FC2ブログ

BLEACH Spirits Are Forever With You 感想

バッカーノ!やデュラララ!!の成田先生の書いたBLEACH小説。

以下ネタバレ


敵味方問わず多くのキャラが株を落とした破面編で
大きく数を上げた数少ない人物であるドン・観音寺が主人公。

原作でヤミーに腕を治した後で頭を潰された破面という
名前はおろか存在すら忘れられたような
脇役以下の端役が急にキーパーソンになる辺り成田作品らしい。
何だかんだで最後に主要キャラは皆生存するところもこの作者らしいなと。

八代目の十一番隊隊長・痣城剣八
常時卍解状態の斬魄刀『雨露柘榴』の能力で周囲の空間と融合する。
瀞霊廷全体と融合している。生物と融合するのは難しい。
体内の空気を刃に実体化させて殺すことも可能。

霊子を直接吸収する攻撃に弱い。
京楽と浮竹の前で融合を使わなかったのは浮竹の双魚理が弱点になるからか。

能力発動中は一切肉体を鍛えられないので見た目通りの肉体強度しかない。

無駄を嫌う性格が、やたら無駄の多い
BLEACHのキャラへのアンチテーゼってことは無いかw

操作した義骸を用いた鬼道多重詠唱のところはびっくり。
現代兵器を操るところは第4次バーサーカーと
暁美ほむらの能力をミックスさせたような感じでした。

またしても尸魂界の身内が敵に回る展開ですが、
従来の敵とは違い目的は尸魂界への報復ではなく、自分の信じる正義を実行すること。
だから、その気になれば大量虐殺が可能な能力を持っていても
極力同胞である死神を殺そうとはしない。
こういう設定を用意しておけば、凶悪な能力を持っていてもそれをフルに活用しない理由になりますね。


七代目剣八の刳屋敷は卯ノ花烈と同じ生物系の斬魄刀ってのが意外だったな。
痣城に一方的に負けたように見えて実は痣城も危なかった。
刳屋敷の卍解は大地に瀞霊廷を飲み込む程の顎を出現させ、全てを喰らい尽くす。
敵味方の識別が出来ず、使ったら半年は始解もできなくなる。

刳屋敷剣八も強かったし、歴代剣八はみんなずば抜けて強いんだな。
何か代替わりで消えていくのが凄く勿体無いような……

ザエルアポロは元々第0十刃でヤミー以上の戦闘力を持っていたが、
研究に打ち込むために今の強さを捨てた。
ザエルアポロのコピーであるシエンはその頃の強さで
ザエルアポロに囚われない生き方をする。
何か最後はドラゴンボールのウーブみたいな結末になっていた。

更木剣八、痣城剣八、シエン・グランツという超隊長格級の三つ巴戦。
され竜のアンヘリオ、ロレンゾ、カジフチ戦のように、
主人公以外の強者がその強さを存分に振るって大暴れすると言う展開は中々見ないので痛快です。

更木剣八はギリギリの殺し合いを楽しむために本能で実力をセーブしていた。
霊圧を吸収する眼帯は補助的な役割でしかない。
ルキア救出編で卍解修得前の一護に負けたのは
一護の成長が本能の計算を上回ったから。

霊子の結合そのものを焼き尽くすことで融合などの関節攻撃も無効化する。

ステッキに絡んでいた更木の眼帯でドン・観音寺が
痣城を倒すのは痣城の能力やこれまでの伏線が結実する良い展開だったかと。

痣城は始解で瀞霊廷全土に融合させた自身を刀一本に凝縮することが出来る。
始解の方が攻撃力が遥かに上がるとか面白いな。
霊子吸収に弱いなら滅却師は天敵だなと思っていたが、
いざそういう敵を相手にしても戦うことは出来たわけか。

更木剣八に霊王に零番隊、無間に囚われている罪人たち……
見えざる帝国の皆さんは護廷十三隊を倒しても
まだこれだけの戦力を相手にせにゃならんのですね。
そりゃ副隊長ぐらい瞬殺できにゃ先が思いやられるわな。
陛下が更木剣八に対してどれだけ対策を講じているかが今後の焦点になりそうですな。

劇場版やアニメオリジナルのネタが随所に散りばめられ、
作者のブリーチ愛と知識の程がよく分かる内容でした。
四十六室が駄目な理由として劇場版2回目の氷輪丸の話が持ち出されていたが、あれは弁明不可能だよな……
長い尸魂界の歴史の中で、一体どれだけの有能な死神を身内のいざこざで潰してきたのやら。
まぁ死神たちを効率的に運用するには組織が必要で、組織を作れば階級が生まれ、
身分の差はそのまま社会の腐敗に繋がるというのは必然ではあるのですが。
現実世界と違うのは、人間は弱いから一人では何も出来ず、
必ず多数派が社会の在り方を決めるようになっているが、
死神は個人で社会を相手取って戦えるほどの怪物が存在し得るので、
社会の在り方を個人の思惑で捻じ曲げてしまいかねない。だから締め付けが厳しくなるのもやむを得ない……のかなぁ?w


瑞祥屠りて生まれ出で暗翳尊び老いさらばえよ『餓樂廻廊』

刳屋敷剣八の始解。卍解の名前は不明。


遊べ『戯擬軍翅(ランゴスタ・ミグラトリア)』

『悪戯小僧(ピカロ)』の帰刃。
背中から翅を生やして飛び回り、風で敵を切り裂く。
空間を取り囲むことで範囲内の霊子を吸収する。


踊り狂え『絡新妖婦(ティルレニア)』

ロカ・パラミアの帰刃。
糸を用いて過去のデータにある破面や死神の能力を再現する。



面白かったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/2714-85333f85