FC2ブログ

ギャラクシーエンジェル

第一期の幾らか除いてほとんど観ました。


ミルキィホームズの直系の祖wってことで以前から見て観たかったんですけど、
切っ掛けとなったのは、仮面ライダー555で草加雅人を演じた村上幸平氏が
カイザ・ムラカミなるゲストキャラとして出ていると聞いたからw

全部見てみたら、さすがはミルキィホームズの祖、
あのカブトボーグに唯一匹敵するアニメと言われるだけのことはあると思ったが、
全部が全部狂った話というわけでも無く、
序盤を始め普通のギャグ話も多い。ごくたまにギャグを配したシリアスな話もある。

崖に数珠つなぎにぶら下がる話とバレーボールと戦隊パロディの話が特に面白かった。
ミルキィホームズが頭の悪さを強調したチームとすれば、
ギャラクシーエンジェルは欲深さ
蘭花、フォルテ、ミントの三人が欲に目が眩んで仲間割れに発展する話は鉄板。
バイラムやバルバン並みのひどさ。ミントは平然と仲間の抹殺を計ろうとするもんなw

ノーマッドは毒舌ツッコミ役として良いキャラしていたw

つるっぱげになったり髭生やしたり男になったり、
ここまでやるかというぐらいヒロイン達がギャグに全力投球なのが清々しいですね。
最大の特色として投げっぱなしエンドが非常に多い。
件の強欲トリオ三人が死んで終わる話もあった。

四期で登場する烏丸ちとせはボーゾック並みに短絡思考で、
巨大ゴキブリと融合したり、
ブクブクに太ったブラックホールと化したり、
元のままだとキャラが薄いから徹底的に性格改造を施され、
まさに「壊れなければ生き残れない!」を地で行っていましたw
こういうキャラも好きですけどね。

原作はオーソドックスな美少女ものだったのを
ここまで狂ったギャグ作品に仕立て上げたのはあの井上敏樹氏らしいですね。
定型を壊して結果的にヒットを叩き出したと言う点ではジェットマンとも似ています。
今日のミルキィホームズがあるのも彼の功績だったと言うことでしょうか。
小林靖子氏や大和屋暁氏やら戦隊シリーズに関わった脚本家も何人か参加していました。

戦隊パロディ回で蘭花が「悪いけど私は抜けさせてもらうわ」という辺り即座に結城凱を連想しました。
新戦隊が登場して戦隊が解散させられる話もあるしw


面白かったらクリックお願いします

にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト



コメント


私をアニメの世界に引きずり込んだ元凶です(笑) 
3期から見ましたが、原作破壊も何のそのと言わんばかりの、その混沌ぶりからくる笑いから、ずるずると引きずりこまれました。
特にノーマッドが好きでしたね、虐待されるたびに腹を抱えて笑いました。
原作にも手を出しましたが…エンジェル隊の面々が皆、常識人なのに愕然としましたw

井上敏樹>自分が責任を持つから、SFや原作の縛りに拘らずにやりたいようにやってみろ…先生はそう言われたらしいですね。で、結果は大成功で、注文先からも、だっれも文句は出なかったらしいですww

投げっぱなしエンドが非常に多い>其処がまたいい味出してましたねw、しかもそれは、ノーマッドがメタ発言で『こんなオチごめん』とか、メタ発言するほどにwww

新戦隊が登場して戦隊が解散させられる話>で、直後に特攻して死亡w

バイラムやバルバン並みのひどさ>言いえて妙ですねw 良い例えです。

シリアスな話>作る時はちゃんとシリアスなんですよねぇ、特に3期最終回は、今でも個人的にあの話は好きです。 他にも、2期の中佐とフォルテの過去を描いたエピも好みです。

特に面白かった>3期のミントが木になるエピソード、ミルフィーユとヴァニラが投獄され、脱獄しようとして城や街、監獄を次々と破壊するエピソード。あれは笑わせて貰いましたw

長文失礼いたしました。

Re: タイトルなし

> 私をアニメの世界に引きずり込んだ元凶です(笑) 
> 3期から見ましたが、原作破壊も何のそのと言わんばかりの、その混沌ぶりからくる笑いから、ずるずると引きずりこまれました。
> 特にノーマッドが好きでしたね、虐待されるたびに腹を抱えて笑いました。
> 原作にも手を出しましたが…エンジェル隊の面々が皆、常識人なのに愕然としましたw

アニメ版では常識?何それ喰えるの?てな勢いだったw

原作崩壊と言うレベルではないぐらい完全に別物ですよね。
まぁだからこそ、コメディは好きだけどギャルゲー的はノリは
嫌いな私の嗜好に合う作品が出来上がったわけですが。

何つーか、ミルキィホームズもだけど、
アニメ版の設定どおりのゲームが欲しいところ。


> 井上敏樹>自分が責任を持つから、SFや原作の縛りに拘らずにやりたいようにやってみろ…先生はそう言われたらしいですね。で、結果は大成功で、注文先からも、だっれも文句は出なかったらしいですww

まさに売れたモン勝ち。
商業主義にはあまり良いイメージの無いけれど、
好みの作品が売れてくれると続編が作られたりするから確かに恩恵はあるよ。


> 投げっぱなしエンドが非常に多い>其処がまたいい味出してましたねw、しかもそれは、ノーマッドがメタ発言で『こんなオチごめん』とか、メタ発言するほどにwww

ギャラクシーエンジェル最大の特徴と言っても良いかもw
キャラ設定とも世界観とも何の関係も無い要素だがw

> 新戦隊が登場して戦隊が解散させられる話>で、直後に特攻して死亡w

その前は、三人組の怪人が改心した後、やっぱり特攻して死亡してましたなw


> バイラムやバルバン並みのひどさ>言いえて妙ですねw 良い例えです。

悪の組織に例えられる主人公チームてw
業務に関しては宇宙版のボウケンジャーって感じでしょうか。
最もボウケンジャーは宝を横領したり私的利用したりはしませんでしたがw


> シリアスな話>作る時はちゃんとシリアスなんですよねぇ、特に3期最終回は、今でも個人的にあの話は好きです。 他にも、2期の中佐とフォルテの過去を描いたエピも好みです。
>
> 特に面白かった>3期のミントが木になるエピソード、ミルフィーユとヴァニラが投獄され、脱獄しようとして城や街、監獄を次々と破壊するエピソード。あれは笑わせて貰いましたw
>
> 長文失礼いたしました。

ギャグ回はどんどんエスカレートしていくのが良いですねw
後はメカヴァニラにエンジェル隊の誰も気づかない話とか、
オーディションで狼藉を働いただけでメジャーデビューする話とか
中佐の体内に潜入する話(これもジェットマンであったな……)とか……w

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/2445-e0ddf199