FC2ブログ

KAMEN RIDER DRAGON KNIGHT 33話・34話

第33話 アダム
第34話 黒龍見参



アダムはゼイビアックスから彼らに取り入り計画を聞き出すよう命じられる。

仲間に戻りたいと言うアダムだがレンは聞く耳持たない。
お互いサバイブに変身しての戦闘。
ここで日本版の龍騎VSナイトのシーンを使うか。

その頃ユーブロンはアドベント空間からベンタラのライダー達を救出していた。
こんな形で退場したライダーの役者が再登場するとはw

プライス(仮面ライダーストライク)
チャンス(仮面ライダートルク)
ハント(仮面ライダーアックス)


ライダーは全滅し、ベンタラ人は惑星カーシュに転送された。

ハントはベンタラでも関西弁で、弟もいるらしい。

ベンタラにある三基の転送機が発見された。
ユーブロンはベンタラの人々を救いだすために
転送機を破壊せず、転送先を逆流させるウィルスを仕掛けようとする。

ユーブロンはアドベント空間へ。
リスクはあるが、敵を倒すには全てのライダーを集めなければならない。

ハントはアダムと遭遇。そこにゼール系モンスターが現れやむなく共闘。

ここでドラゴンナイトサバイブファイナルベント初披露。
ドラゴンひき逃げアタックw

早く敵に潜入しろとアダムを急かすゼイビアックスw

森の中でガルド系モンスターと戦ってピンチを演出しようとする。
日本版では確かタイガの初戦闘シーン。

その頃ユーブロンはアドベント空間からキットとケイスを救出していた。


レン達は順調に転送機にウィルスプログラムを仕掛けていた。

マヤの態度がおかしいことを訝しむプライス。
日本版で言えば急に浅倉が善人面で仲間入りしたようなもんですからね。

レン、チャンス、プライスの前に大量のシアゴーストが出現。

チャンス「何だこいつら、モンスターの店で安売りでもしてるのか?」

そこに黒いドラゴンナイト
仮面ライダーオニキス
が登場。
レン達と共にシアゴーストと戦う。

オニキスの正体はユーブロンに救出されたキットだった。

再会を喜び合うキットとレン。
ユーブロンからオニキスのデッキを渡される。
以前見た夢からオニキスに変身することを渋るが
レンの危機に駆け付けた。

チャンスとプライスが云うにはライダーになれば悪夢ぐらい誰でも見るらしい。


ゼイビアックスはアダムにウィルスを盗み出すよう命じる。

ゼイビアックス
「全部私に考えさせる気か!!」
「悲劇のヒロインを救って株を上げてこい!!」



ゼイビアックスは転送機を隠してしまったが、
プライスのアドバイスで再び発見するトレント。
ベンタラでもJTCと同じくプライスはネットに精通していた。

アドベントキーの修理が終わるまでは他のライダーを連れ出せない。

アダムはマヤを信用させるため、シアゴーストと戦うマヤに加勢に入る。
同じく助けに来たキットと対面するアダム。
口論になったキットとアダムは互いに変身して戦い始める。

オニキスVSドラゴンナイト!

アダムをベントしようとするキットだが、
ユーブロンに「悪夢を現実にするつもりか」と言われ思い止まる。

アダムをノーマン基地へと引き入れるユーブロン。


本来の主人公がリュウガになり、鏡の向こう側の主人公が龍騎になるとか
日本版を逆転した展開で面白いな。

ユーブロンのお陰でここまで巻き返したけど、
今度はユーブロンのせいで大ピンチに陥りそうな……


面白かったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/2656-bd9a13b2