FC2ブログ

KAMEN RIDER DRAGON KNIGHT 9話・10話

第9話 仮面ライダートラスト
第10話 バトルクラブ



仮面ライダーガイこと仮面ライダートラスト登場。
変身者はブラッド・パレット
声は仮面ライダーサガこと登太牙役の山本匠馬
声優としてはこの役を経て遊戯王ZEXALのVに繋がるというわけですな。

ベンタラではライダーの変身者が対象を鏡面に押し込むことで
向こう側の世界に返すことが出来る。

落ちていたウイングナイトのデッキを渡し、フェアな勝負をしようと言うトラスト。

ブラッド「やるじゃないか。一回戦から中々の強敵だ」
「君もいい選手だが、優勝したい思いは私の方が上だ」
「バトルクラブ選手権に決まってる」
レン「これは遊びじゃない、戦争だ」
ブラッド「私は試練に勝つ。
それがブラッド・パレットだ。そして人生を取り戻す」


駆けつけるキットとドリュー。
そこにキャモが現れ、キットの制止も聞かずにトルクとキャモはライダーバトルに突入。

リッチーを始め、皆ゼイビアックスに
都合の良いことを吹きこまれていたことから、
ようやくドリューとゼイビアックスに騙されていたことに気付くキット。

ドリュー
「おめでとうキット、正解の賞品をくれてやろう。
アドベント空間への片道切符だ」


背中見せてゆっくり逃げようとしたところで
大砲の直撃食らうキャモww


ま、間抜けすぎるwww


グラント「卑怯だぞ!!」

卑怯っつーか大砲向けた敵に背中見せて悠然と去る方がバカだろう。

ドリュー「いや、卑怯ってのはこういうことだ」

エンドオブワールド発動!!

直撃を喰らったキャモは体が崩壊し、ベント送りに。
ついにエンドオブワールドでライダーを倒しました。

ブラッド
「負けたら粉々になるなんて聞いてない!!」


キット「信じた僕がバカだった!!」
ドリュー「信じる必要なんてない。永久にな」


ウイングナイト、飛翔斬でトルクを強襲してドラゴンナイトを助け出す。
ベンタラから逃げ出すドリュー。

レンに謝るキット。
ゼイビアックスは、レンに守るべきもの=弱点が出来たと上機嫌。


ブラッドは元バイクレーサー。
捏造されたビデオで、対戦相手のバイクに
細工してクラッシュさせたと疑われ、レーサーを辞めさせられる。
そこにゼイビアックスの変身したチャーリーが登場。

チャーリー
「バトルクラブ選手権大会に出てくれ
ルールもレフェリーもリングも無し。人生って奴と同じだな」


優勝したら証拠のビデオを渡すと言う。

まずはチャーリーと戦うと言うブラッドの前に、
仮面ライダー王蛇こと仮面ライダーストライク登場。
ゲルニュートを軽く倒してライダーの力のデモンストレーション。
レーサーに戻りたい一心でゼイビアックスの申し出を受けるブラッド。


キット
「何でゼイビアックスはライダーを騙して戦わせてるんだ?
凶悪な犯罪者でも捕まえてカードデッキを渡せばいいのに。
その方が手っ取り早いんじゃないかな」


日本版龍騎にも通じる疑問ですね。
ライダーが全員浅倉みたいな犯罪者なら
ライダーファイトはもっとスムーズに進んだことでしょう。

レンは自分とキットに瓜二つの男が一緒に映った写真を見せる。
その後ろにはオルタナティブが……
キットには全く覚えがない。

映っているのはアダム、元のドラゴンナイトだった男。

地球とベンタラは鏡写しの世界。
ライダーデッキは特定のDNAでしか作動しない。
同じDNAを持つ者が地球にもいる。
ゼイビアックスはライダーにする人間を好き勝手に選べない。


ニートでボンボンのリッチーも、詐欺師ドリューも、卑怯者グラントも
並行世界では立派な戦士だったってことか。

しかしライダーに選ばれる人間が並行世界でもライダーだった人物というのは、
鏡の世界と話の整合性を合わす上手い設定だったと思います。


自分がカードデッキを手に入れた経緯はゼイビアックスとは
関係ないと疑問を述べるキットだが、レンは無いはずはないと言う。

ゼイビアックス
「人間どもは猿から進化していないのか!!」


思い通りに動かないライダーに苛立つゼイビアックス。
イライラするぜw


ブラッド
「ライダーがいるのにモンスターの相手か。
それじゃ選手権は勝ち残れないぞ。ゴングは既に鳴ったぞ」


この辺の映像は、ゲルニュートがTV版で初登場した時のものですね。
このゲルニュートがアメリカで量産されて戦闘員になり、
後に電王の映画のために逆輸入され、
クライマックスヒーローズにまで出演し、
平成ライダーでもメジャーな怪人に登り詰めるなんて誰が予想できたでしょうか。

失敗したドリューをなじるゼイビアックスに、
キャモを投入して引っ掻き回したのは貴方だと最もなことを言うドリュー。

ゼイビアックス
「しくじれば代わりの人間は山ほどいる!」


実は山ほどもいないという。


JTCはマヤにFBIからハッキングして入手した
仮面ライダーライアこと仮面ライダースティングの写真を見せる。
彼が現れてからその地区から失踪者はいなくなった。

ドラゴンナイトからバトルクラブの事を聞き出そうとするトラスト。
映像は同じだが、ガイとトラストは全然キャラが違うせいか
全く違うシーンに見えるな。

JTCは仮面ライダーストライクだった。


9話はキャモのあまりに間抜けすぎるやられ方が最高のツッコミどころ。
何で大砲向けた相手に背を向けて逃げるかなぁ……
どれだけ卑怯な手を売りに使用とも、所詮はリングの上でのヒール、
競技者止まりだったと言うことでしょうか。
日本版の映像がほとんど無いのでほぼ新規撮影だった分、早期に退場してしまったのか。

ガイ(トラスト)とバトルクラブという
日本版と似たような組み合わせながらも全く異なる設定に仕上がっている。
日本版ガイの芝浦淳は殺人ゲームで人々を狂わせて
リアル対戦ゲームをやらせる真正DQNだったからな……
そんな奴が仮面ライダーとか龍騎は革新的だった……
今じゃドーパントかゾディアーツになるような人材だ。


面白かったらクリックお願いします

にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト



コメント


うむ、複雑な気分の回でしたw

>9話はキャモのあまりに間抜けすぎるやられ方が最高のツッコミどころ。
>何で大砲向けた相手に背を向けて逃げるかなぁ……w
>日本版の映像がほとんど無いのでほぼ新規撮影だった分、早期に退場してしまったのか。

ベルデのトリッキーな戦法が好きだった自分としては早期退場はもったいないと思いつつも龍騎では手塚以降脱落者が4クールになるまで正規のライダー脱落がないのはちんたらのろのろしてるなぁと感じてた自分としては納得はできました(ぉ ベルデのクリアベントやガイのコンファインベントとか敵ライダーのほうが魅力的だったのが龍騎に惹かれた部分でした。

13人をTV版で回収しなかったのがなぁ・・・龍騎が設定を活かしきれなかった作品として個人的にマイナス。フォーゼはホロスコープスをTVで全員出すことを願ってます。今回の話みたいな展開や、すでにゾルダやガイ・タイガ達にベルデ達は倒されてたって形でも良かっただろうに・・

>リアル対戦ゲームをやらせる真正DQNだったからな……
>そんな奴が仮面ライダーとか龍騎は革新的だった……
>今じゃドーパントかゾディアーツになるような人材だ。

次のライダーでは徹底的な悪役や憎まれ役の怪人が生まれると物語も引き締まるでしょうねぇ・・・・

Re: うむ、複雑な気分の回でしたw

> ベルデのトリッキーな戦法が好きだった自分としては早期退場はもったいないと思いつつも龍騎では手塚以降脱落者が4クールになるまで正規のライダー脱落がないのはちんたらのろのろしてるなぁと感じてた自分としては納得はできました(ぉ ベルデのクリアベントやガイのコンファインベントとか敵ライダーのほうが魅力的だったのが龍騎に惹かれた部分でした。

主役ライダーではまず無いようなモチーフ(蟹、エイ、カメレオン)を使用しているのが龍騎ライダーのいいところ。


> 13人をTV版で回収しなかったのがなぁ・・・龍騎が設定を活かしきれなかった作品として個人的にマイナス。フォーゼはホロスコープスをTVで全員出すことを願ってます。今回の話みたいな展開や、すでにゾルダやガイ・タイガ達にベルデ達は倒されてたって形でも良かっただろうに・・

下手にライダー増やすより主要キャラを掘り下げることを優先したんでしょうな。

TV版の他三人がどうなったのかは謎のままですね。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/2500-a6d63e6a