FC2ブログ

星獣戦隊ギンガマン 31話・32話

第三十一章 呪いの石
第三十二章 友情の機動馬



ギガライノス達がギンガマンの戦力になったのは
イリエスの部下にも責任はあると言うゼイハブ。
今日からダイタニクス復活が
一日遅れる度に褒美の金貨を一枚減らす
事に決定。


ガーラガーラ

クルーゼやレリウス・クローバーみたいな
赤い仮面の男がやっている占いの館。


ガーラガーラ3

男の正体はイリエス魔人族・ガーラガーラだった。
声は塩屋翼。

客から魔獣ダイタニクス復活のための身代わり手形を集めている。


手形の持ち主333人の人間に魔獣ダイタニクスの封印を移し変える。
人間達は石となり、ダイタニクスは復活する。
ダイタニクスの封印も何らかの術なんだから
術で解除できるのはおかしいことではないわな。

占いの館に入ったハヤテと勇太の体も手から石化していく。
勿論占いの館はとっくにもぬけの殻。
モークが風の流れで居場所を掴んだので、
ハヤテを除くギンガマン達は先行する。

憎きギンガグリーンが石化したと聞いて止めを刺しに来るシェリンダ。

シェリンダ
「その体では満足に戦えまい。
だが手加減はしない。それが宇宙海賊の流儀だ!」


複数の腕をチューブのように伸ばすガーラガーラ。

変身解除するも、石化した腕でシェリンダの剣を弾いた!
勇太が投げたシェリンダの剣で反撃。

シェリンダの攻撃で勇太が瓦礫の下敷きになり、激怒するハヤテ。
シェリンダを斬るも自身も力尽きる。

先行したギンガマン達がガーラガーラの杖を破壊したことで、石化解除。
勇太はベンチの下に隠れていて無事でした。

ガーラガーラに大苦戦するギンガマンの下に急いで駆け付けるハヤテ。
そのまま捨て置かれたシェリンダはさらにハヤテへの怒りを燃やすのだった。

ギガバイタスから発進した五機ずつのマシンが合体して
ギガライノス、ギガフェニックスになる。分離メカがかなりちんまいです。
合体シーンや必殺技で、背景に星獣だった頃の姿が浮かぶ。


リョウマと勇太はバイク屋の兄妹と知り合い、親しくなる。

リョウマ、バイク初体験。


イリエス

イリエス
「いつ見ても美しいこの輝き。一枚でも減らさずに手に入れて見せるわ」


鍵穴から金貨を除きうっとりするイリエス。


イリエス2

思いっ切り三人に見られていました。
何か金貨部屋のドアの形や場所がトイレみたいなんですけど。

シェリンダ
「ただ見つめているだけじゃ、褒美の金貨は手に入らんぞ」


ゼイハブ
「ただがめついだけの行動隊長じゃねぇってこと、見せてもらわねぇとな」



メルダメルダ2

メドウメドウの妹、メルダメルダ
恐怖に怯える22人の人間を集めている。


バイク屋一郎の妹がメルダメルダの標的にされた。
蛇にぐるぐる巻きにされ、宝石の中に封じ込められる。

一郎の挑発に乗って出てくるメルダメルダ。
今回の標的は性別年齢関係ないのね。


メルダメルダ4

専用バイクゴルゴンディアを駆るメルダメルダ。
蛇がモチーフの怪人でバイク乗りって珍しいな。

銀河の閃光を真っ向から破りました。
こいつきっとサンバッシュより強いよなw


メルダメルダ
「人間のくせに何度も私に盾を突くとは!!」


盾を突くって珍しい言い方やねw

ヒュウガ
「ギンガの光は持ち手の意志で形を変える!
……と黒騎士ブルブラックの意志が言っている」


ギンガの光はガレオパルサーになった。


ガレオパルサー

口が一文字で、かなりユーモラスな顔をしているガレオパルサー

巨大戦では幻覚攻撃を仕掛けるメルダメルダ。
ギガライノスは幻覚を打ち破れるだけの脅威の集中力を持つらしい。
今回はギガフェニックスはお休み。


お礼として、一郎のまずい手作りクッキーを振る舞われるギンガマンw


面白かったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


思いっ切り三人に見られていました>此処は笑いましたw BGMが途切れたところなんてw

こいつきっとサンバッシュより強いよなw>サンバッシュの面目丸つぶれw
スタッフは死んだキャラにまで鞭を打ちましたねww

ただがめついだけの行動隊長>おまけに天然記念物級の卑劣w

Re: タイトルなし

> こいつきっとサンバッシュより強いよなw>サンバッシュの面目丸つぶれw
> スタッフは死んだキャラにまで鞭を打ちましたねww

銀河の閃光にも耐えるバイクとかインフレも凄いところまで来たなぁとw

こいつ本当に嫌な奴だったので(名前も名前だし)ゴルゴンディアが爆発して吹っ飛ばされるところは爽快でした。

Re: タイトルなし

> こいつ本当に嫌な奴だったので(名前も名前だし)ゴルゴンディアが爆発して吹っ飛ばされるところは爽快でした。

陰険さがウリの集団ですからな。

ガーラガーラ

ガーラガーラのモチーフは、阿修羅では無くカーリーと言う神話の生物だったそうです。

しかし、勇太.....28章で晴彦がヒエラヒエラの術にかかった事で散々な思いをした事がありますが、今度は.....もっと怖い。徐々に自分が石化していくからですね。

一方のハヤテには、徐々に石化していくにも関わらず、いつも通りシェリンダとの戦いがあります。

Re: ガーラガーラ

> ガーラガーラのモチーフは、阿修羅では無くカーリーと言う神話の生物だったそうです。
>
> しかし、勇太.....28章で晴彦がヒエラヒエラの術にかかった事で散々な思いをした事がありますが、今度は.....もっと怖い。徐々に自分が石化していくからですね。
>
> 一方のハヤテには、徐々に石化していくにも関わらず、いつも通りシェリンダとの戦いがあります。

見た目はよりインドよりだからカーリーの方が的確かもしれませんね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/2641-047999b6

FC2Ad