FC2ブログ

星獣戦隊ギンガマン 7話・8話

第七章 復活の時
第八章 愛情の料理



星獣が石化して浮かれまくるサンバッシュ。

ブクラテス
「威張るのはダイタニクスを復活させてからにせい」



トルバドー

タグレドーの兄トルバドー登場。

「弟がやられっぱなしじゃ兄貴として黙ってられねぇ!」


タグレドー

カブトとガタック、ブトカとワガタク、カブトヤミーとクワガタヤミー……
カブトとクワガタの組み合わせは定番です。

毒ガスを吐き出すタグレドーと違い、
トルバドーの角から弾丸を放つだけ。

当初は星獣の死体を潰して粉にして
ダイタニクスを復活させる薬にする作戦だったのだが、
ギンガマンが星獣復活のために集める星の力を利用する作戦に変更。
しかし、エネルギーを吸収しようとするところを勇太に邪魔されて作戦失敗。

生物系の星獣が機械系の銀星獣となり、
合体ロボギンガイオー登場。

名前がダンガイオーやギンガイザーに似ています。

ガルコンボーガン流星弾

必殺技が弓矢って珍しい。
動物ロボが合体するぐらいじゃ
そう珍しくも無いので、ここで他と差別化を図ったのかな。
速攻でやられるタグレドー、トルバドー。




ゼイハブ

ゼイハブ
「なぁサンバッシュ、反省って言葉を知ってるか?」
「反省が足りないから失敗ばかり続く……
そうは思わねぇかって言ってんだ!!」
「どうだ?鮫に食われて胃袋の中で
ゆーっくり反省してみねぇか?」


機刃に続いて巨大ロボまで……
これまで割と長い目で見てきた船長もお冠です。

サンバッシュは胃袋と言う言葉にヒントを得て新たな作戦を思いつく。

サンバッシュ
「物凄く美味そうな料理の匂いを嗅がせれば
食い意地の張った魔獣ダイタニクスのことだ
きっと目を覚ますに違いねぇぜ!!」


サイズが違いすぎるだろw
星を喰うスケールの生物が人間サイズの料理の臭いを判別できるのか?


ブクラテス
「目の付け所は悪く無いかもしれん」

サンバッシュ
「そうじゃねぇか樽じじい……いや、樽学者の先生よ!」



サンバッシュ魔人団員ドルマー出撃。


ドルマー

各地で無銭飲食を繰り返すドルマー。
あのボーゾックでさえちゃんとお金を払って
弁当や芋羊羹を買っていたというのに……


マナーの悪い宇宙人ですね。


おばさんはヒカルが無職だと思って料理を教えてあげた。
一応乗馬クラブで働いているけど……
カクレンジャーのクレープと同じでとても5人分の食い扶持になるとは……

まぁ、カクレンジャーに鶴姫家というパトロンがいたように、
彼らはいざとなれば自然で自給自足できますし、
そもそもそうやって暮らして来ましたしね。


おばさんもといシェフ仕込みの包丁さばきでドルマーの背中を叩くヒカル。


ドルマー3

「千切りだぁ!!」
「賽の目切りだぁ!」
「カブト割りぃ!!」


「見よ!憎悪が!永劫に!輪廻する!!」

鍋を背負った金吾さんをしばく三成みたいね。

ドルマーが自分の舌で一方的に決めた料理の臭いで
本当にダイタニクスは復活したのか?

バルバンが手を変え品を変えやっているダイタニクス復活作戦って、
ほぼ毎回未然に阻止されているから、
それが有効かどうかは結局わからずじまいなんだよなぁ。



面白かったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント


星獣がロボットになる…これ以降、生物型としての活躍は減りますね。
ギンガイオー見るたびに思うのですが、星獣は始めから機械生命体で良かったのでは? 後に出てくるゴウタウラスも機械生命体でしたし…。

これまで割と長い目で見てきた船長もお冠>身内の不祥事、それによる敵の戦力強化…そりゃ怒りますよねw バクターが機刃を3000年前に差し出しておけばこんな事には…。

「物凄く美味そうな料理の匂いを嗅がせれば、食い意地の張った魔獣ダイタニクスのことだ、きっと目を覚ますに違いねぇぜ!!」>失礼だけれども、言う機会に恵まれたから敢えて言おう、あんたはやっぱ馬鹿だ。ボーゾックに就職してれば、もっと良い人生を歩めたろうに…

星獣の死体を潰して粉にしてダイタニクスを復活させる薬にする、星の力を利用する作戦に変更。>まぁ、目の付け所は悪くなかったですね。でもこの状況になったのは棚ぼたですけどもw

星を喰うスケール>作戦のスケールも縮んだw

それが有効かどうかは結局わからずじまいなんだよなぁ>
少なくとも、7話の作戦は有効だったと思いますね。
でも、船長の宝石コレクションを苦肉の策でダイタニクスに与えようとは考え付かなかったのか?
あれだけの星の命…きっと有効に作用したとは思うんですが。

長文失礼いたしました。

Re: タイトルなし

> 星獣がロボットになる…これ以降、生物型としての活躍は減りますね。
> ギンガイオー見るたびに思うのですが、星獣は始めから機械生命体で良かったのでは? 後に出てくるゴウタウラスも機械生命体でしたし…。

今までにない新しい要素をやりたかったのだろうなぁ。


>失礼だけれども、言う機会に恵まれたから敢えて言おう、あんたはやっぱ馬鹿だ。ボーゾックに就職してれば、もっと良い人生を歩めたろうに…

もろ暴走族なキャラのせいで逆に埋もれてしまうかもw


> 少なくとも、7話の作戦は有効だったと思いますね。
> でも、船長の宝石コレクションを苦肉の策でダイタニクスに与えようとは考え付かなかったのか?
> あれだけの星の命…きっと有効に作用したとは思うんですが。

海賊なだけに強欲ですからねぇw

しかしあの宝石はダイタニクスの排泄物みたいなもんなんだろうか。

カブトとクワガタ

カブトとクワガタの兄弟って、ゴウライジャーを思い起こしますね。
しかし、頭も悪い上に後先考えていないバルバンとしてイメージの悪いサンバッシュ魔人団ですし、おまけに悪の怪人なので、ゴウライジャーとはかけ離れている以外の何者でもないですね。

サンバッシュ魔人団は作戦が適当な奴が多い上に、前回のバクターは自在剣をギンガマンに与えてしまって、ギンガマンを強化してしまったので、役に立たない魔人リストに入ってしまって間抜けです。

そしてこの兄弟魔人も、タグレドーは5大星獣を石化させて全滅させたので、バルバン魔人強敵ランキングにランクイン.....と思ったら、トルバドーは結果的に5大星獣を復活、しかも銀星獣へと強化してしまったので、役に立たない魔人リストにランクイン。弟の大活躍をドブに捨ててしまった兄.....やっぱりこの兄弟魔人も間抜けですよ。

Re: カブトとクワガタ

> カブトとクワガタの兄弟って、ゴウライジャーを思い起こしますね。
> しかし、頭も悪い上に後先考えていないバルバンとしてイメージの悪いサンバッシュ魔人団ですし、おまけに悪の怪人なので、ゴウライジャーとはかけ離れている以外の何者でもないですね。
>
> サンバッシュ魔人団は作戦が適当な奴が多い上に、前回のバクターは自在剣をギンガマンに与えてしまって、ギンガマンを強化してしまったので、役に立たない魔人リストに入ってしまって間抜けです。
>
> そしてこの兄弟魔人も、タグレドーは5大星獣を石化させて全滅させたので、バルバン魔人強敵ランキングにランクイン.....と思ったら、トルバドーは結果的に5大星獣を復活、しかも銀星獣へと強化してしまったので、役に立たない魔人リストにランクイン。弟の大活躍をドブに捨ててしまった兄.....やっぱりこの兄弟魔人も間抜けですよ。

そういえばトルバドーのトルはビートルから取ったのだと今気づきました。
違う軍団を一緒に動かすと同士討ちするから四軍団を一つずつ出すという設定だったが
軍団どころか同じ団員同士でも足の引っ張り合いを起こすイメージがある。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/2485-8a611cf3