FC2ブログ

KAMEN RIDER DRAGON KNIGHT 7話・8話

第7話 敵か味方か
第8話 仮面ライダーキャモ



ゼール系モンスターと生身で戦うレン。

華麗なアクションを披露。
空中回し蹴りを喰らわせ、木の棒で武器を持ったゼールモンスターをあしらいます。

キットの父はゼイビアックスにライフエナジーを吸い尽くされた。

用語がキバと被っているのは偶然か。偶然だろうなw

ドリュー曰く、治すには
ゼイビアックスとウイングナイトを倒すしかない。

ゼイビアックスはともかく何でウイングナイトまでw
この取ってつけたような嘘に騙されるキット。
まぁ父親を助けたい一心を利用したと言うのは上手いかな。

キットはストライクベントでモンスターを倒す。

「これがあればバーベキューのとき便利だね」

レンが一緒にモンスターを倒すところを見てもまだ信じないキット。

レンは「治療法はない、治せる人がいたら死んでしまった」と言う。
キットはそれをゼイビアックスと戦わせないための嘘だと言う。


ウイングナイトVSトルク。

レン「地球を売り渡して何を手に入れる気だ」
ドリュー「ゼイビアックスが地球の王様にしてくれるってさ。
地球最後の男になればかわい子ちゃんもより取りみどりってわけ」
レン「廃墟の国でハーレムごっこだと。
それがモテない男の夢って奴か」


ドリュー
「ようやくゴールが見えたな。俺は王国、お前は天国」



エンドオブワールド炸裂!!

工場を丸ごと吹き飛ばす、相変わらず無駄に凄まじい破壊力です。
その分ライダーへの殺傷力は低いですが。
スパロボのマップ兵器が総じて威力が低いようなものでしょうか。

悩んだ末にドリューを信じることにしたキット。



仮面ライダーベルデこと仮面ライダーキャモ

ベルデが本編のストーリーにも絡んでくると何か新鮮ですね。

変身者のグラント・ステイリーは武闘家。

声はザンキや次狼役の松田賢二さんです

日本版と全く違うイメージのキャラだが
黒人で陽気なラッパーっぽいのはカメレオンのイメージと合っている。

グローブの中に金具を隠してドレッドヘアの師匠を倒す。
卑怯な手を使ってでも勝つのが主義。

グラント
「強い奴が一番になる、それだけのことだろ」


「卑怯?その言葉は却下する。戦略的とでもいいたまえ」
「傭兵?却下する。契約軍人だ」


今度はマトック少佐と名乗るゼイビアックス。
二つの世界で最強になりたくはないかと語りかける。
栄光へとチケットと言ってキャモのデッキを渡す。

トルクのカードをドラゴンナイトのバイザーに
入れても武器はトルクの下に来る。
そういやそんなシステムでしたねw

ゼイビアックスはグラントにウイングナイト打倒を依頼する。
一番を気取っているらしいと言われてやる気になるグラント。

共にウイングナイトを狙うドリューとグラントは
手柄を巡って同士討ちを始める。


ゼイビアックス
「何故仲間割れを始める、愚か者めが」


あんたのせいだけどな。

ドリューに何も言わずにキャモを投入するんだもの。

ゼイビアックスの傍に王蛇こと仮面ライダーストライクが。


ドリュー
「馬鹿は考えんな!急げ!!」
「間抜けが!!」


段々地が出てきた。

アビス系モンスターに浚われたところをレンに
助けられたマヤはレンを信じることに。
そこに仮面ライダーガイこと
仮面ライダートラスト登場。


面白かったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/2484-c4319422