FC2ブログ

Fate/Zero 第14話「未遠川血戦」

後半戦に入ったのでOP・ED変更。
OPは戦闘シーン無しで後半の各陣営の様子に留め、
EDは切嗣とアイリが夫婦になってから今日までの過程が描かれてます。


ヴィマーナ

ヴィマーナ2

アニメで明かされるヴィマーナの全景。
翼を広げて浮遊形態から高機動形態に変形できるのね。


アーチャー

アーチャーの座る椅子がついているのが、玉座と言うより、
戦艦のブリッジの艦長席のように見えます。

Fate/Zeroで瞬間的に一番盛り上がったシーンかもしれない、
バーサーカーによる戦闘機乗っ取り。原作では竜騎士(ドラグーン)と表現されている。
手にした武器を全て宝具にするならば、
戦闘機などの乗り物も武器に含まれるので当然宝具化できる。
ミサイルなどの通常火器はサーヴァント相手では意味をなさないが、
バーサーカーの魔力に浸食されれば破壊力抜群の宝具と化す。

桜の扱いに対する時臣の考えは、また後のシーンを見ないと
何とも言えないところがあるのだが、
だからって間桐はねぇだろと言うのは誰しも思う所であります。
とはいえ間桐以外で引き受け先があるのかと言うと不明なのですが。


大暴れする海魔を観戦している龍之介だが、
目立つ位置にいたため切嗣に射殺される。
聖杯戦争の意味を何も知らなかったことが彼の命取りとなった。


キャスター

キャスター
「リュウノスケに手向けを!最高のくぅぅぅぅぅぅぅる!!」


龍之介が死んだ後のキャスターのこの反応はアニメオリジナル。
原作だと全く反応しなかったからなー。

アーチャーVSバーサーカーの熾烈なドッグファイトやら、
巨大な海魔やら相変わらずのハイクオリティでした。


面白かったらクリックお願いします

にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト



コメント


>後半戦に入ったのでOP・ED変更。

両方素晴らしいですね。OPは何度も映像含めリピートしてます。アイリの顔から血が出る所は久しぶりにOPでゾクッと来ました。わかってるとは言え映像化されるとキッツイですわー。作画がハイクオリティだけあって。

>Fate/Zeroで瞬間的に一番盛り上がったシーンかもしれない、
バーサーカーによる戦闘機乗っ取り。原作では竜騎士(ドラグーン)と表現されている。

旧ブログの感想読みましたwギルガメッシュこのままあの船でゴーカイジャー世界並びにスーパーヒーロー大戦世界でヒーロー達を殲滅してくれると面白そうなんですけどねぇww
ただ自分がFate世界で英雄王一番好きなだけですけどね。これだけ規格外だと命の生死権決められてもしょーがないかぁってww

Re: タイトルなし

> 両方素晴らしいですね。OPは何度も映像含めリピートしてます。アイリの顔から血が出る所は久しぶりにOPでゾクッと来ました。わかってるとは言え映像化されるとキッツイですわー。作画がハイクオリティだけあって。

あれはまたグロっちいシーンでしたねぇ。


> 旧ブログの感想読みましたwギルガメッシュこのままあの船でゴーカイジャー世界並びにスーパーヒーロー大戦世界でヒーロー達を殲滅してくれると面白そうなんですけどねぇww
> ただ自分がFate世界で英雄王一番好きなだけですけどね。これだけ規格外だと命の生死権決められてもしょーがないかぁってww

アニメは最高の出来だと思うけど、
やっぱり最初に原作読んだ時の興奮には遠く及ばないですなぁ。
当時読んだ小説の中では一番面白かった。

<だからって間桐はねぇだろと言うのは誰しも思う所であります

原作すらプレイしてない私の意見ですが、時臣の「私が果たせなかった悲願を凛が、凛ですらダメなら桜が」という発言から2人の娘に聖杯戦争以外の手段による根源への到達を達成を期待しているものと考えられます(通常なら次の聖杯戦争のころには二人とも60後半ですし)
ですから時臣は間桐が桜の才能(エリート中のエリートのケイネス先生が2大属性持ちなのに対して凛は6~7大属性、桜はそれに匹敵する虚無属性持ち)を伸ばしてくれるものと考えていました
しかしゾウケンの願い=不老不死は聖杯戦争以外ではかなえられないので初めから桜を魔術師として成長させる気などなく、無理やり間桐の魔術師として調教(虫風呂)し次の聖杯戦争に参加できる子孫を残す、つまり子宮としてしか見ていません
桜の才能を伸ばして生ませた子供と間桐の魔術師として調教した後に生ませて虫使いのノウハウを叩き込んだ子供のどちらが間桐に利益があるのかはわかりませんが、雁屋おじさんほどでなくても虫を埋め込めばゾウケンの傀儡にできるので後者の方が都合がいいのかと
養子縁組の際どのような約束があったのかはわかりませんが、ゾウケンがかつての御三家の悲願をなくしてることを知ってながら根源への到達を期待して預けた時臣はやはり遠坂の固有スキル「ウッカリ」が発動してしまったのかと

<龍之介が死んだ後のキャスターのこの反応はアニメオリジナル

1期最終回の橋の下のシーンでもそうでしたけどこの二人は仲が良かった割に原作では神云々のシーンを最後にお互いに絡みがなかったのでかなりの良改変といえますね、てかあまり評判のよくなかった凛回でも龍之介は出番が大幅に増えましたし、スタッフにかなり愛されてるのがわかりますね、先行で15話を見てきた人いわくキャスター退場のシーンもかなり期待できるものらしいです

Re: タイトルなし

> 原作すらプレイしてない私の意見ですが、時臣の「私が果たせなかった悲願を凛が、凛ですらダメなら桜が」という発言から2人の娘に聖杯戦争以外の手段による根源への到達を達成を期待しているものと考えられます(通常なら次の聖杯戦争のころには二人とも60後半ですし)

最高の才能を持っていても本来の聖杯戦争の時期的にはズレているわけか。
まぁ60でもバリバリ現役かもしれんが。


> 1期最終回の橋の下のシーンでもそうでしたけどこの二人は仲が良かった割に原作では神云々のシーンを最後にお互いに絡みがなかったのでかなりの良改変といえますね、てかあまり評判のよくなかった凛回でも龍之介は出番が大幅に増えましたし、スタッフにかなり愛されてるのがわかりますね、先行で15話を見てきた人いわくキャスター退場のシーンもかなり期待できるものらしいです

あそこは何の反応が無いのが不思議なぐらいだったw

>アーチャーVSバーサーカーの熾烈なドッグファイトやら、
巨大な海魔やら相変わらずのハイクオリティでした。

三ヵ月越しに再開されたキャスター春の触手祭り。

青髭の海魔はネクサスのペドレオン(グロース)の如く戦闘機を丸呑みにするとは…ちなみに某ブログでは人が喰われたのにも拘らずパイロットごと喰われた戦闘機に突っ込みが入っていました。

「お前それいくらすると思ってんだコラァァァァ!わかってんの!? それ一機で35人くらいの人生買えるんだよ!?」てな感じで(笑)

まぁ、実際に戦闘機一機辺りの値段は『11桁』もするらしいですから驚く事も無理は無いんでしょうけども(汗)

そして我等がアーチャー、あのアクロバットな空中戦にも関わらずいつもの「どや乗り」。シートベルトもゴーグルも無しで良くあんなに出来ることまぁ…サーヴァント補正、半端無いです(笑)

……でも、パイロットはGでぐっちゃぐちゃだろうなぁ……。

Re: タイトルなし

> 「お前それいくらすると思ってんだコラァァァァ!わかってんの!? それ一機で35人くらいの人生買えるんだよ!?」てな感じで(笑)
>
> まぁ、実際に戦闘機一機辺りの値段は『11桁』もするらしいですから驚く事も無理は無いんでしょうけども(汗)

ウルトラマンとか、ロボットアニメとか、スパロボ大戦とかで
バカスカ撃墜される戦闘機を見ていると、
これらにとんでもない額の金がかかっていることを忘れそうになりますね。


> そして我等がアーチャー、あのアクロバットな空中戦にも関わらずいつもの「どや乗り」。シートベルトもゴーグルも無しで良くあんなに出来ることまぁ…サーヴァント補正、半端無いです(笑)
>
> ……でも、パイロットはGでぐっちゃぐちゃだろうなぁ……。

原作ではパイロットはGで死亡したと言う記述がありました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/2583-63ce4f1f

Fate/Zero 2ndシーズン「第14話 未遠川血戦」/ブログのエントリ

Fate/Zero 2ndシーズン「第14話 未遠川血戦」に関するブログのエントリページです。

2012年02クール 新作アニメ Fate/Zero 2 第14話 雑感

[Fate/Zero] ブログ村キーワード 大作 Fate/Zeroのセカンドシーズン であります。本作は『Fate/stay night』の10年前(第四次聖杯戦争)の物語。 ファンにとってはたまらない作品ではない

(アニメ感想) Fate/Zero 第14話 「未遠川血戦」

投稿者・ピッコロ Fate/Zero Vol.1 -第四次聖杯戦争秘話- (書籍)(2007/01/13)Windows商品詳細を見る キャスターが召喚した巨大な海魔。新たな魔力源を得る前に排除しなければ、聖杯戦争の

(アニメ感想) Fate/Zero 第14話 「未遠川血戦」

投稿者・ピッコロ Fate/Zero Vol.1 -第四次聖杯戦争秘話- (書籍)(2007/01/13)Windows商品詳細を見る キャスターが召喚した巨大な海魔。新たな魔力源を得る前に排除しなければ、聖杯戦争の