FC2ブログ

私が愛した作品たち

これまでに愛好してきた漫画、アニメ作品などを並べ、
当時の思い出などを語っていくコーナー。


幽遊白書

私にとってはバトルものの原点と呼べる作品。
好きなキャラは鴉。ネタキャラとしてなら戸愚呂弟。
幼少期は爆肉鋼体を多いにネタにして遊んでましたw
アニメも見たし、SFCのゲームもやったけど
結局単行本を買う事はありませんでした。


るろうに剣心

アニメで見始めて、単行本を買い始めた最初の作品(だと思う
この作品が無ければジャンプを読む事も単行本を買うことも無かっただろう。
好きなキャラは十本刀ですね。
この辺りから「集団で出てくる敵幹部」がツボに嵌まるようになりました。
蒼紫が改心した時はちょっとがっかりしました。
蝙也が弥彦ごときにやられた時には物凄くガッカリしました。


とっても!ラッキーマン

るろうに剣心と同時期に連載され、同じくハマってた作品。
単行本も集めた。
とにかく1ページ1ページに台詞がびっしり書き込んであって、
背中の後ろにまで小ネタが書き込んであって飽きさせない。
今思うとキャラ立ての上手さは過去現在通して群を抜いていたな・・・この作品。


機動武闘伝Gガンダム

SDガンダムが初めて触れたガンダムだった私にとっては、
まともに見ていた初めてのリアル等身ガンダムである。
その前に再放送のZZガンダムを見ていた気もするが、当時は全く意味不明だった。
まぁ、とにかく熱いし面白い。一番好きなシーンは、
ガンダムファイト決勝で各国のガンダムが大集合するシーン。
コブラガンダムやゼウスガンダム、マーメイドガンダムなど
個性豊かなガンダム達に胸をときめかせた記憶があります。

なので今でも私にとってはガンダムといえばGガンダムです。
その他のガンダムについては、
主にスーパーロボット大戦やGジェネレーションで補完する事になります。

続けてW、Xなども見ましたが、
Gに慣らされていた私にはWは新鮮に映りましたねぇ。
ガンダムエピオンやデスサイズヘルとかはケレン味があってカッコよかった。
Gガンダムといえば欠かせないのがコミックボンボン。
ガンダム関連では最高の情報誌でした。
GからXの終盤までずっとこの雑誌を愛読していましたよ。


封神演義

まずは絵柄の綺麗さに驚かされた。
個性的なキャラクターはもとより、
宝貝のデザインやエフェクトも見ていて面白かったですね。
四聖、魔家四将、十天君(原作では一聖九君)など、
私が大好きな「集団の敵幹部」が次々と現れて多いに楽しめる展開でしたねぇ。
安能務訳の原作版も読みましたが、これも滅法面白かった。
これまで読んだ小説では一二を争う面白さだ。
こちらの方がハマっていたかもしれない。

好きなキャラは申公豹、韋護、玉鼎真人、魔礼青、姚天君、金光聖母。
申公豹はそのまま好みのタイプとして、
韋護は原作に出た時から好きですね。地味な魅力は漫画の方でも健在。
玉鼎は長髪に美形で剣士、さらに眼の形が好みでした。
魔礼青は覆面してるとことか、分裂する青雲剣が良かった。
姚天君はあの陰陽をうまく取り入れたデザインが凄く好きです。落魂陣のビジュアルも良し。
金光聖母は魔女の帽子といい、冷徹そうな性格といい、
髪型や顔立ちといい凄く好みでしたよ。
首から下が全く存在しない空洞で、マントと手袋だけあるというデザインもまた良し。


HUNTER×HUNTER

何と言っても幻影旅団。
メチャクチャ、ハマった気がします。
それまではそこそこ面白い程度だったのが、
旅団が出てから一気に幽白に匹敵する面白さになり、
旅団がメインから外れた後はフツーの漫画に逆戻りした感があります。
フェイタンの似非中国人口調とか良かったなぁ・・・
フランクリンがダブルマシンガンでマフィアを虐殺するとことか凄く燃えた。


GetBackers奪還屋

KYOと並ぶ、マガジンの能力バトル漫画の両翼。
絵は綺麗だし、能力バトル漫画だし、キャラは魅力的だし、
主人公はウザったくないしで、まさに私の為に用意されたような作品だった。
好きなキャラは何と言っても赤屍蔵人。
次いで奏蝉丸、毒蜂、弥勒兄弟、鏡形而、黒鳥院夜半などが好きだった。
笑師は楼蘭舞踏鞭とか武器として面白いんだが
後半以降完全な雑魚キャラに落ちていったのが残念。
弥勒兄弟は緑色の長髪に白コートと凄くツボなデザインでした。
鬼里人編が一番面白かったかな~~
蛮と毒蜂、赤屍と蝉丸の対決はとにかく燃えた。


SAMURAI DEEPER KYO

こちらも能力バトル漫画の傑作。魅力については奪還屋とほぼ同じ。
こっちは遠慮なくばっさばっさと斬り殺すけど
どうせ名無しの雑魚ばっかなのであまり変わらない。
好きなキャラはひしぎ、ほたる、シンダラ、インダラ、先代紅の王。
ひしぎ、シンダラなど、ここで黒髪好きが発動していますw
ラスボスの先代紅の王は凄くインパクトのあるキャラクターだったな・・・
ああ、底知れぬ強さを持つラスボスとして、
こういうキャラクターもありなんだ、と。
天然ボケ剣士・ほたるは凄くいいキャラでしたよ・・・
一時は人気投票で一位を取るのも頷ける。
GBとKYOやっていた時がマガジン全盛だったなぁ・・・


トリニティ・ブラッド

全巻集めた初めてのライトノベル。
作者の急死により、未完のまま終わってしまったあまりにも惜し過ぎる作品。
武器や特殊能力などにやたらと詳細な科学的解説が加わってたのが凄いと思った。
キャラクターでは何と言っても
イザーク・フェルナンド・フォン・ケンプファーでしょう。
漆黒の長髪に、細葉巻をくわえる仕草、全てを見透かしているような態度、
機械仕掛けの魔道士(パンツァー・マギエル)なんて異名など何もかもがツボです。
ラスボスのカインも実に良いキャラクターだったと思います。


からくりサーカス

ちょっとネタバレしないと語りづらいんだけど、ラスボスは凄くいいキャラだった。
「信じ続けていれば、夢はいつかきっと叶う」は漫画史に残る名言。
この言葉にあそこまでブラックな響きを持たせようとは。
藤田漫画らしく敵も味方も死にまくりますが、
その死に様に最高の輝きを持たせるという辺りも藤田漫画らしい。
鳴海やしろがね達が真夜中のサーカス団と戦う辺りの話は
ひたすら燃えるのだが(特に最終決戦)
前半部分の仲町サーカスの話が物凄くつまらないので、
どうにも思い切って太鼓判を押しづらい、そんなアンバランスな作品。
好きなキャラは最古の四人と最後の四人ですね。
こいつらが活躍する回は面白さが跳ね上がった気がする。
アルレッキーノ、ブリゲッラ、カピタン・グラツィアーノが特に好きです。
ブリゲッラは全身フードで拳法を使うとか凄くいいキャラだったのに
最後に微妙に小物化しちゃったのが残念。


らき☆すた

百合ブームに火をつけた作品。
ブログで感想を書く楽しみを覚えた作品でもある。
その軌跡はこちら
こなた×かがみ、みなみ×ゆたかの
百合シーンがある度狂喜乱舞していました。
だからこそ田村ひよりさんにはひたすらシンクロしてました。


ぱにぽに/ぱにぽにだっしゅ!

唯一アニメでDVD全巻を集めた作品。
シリアスならコードギアスだが、ギャグならばこの作品が随一。
アニメの二大巨頭の片割れ。
女性キャラベスト20とかやれば、
ぱにぽにキャラが上位を総なめにするのは間違いない。
好きなキャラは片桐姫子、橘玲、桃瀬くるみ、朝比奈英理子、6号さん、一条さん。
カプだと姫子×ベッキー、姫子×玲、大森×朝比奈、瀬奈×朝比奈とかが好き。
くるみの地味キャラは新しいキャラのいじり方を見せてもらいましたw



面白かったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



コメント


どうも^^こんばんわ

全部読ませてもらいました。藍三郎さんがピックアップしたモノが僕も大好きな作品ばっかりでしたのでビックリしました^^

思いでついでに僕も少しレスさせて貰いますね
>幽遊白書
バトルものとしては実に完成されたものだと思っています。長すぎず、短すぎずうまい具合にまとめられていて作者の構成力の高さにはホントに驚かされるばっかりでした。最後が少し残念でしたけど今でも好きな作品です。vs仙水戦と海籐との頭脳戦が中でも好きでした。

>るろうに剣心
僕にとって恐らく全ての作品の中で最も好きな作品がこのるろうに剣心です。単行本や完全版、OVAやDVDBOXと全て揃えてしまったほどですw
中でも十本刀は好きでした。安慈、宗次郎、方治が特にお気に入りでした!蝙也には確かにがっかりしました。見た目一癖ありそうなキャラだっただけにw

>とっても!ラッキーマン
野球の勝負が特に面白かったです。男のロ・マンのキャラたちには泣いたw

>GetBackers奪還屋
ストーリー・キャラ・内容が僕もとても好みでマガジンの中でも本当に好きな作品でした。
鬼里人編はラストのアモンとの別れで感動しました。1番好きなACTは女神の腕を取り返せでした。キャラは蛮ちゃん、ジャッカル、笑師、鏡、弥勒兄弟(特に夏彦)、MAKUBEX辺りが好きでしたw
今からでも残りのACTをアニメ化して欲しいです。勿論深夜枠でwというか何でSeedの前に放送したんだろう?っと今でも思います。

>らき☆すた
僕はこなかが一択でしたw

長く書いてしまってすいませんでした。あとその中にBOYが僕の中では入りますねw
それでわ

No title

トリブラ良かったですね!!ほんとに惜しい・・・。
ほんとに武器、能力の詳細な解説が付いてて良かった。最近はオイレン・シュピーゲルとスプライト・シュピーゲルとかでもこういうのいいなと思ってます。
イザークさんは自分も一番好きなキャラです!!!もうほんとに好きです!!!!!それゆえに見逃したアニメ最終話でどうなったか友人に聞いた時は絶望した・・・。
あとベリアルの矢は乱射じゃなくて単発で超高速で撃ち出してほしかった・・・。
ベルゼブブの剣も見たかった・・・。
あとイブリースでイブリースも出ず「神父様、私あなたのことなんか怖くないんです」というラストがなかったのが・・・。あのラストは特にお気に入りのラストなのに・・・。
なんか未だにアニメ版に対する愚痴とか出てしまう・・・。まぁ作画がすでにすごく大変そうだったしな・・・全体的にヴィジュアルの凝り方が半端ないし・・・。
らきすた:昔のコメント見てきました。腐の匂いが・・・腐の匂いが~・・・。あの頃はまだ一般人の見方(?)を自分はしてたと信じたい・・・。でもこの頃から染まってきてたんだろうな・・・。というかこれから染まったのかな・・・。

さつきさんコメントありがとうございます。

>全部読ませてもらいました。藍三郎さんがピックアップしたモノが僕も大好きな作品ばっかりでしたのでビックリしました^^
思いでついでに僕も少しレスさせて貰いますね


ろくにフォント加工もしてない
長文読んでくださってどうもありがとうございますw
作品被ってますか~それは嬉しいですね。


>幽遊白書
バトルものとしては実に完成されたものだと思っています。長すぎず、短すぎずうまい具合にまとめられていて作者の構成力の高さにはホントに驚かされるばっかりでした。最後が少し残念でしたけど今でも好きな作品です。vs仙水戦と海籐との頭脳戦が中でも好きでした。

ああ、海藤戦は中々頭脳戦としてよく出来てましたね。
アニメだと魔界統一トーナメントはちゃんと補完されてますよ。
幽助VS黄泉は元より、飛影VS躯もちゃんとやりましたし。


>るろうに剣心
僕にとって恐らく全ての作品の中で最も好きな作品がこのるろうに剣心です。単行本や完全版、OVAやDVDBOXと全て揃えてしまったほどですw
中でも十本刀は好きでした。安慈、宗次郎、方治が特にお気に入りでした!蝙也には確かにがっかりしました。見た目一癖ありそうなキャラだっただけにw

十本刀はその後の好みの原点になった気もします。
安慈、宗次郎、方治・・・この三人は十本刀でも
数少ないきっちり目立てた人達ですね。
同じくトップクラスのはずの宇水なんてあの体たらく・・・
蝙也は夷腕坊とのペアも好きでしたね。
黒マントにマスクとかツボなキャラだったのに・・・


>とっても!ラッキーマン
野球の勝負が特に面白かったです。男のロ・マンのキャラたちには泣いたw

野球といえば結構終盤戦でしたね。


>GetBackers奪還屋
ストーリー・キャラ・内容が僕もとても好みでマガジンの中でも本当に好きな作品でした。
鬼里人編はラストのアモンとの別れで感動しました。1番好きなACTは女神の腕を取り返せでした。キャラは蛮ちゃん、ジャッカル、笑師、鏡、弥勒兄弟(特に夏彦)、MAKUBEX辺りが好きでしたw
今からでも残りのACTをアニメ化して欲しいです。勿論深夜枠でwというか何でSeedの前に放送したんだろう?っと今でも思います。

むしろ深夜枠じゃなかったことに驚きです(ぉ
ルシファー編と鬼里人編はドラマCD化されてるらしいですが。
女神の腕編はよかったですね。
夏彦は全ての弥勒のベースみたいなデザインですからねぇ。
亜紋の死は中々感動的でしたが、
その後最終決戦であっさり復活したけど、
他の連中と同じで結局役立たずなのでまぁいいやと思ってましたw


>らき☆すた
僕はこなかが一択でしたw

割と節操ないのが私。
後、みさおの片想いとかもいいです。
報われないので前提で(酷


>長く書いてしまってすいませんでした。あとその中にBOYが僕の中では入りますねw
それでわ

いえいえ~
あ、BOYも好きでしたね。結構単行本集めました。

kurukuruさんコメントありがとうございます。

>トリブラ良かったですね!!ほんとに惜しい・・・。
ほんとに武器、能力の詳細な解説が付いてて良かった。最近はオイレン・シュピーゲルとスプライト・シュピーゲルとかでもこういうのいいなと思ってます。

武器の解説凝りまくってましたねぇ。
ほ~あれ面白いですか。
中々初見のシリーズには手を出しづらいのがライトノベルw


>イザークさんは自分も一番好きなキャラです!!!もうほんとに好きです!!!!!それゆえに見逃したアニメ最終話でどうなったか友人に聞いた時は絶望した・・・。
あとベリアルの矢は乱射じゃなくて単発で超高速で撃ち出してほしかった・・・。
ベルゼブブの剣も見たかった・・・。
あとイブリースでイブリースも出ず「神父様、私あなたのことなんか怖くないんです」というラストがなかったのが・・・。あのラストは特にお気に入りのラストなのに・・・。
なんか未だにアニメ版に対する愚痴とか出てしまう・・・。まぁ作画がすでにすごく大変そうだったしな・・・全体的にヴィジュアルの凝り方が半端ないし・・・。

中盤はほとんどケンプファーの独壇場ですね。
あのもはや神々しいまでの挿絵をアニメ化する事自体相当無茶な事ですからね。
まぁ、それとシナリオ面は関係ないですけど。
と、そんな評判の悪さをよく聞くのでアニメ版はまだ見てなかったりします。


>らきすた:昔のコメント見てきました。腐の匂いが・・・腐の匂いが~・・・。あの頃はまだ一般人の見方(?)を自分はしてたと信じたい・・・。でもこの頃から染まってきてたんだろうな・・・。というかこれから染まったのかな・・・。

そして染めたのが私w
いやはや懐かしい。

探したらあったのでw

いくつが自分も愛していた作品なのでコメします

>るろうに剣心

蒼紫の小太刀二刀流は見ていて技がどれも新鮮でした。
だけどアニメの声が野太い!って当時は思ってました。
慣れましたけどもっとこうイケメン役をやってる声優にならないかなとはじめて思ったキャラでした。
十本刀は夷腕坊が好きでした。のちの外印も含めて。髑髏型のマスクが凄く好きだったのにマスクが取れた時の雑魚臭のパンパ無さにものすごくガッカリしました。リボーンの幻騎士が変な鎧をつけて雑魚っぽくなった時に似てます。山本を倒したり雲雀さんと互角に戦ったり、良い強敵だったのに。ツナの背中にX字傷つけた時がピークだったんだろうなぁ・・

>封神演義
キャラもストーリーもみんな全部好きでしたね。
太公望と四不象の会話がいつも面白くて和んでました。
あ、でも雷震子の空気っぷりはなんとかならなっかったのかとw

>HUNTER×HUNTER

さて連載再開今年になるのか(ぉ
クラピカが少し登場しましたが幻影旅団との戦いはいつ始まることやら
旧アニメの幻影旅団がわらわら出る「太陽は夜も輝く」にめちゃくちゃハマって旅団が好きになりました。というよりこの作品は原作より作画がしっかりしているアニメの方が好きでした(ぉ

>GetBackers奪還屋
うーんもう内容は初期と終盤以外覚えてませんw
なんだかんだ死んだって所で実は生きてたって展開が多かった気がするからですかね。
弥勒兄弟は雪彦が良かったかな。円月剣はアニメの描写も良かったんで

>らき☆すた

旧ブログの軌跡読ませてもらいました。
全然わからんネタがあったりああここは藍三郎さんこういう反応しただろうなぁとニヤニヤしながら見てました(笑)
あの頃はまだ百合という単語を認識していませんでしたw
ただひたすら面白いから見ていて、だから26話じゃなく24話で残念だったのはものすごく共感できます。
でもみなみ×ゆたかの関係は自然に良い物として受け入れてましたね。
つかさが福原さんがハマり役でしたしセリフがいちいち面白くてお気に入りでした。

長文失礼しました。


Re: 探したらあったのでw

> いくつが自分も愛していた作品なのでコメします
>
> >るろうに剣心
>
> 蒼紫の小太刀二刀流は見ていて技がどれも新鮮でした。
> だけどアニメの声が野太い!って当時は思ってました。
> 慣れましたけどもっとこうイケメン役をやってる声優にならないかなとはじめて思ったキャラでした。


> 十本刀は夷腕坊が好きでした。のちの外印も含めて。髑髏型のマスクが凄く好きだったのにマスクが取れた時の雑魚臭のパンパ無さにものすごくガッカリしました。リボーンの幻騎士が変な鎧をつけて雑魚っぽくなった時に似てます。山本を倒したり雲雀さんと互角に戦ったり、良い強敵だったのに。ツナの背中にX字傷つけた時がピークだったんだろうなぁ・・

夷腕坊は蝙也との巨漢と小柄の組み合わせが絵的に良かったです。
外印は黒子に髑髏というシンプルだけど斬新なデザインが良かった。

ジャンプ作品の敵は一部のライバルやラスボスを除けばなかなかカッコ良さが安定しませんね。
落ちる時は本当に一気に落ちる。


> キャラもストーリーもみんな全部好きでしたね。
> 太公望と四不象の会話がいつも面白くて和んでました。
> あ、でも雷震子の空気っぷりはなんとかならなっかったのかとw

あんまりやるべきドラマも無かったし……後は人気かw


> さて連載再開今年になるのか(ぉ
> クラピカが少し登場しましたが幻影旅団との戦いはいつ始まることやら
> 旧アニメの幻影旅団がわらわら出る「太陽は夜も輝く」にめちゃくちゃハマって旅団が好きになりました。というよりこの作品は原作より作画がしっかりしているアニメの方が好きでした(ぉ

むしろあそこまで長続きしたのが一種の奇跡みたいなもんですね。
当初はキメラアント篇が終わるか終らないかぐらいのところでまたストップと思ってた。


> うーんもう内容は初期と終盤以外覚えてませんw
> なんだかんだ死んだって所で実は生きてたって展開が多かった気がするからですかね。
> 弥勒兄弟は雪彦が良かったかな。円月剣はアニメの描写も良かったんで

アニメは見てないけど弥勒兄弟はデザイン・設定共に好きでした。


> 旧ブログの軌跡読ませてもらいました。
> 全然わからんネタがあったりああここは藍三郎さんこういう反応しただろうなぁとニヤニヤしながら見てました(笑)
> あの頃はまだ百合という単語を認識していませんでしたw
> ただひたすら面白いから見ていて、だから26話じゃなく24話で残念だったのはものすごく共感できます。
> でもみなみ×ゆたかの関係は自然に良い物として受け入れてましたね。
> つかさが福原さんがハマり役でしたしセリフがいちいち面白くてお気に入りでした。
>
> 長文失礼しました。

こんな古い記事のみならず旧ブログまで!
まぁありがたい話ではありますがw

今だとさすがにPixivで色々見れるしあそこまで過剰反応はしないんだろうなぁw

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/277-532afd7f

HUNTER×HUNTERって名言が一個も無いよね

1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/05/27(日) 20:10:12.12 ID:ED8+gTLe0 ?PLT(12077) ポイント特典ハンターになれるか占う「HUNTER×HUNTER」マスコットhttp://news.mynavi.jp/news/2012/05/0...