FC2ブログ

恐竜戦隊ジュウレンジャー 1話・2話

第1話 誕生
第2話 復活



ジェットマンの続きで
子供の頃はリアルタイムで見ていたんですがかなり忘れているw

バンドーラ一味は惑星ネメシスに封印されていて、
宇宙飛行士が封印を解いたので復活した。
この時代は子供をシャトルに乗せるぐらい宇宙開発が進んでいるらしいw

バンドーラの魔法で小さくなったスペースシャトルをドーラタイタンにぶつける!
何億という金が掛かっていることを考えると何て豪華な攻撃だw

あのエンディングのせいか何か憎めない連中なイメージのあるバンドーラ一味ですが、
目的は人類の絶滅で、宇宙飛行士二人を殺したり
1億7千年前も大量殺戮したり想像以上に極悪だったw

ジュウレンジャーって恐竜から進化した人類って
言われているんですけど、彼らって爬虫人類の親類だったのかw

魔女バンドーラ様。戦隊シリーズでも屈指の濃さを持つ悪役ですね。
子供のころからほとんどイメージが変わらない。


面白かったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント


ネオジェットマンとディメンシア人のダンが復活して、戦隊を結成しましたね…ネタはさておき、前作とは代わって、明るい作風が目指されてますね、宇宙飛行士は言われるとおり放逐されちゃいましたけどw曽我町子さんの演技はいつ見てもご本人も楽しそうですな・・・本当に惜しいお方でした。

目的は人類の絶滅で、宇宙飛行士二人を殺したり、1億7千年前も大量殺戮したり想像以上に極悪だったw>でも、バンドーラ一味のアットホームな雰囲気がそれを感じさせませんねw 前作のバイラムとは打って変わって、対照的です。
現にバンドーラ様も、歴代戦隊では、1、2を争うカリスマ首領です。部下の忠誠心もがっちりですし。反乱も身内から一度も起きませんでした。
それに大量虐殺にもキチンと理由があるわけですが・・・これも、一つの『愛』故か。

Re: タイトルなし

> ネオジェットマンとディメンシア人のダンが復活して、戦隊を結成しましたね…ネタはさておき、前作とは代わって、明るい作風が目指されてますね、宇宙飛行士は言われるとおり放逐されちゃいましたけどw曽我町子さんの演技はいつ見てもご本人も楽しそうですな・・・本当に惜しいお方でした。

前作のゲストがそのまま次回作の戦隊のメンバーになるとか珍しいですな。


> でも、バンドーラ一味のアットホームな雰囲気がそれを感じさせませんねw 前作のバイラムとは打って変わって、対照的です。
> 現にバンドーラ様も、歴代戦隊では、1、2を争うカリスマ首領です。部下の忠誠心もがっちりですし。反乱も身内から一度も起きませんでした。
> それに大量虐殺にもキチンと理由があるわけですが・・・これも、一つの『愛』故か。

そういや2年連続で女性首領なんだっけ。扱いは雲泥の差だがw

やってることは極悪でもコミカルさで中和しているのはボーゾックと同じですな。

恐竜戦隊ジュウレンジャー懐かしいですね・・・
この戦隊から追加メンバー+マシーンが加入してきたり、
海外でパワーレンジャーなどで特撮リメイクしたりしてましたけ?

Re: タイトルなし

> 恐竜戦隊ジュウレンジャー懐かしいですね・・・
> この戦隊から追加メンバー+マシーンが加入してきたり、
> 海外でパワーレンジャーなどで特撮リメイクしたりしてましたけ?

その通りですね。正確には6人目のレギュラーメンバーですな。

パワーレンジャーは当時の児童向け雑誌で記事が載ってました。

<目的は人類の絶滅で、宇宙飛行士二人を殺したり
1億7千年前も大量殺戮したり想像以上に極悪だったw

言われてるとおりボーゾックと似通ってるところがありますね、リッチリッチハイカー教授(コイツも結構間抜けでしたが)やエグゾフがいない分ぬるさはそれをもしのぐかとw

<魔女バンドーラ様。戦隊シリーズでも屈指の濃さを持つ悪役ですね。
子供のころからほとんどイメージが変わらない

ジュウレンジャーの出番がほとんどなかったせいもあって放送当時はバンドーラ側がぶっちぎりで人気だったらしく出番を自重したなんて逸話もあるくらいですからね

Re: タイトルなし

> 言われてるとおりボーゾックと似通ってるところがありますね、リッチリッチハイカー教授(コイツも結構間抜けでしたが)やエグゾフがいない分ぬるさはそれをもしのぐかとw

何か他の作品だと、所謂「憎めない悪」ポジションのキャラって後々の事を考えて
そんな大それた悪事はさせないものなんだけど、
戦隊はそういう配慮が全くない気がしますw


> ジュウレンジャーの出番がほとんどなかったせいもあって放送当時はバンドーラ側がぶっちぎりで人気だったらしく出番を自重したなんて逸話もあるくらいですからね

バンドーラや粘土をドーラモンスターにするシーンは覚えているんだが
ジュウレンジャーがどんな連中だったかはすっかり忘れていたw

ジェットマンの次は、ジュウレンジャーがついにスタートとは。懐かしいなあ。

主題歌の、♪ジュウレンジャー、ジュウレンジャー
は、よく歌ってたなあ。
そして、ジュウレンジャーたちよりバンドーラ様が印象に残っていたり^^。本当、ずば抜けた演技力ですねぇ。

Re: タイトルなし

> ジェットマンの次は、ジュウレンジャーがついにスタートとは。懐かしいなあ。
>
> 主題歌の、♪ジュウレンジャー、ジュウレンジャー
> は、よく歌ってたなあ。
> そして、ジュウレンジャーたちよりバンドーラ様が印象に残っていたり^^。本当、ずば抜けた演技力ですねぇ。

ジュウレンジャーはさっぱり忘れていたがバンドーラ様は良く覚えてたw

2話までだとジェットマンに比べると大分キャラが薄いですよねぇ。
前作の反動でこうなったんだろうが……

バンドーラ様は曽我さんのインパクトもさることながらその魔力が強大過ぎる。史上最大の魔女の肩書きは伊達じゃありません。多分数ある曽我町子キャラの中でも最強なんじゃないかと思われ。そんな魔女と闘う決意の下、既に同朋の滅んだ世界に旅立つジュウレンジャーの覚悟が半端ないです。しかし何より気の毒なのはそんな覚悟もバンドーラ様様のインパクトの前には霞んで見えること(ちょ)。

そんなバンドーラ様ですが魔力だけじゃありません。力でただねじ伏せるしか無かったトランザと違って一味の忠誠は例外無く彼女に捧げられています。そもそも一見役に立たないように見えて本当にあまり役に立たないトットパットとブックバックのコンビを家来にしている時点で単に利用価値のある無しで判断しているわけじゃないことが分かりますがどんなきっかけで部下にしたのでしょうね。

バンドーラ様は曽我さんのインパクトもさることながらその魔力が強大過ぎる。史上最大の魔女の肩書きは伊達じゃありません。多分数ある曽我町子キャラの中でも最強なんじゃないかと思われ。そんな魔女と闘う決意の下、既に同朋のいなくなった世界に旅立つジュウレンジャーの覚悟が半端ないです。しかし何より気の毒なのはそんな覚悟もバンドーラ様のインパクトの前には霞んで見えること(ちょ)。

そんなバンドーラ様ですが魔力だけじゃありません。力でただねじ伏せるしか無かったトランザと違って一味の忠誠は例外無く彼女に捧げられています。そもそも一見役に立たないように見えて本当にあまり役に立たないトットパットとブックバックのコンビを家来にしている時点で単に利用価値のある無しで判断しているわけじゃないことが分かりますがどんなきっかけで部下にしたのでしょうね。

Re: タイトルなし

> バンドーラ様は曽我さんのインパクトもさることながらその魔力が強大過ぎる。史上最大の魔女の肩書きは伊達じゃありません。多分数ある曽我町子キャラの中でも最強なんじゃないかと思われ。そんな魔女と闘う決意の下、既に同朋のいなくなった世界に旅立つジュウレンジャーの覚悟が半端ないです。しかし何より気の毒なのはそんな覚悟もバンドーラ様のインパクトの前には霞んで見えること(ちょ)。

最初から共通の目的に向かって一致団結している戦隊は
個々人の影が薄くなって結果全体の影も薄くなると言うw


> そんなバンドーラ様ですが魔力だけじゃありません。力でただねじ伏せるしか無かったトランザと違って一味の忠誠は例外無く彼女に捧げられています。そもそも一見役に立たないように見えて本当にあまり役に立たないトットパットとブックバックのコンビを家来にしている時点で単に利用価値のある無しで判断しているわけじゃないことが分かりますがどんなきっかけで部下にしたのでしょうね。

人類にとっては最悪の敵でも、身内にとっては良い主人なんだろうなぁw
身内に甘く他者に冷たいのは人間らしさの典型です。

僕は恐竜戦隊ジュウレンジャーの26話の「カキ氷にご用心」や電光超人グリッドマンの35話の「ぎくっ!スケバンゆか!?」や獣拳戦隊ゲキレンジャーの23話の「グレグレ!スケ番キャプテン」みたいにヒロインがヤンキーねーちゃんになるお話が大好きですね。

Re: タイトルなし

> 僕は恐竜戦隊ジュウレンジャーの26話の「カキ氷にご用心」や電光超人グリッドマンの35話の「ぎくっ!スケバンゆか!?」や獣拳戦隊ゲキレンジャーの23話の「グレグレ!スケ番キャプテン」みたいにヒロインがヤンキーねーちゃんになるお話が大好きですね。

ゲキレンジャーのはおぼろげに覚えてます。美希さんのはまり具合が別格だった。

カキ氷にご用心やグレグレ!スケ番キャプテンの話みたいにヒロインがヤンキーのねーちゃんになる話をまたやって欲しいですね。

Re: タイトルなし

> カキ氷にご用心やグレグレ!スケ番キャプテンの話みたいにヒロインがヤンキーのねーちゃんになる話をまたやって欲しいですね。

後者がゲキレンジャーでしたか。
確かレオパルド拳のお姉さんが似合いすぎていて完全に持っていかれた話だった。

ジュウレンジャー46話について

連続失礼します。
ジュウレンジャー46話の一般市民は本当に最悪でしたね。我が子を守ろうとするお母さんを毒見役にした感じで、無抵抗な5人が本物だと分かった上で彼らをイベント感覚で追い回しているとしか思えませんでした。
メガレンジャーの最終話でも、彼らの正体がバレて学園が襲われた事につけ込むかのように、常識外れの一般市民は街中で動けない彼らをイベントのように取り囲み、厄介者として廃絶しようとしました(そういえば、ジュウレンジャー46話もメガレンジャー最終話も荒川稔久さんの脚本なんですよね)。

ここで私は、連中の彼らに対する悪意を感じました。一般市民の中には彼らを称え羨望する人々だけで無く、彼らの英雄的活躍を妬んだり僻んだりする輩もいるはずです。
だから、いざ彼らに何か不祥事があると、それをネタに攻撃的になるのでは・・・?

最終的には誤解は解けましたが、町の連中はまた何か都合の悪い事が起きればジュウレンジャーを攻撃してくるかもしれません。まあ、一部の悪意のある奴の事は放っといて、彼らを受け入れてくれる人達と喜びを分かち合えればそれで良しとしましょう。
ともあれ、私は心の底から彼らに感謝の意を表したいです。地球の為に戦ってくれて本当にありがとう。
(何だかメガレンジャーへのコメントと似たような文章・・・・・・:笑)

ジュウレンジャー達古代人類の方々も、現代人同様ホモサピエンスだと思います。ジュウレンジャーはファンタジーなので、神や妖精に選ばれた生物はそれらと似たような形の生物=人間に進化するのではないかと・・・・・・。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/2779-df400be5