかな。
刹那とアダムは当初同じ陣営でどうやって敵対関係にするのかなと思ったが、
イヴを神災の黒幕(の一人)にしてアダムも共に敵に回る形にするとはね。

本作では天使も悪魔も人間と大差ない姿をしていますが、
その分モンスターとかは思いっ切りモンスターな姿をしている。
ケルベロスやリヴァイアサン、七罪の獣などモンスターのデザインはかなり格好良い。

刹那やベリアルに突っかかって瞬殺される
アスタロトの配下のバアル、アガレス、マルバス。
リリスルートで再登場した時には能力明かされるのかと思ったらやっぱり瞬殺。

リヴァイアサンは全ルートで出番があったが、
ケルベロスはリリスルートのみの出番だった。
小さい犬の時は可愛らしい声でリアル形態になると二世村正みたいな声になってた。
ベリアルはもうちょっと出番があったら良かったなぁ。




面白かったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/2864-58aef13c

ドラゴンボールはなぜ成功したのか。悪やライバルの存在、遅れて登場する主人公など基本を押さえている

1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/04/11(木) 22:48:21.12 ID:USY6LNEdi ?PLT(12348) ポイント特典週刊少年ジャンプが課題図書! マンガを題材にした読書感想文コンクール開催...